あずさ

あずさ

空のキャンバス(漫画)の登場人物。

登場作品
空のキャンバス(漫画)
正式名称
あずさ
関連商品
Amazon 楽天

概要

立国病院に入院している少女。北野太一と同じ病気を患っていることもあり、彼とは親しい間柄。太一の場合は木の切り株に刺さったものだが、あずさの場合は交通事故によるものである。入院期間はあずさの方が長いが、緊急手術+入院という太一の方が当時は容態が悪かった。それでも体操ができるまで回復した太一に想いを寄せ、ライバルの「あいつ」探しも応援していた。

毎日、折り紙で鶴を折っているが、それは「安らかに天国に行けるように」というものであり、自分が長く生きられないことは覚悟していた。太一が共演会に出たときに病気は末期となり、最後の願いとして病院を抜け出して会場へ向かう。紆余曲折の末、会場に着いたあずさ太一をはげまし、赤城榛名には「太一のライバルとして、世界チャンピオンになって」と告げて息を引き取った。

関連人物・キャラクター

北野 太一

明るくて天真爛漫だが、負けず嫌いの努力家。そしてちょっぴりスケベ。子供のころ、「あいつ」と呼んでいた少年との「男と男の約束」を守るために、清流体操クラブに入り、赤城榛名の家に下宿する。橋から落ちた「あ... 関連ページ:北野 太一

登場作品

空のキャンバス

主人公北野太一は子供のころに負った大ケガがもとで、命に関わる病を抱えている。時折発症する麻痺に悩まされながら、名も知らぬ少年と交わした「男と男の約束」を守るため、体操競技に情熱を注ぐ。 関連ページ:空のキャンバス

SHARE
EC
Amazon
logo