龍の子太郎

松谷みよ子の同名児童文学を原作とした長編アニメーション。長野県に伝わる『小泉小太郎』、『泉小太郎』を中心に日本各地に伝わる民話を組み合わせ、再話している。監督は「キューポラのある街」の浦山桐郎。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
龍の子太郎
ふりがな
たつのこたろう
原作者
制作
東映動画
公開日
監督
浦山桐郎
ジャンル
民話、伝承
 
ファンタジー一般

総合スレッド

龍の子太郎(アニメ映画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

赤鬼(龍の子太郎)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:30
黒鬼(龍の子太郎)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:30

新着関連スレッドもっとみる

概要

怠け者で大飯食らいの太郎は、山中の小さな村でおばあさんと二人で暮らしていた。ある日、自分の母は太郎が産まれた時に龍となって北の国の湖へ飛んでいったことをおばあさんから聞かされる。母を探しに旅に出ることを決意した太郎は、旅の途中、天狗との相撲で得た百人力を使い、鬼をこらしめ困っていた人を助け、人間的に成長していく。

長旅の末にやっと巡りあった母は変わり果てた龍の姿をしていた。

登場人物・キャラクター

主人公
大飯食らいの怠け者だったが、天狗との相撲に勝つことで百人力を得る。しかしその力は他人の幸せのためにしか使うことのできない力だった。おばあさんから聞いた母の消息を求め、旅に出る。
食べ物を皆で分けるという村の掟に背き、龍に変えられた太郎の母。乳飲み子の太郎にしゃぶらせるために目玉を与え、盲目となっている。太郎と共に湖の水を落とし、水田を作ろうとする。
赤鬼からあやを奪う、もう1匹の鬼。ふもとの人々から金銀財宝や米を巻き上げている。
『龍の子太郎』の登場人物の一人。赤鬼にさらわれかける美しい少女。太郎の旅に同行する。
『龍の子太郎』の登場人物の一人。太郎の祖母。母のいない太郎を育て上げる。
あやをさらい、太郎と対決する。太郎に敗れた後は、太郎の怪力で空に投げ飛ばしてもらい、雷様になる。
泉で出会った太郎に、龍の居所を教える。
『龍の子太郎』の登場人物の一人。太郎をこき使う強欲な老婆。

クレジット

原作 松谷みよ子    
監督 浦山桐郎    
脚本 浦山桐郎     三井隆史    
作画監督 小田部羊一     奥山玲子    
音楽 真鍋理一郎    
アニメーション制作 東映動画