エバタのロック

エバタのロック

ミュージシャンを志すが律儀な性格で吹っ切れずにいたマサトと、大御所ロックスターエバタが起こす、破天荒で突っ込みどころ満載な伝説をコミカルに描く。

概要

ロックバンドキュリアス・シーザーのベーシストマサトは律儀でマメな性格の青年だったが、他のメンバーの「もっと突き抜けたい」という思いからバンドをクビになる。失意のマサトは、ファンのぽて子に連れられて行ったコンサートで、ロックスターエバタのステージアクトに衝撃を受ける。実はぽて子エバタの事務所でマネージャーをしていることを知り、エバタのバックバンドにスカウトされようとしているのではと胸を高鳴らせるマサト

しかし、ぽて子の目的はマサトエバタのマネージャーにすることだった。

登場人物・キャラクター

主人公

『エバタのロック』の主人公であり狂言回し的な存在。ロックスターエバタのマネージャー。律儀でマメな性格の青年。常に一歩退いて周りの人々をたしなめるポジション。元はロックバンドキュリアス・シーザーのベーシ... 関連ページ:マサト

主人公

80年代から活躍する大御所ロックスター。サングラスと立てたエリ元がトレードマーク。凡人の想像をはるかに越える言動とパフォーマンスで、老いてなお絶大な人気を誇る。迷ったら「迷いながら疾走(はし)る」が信... 関連ページ:エバタ

キュリアス・シーザー時代のマサトの唯一の女性ファン。エバタの所属する芸能事務所オフィスヴォリューム11でマネージメントに携わっている。マサトの性格を見込んでエバタのマネージャーにスカウトする。ブスだが... 関連ページ:ぽて子

エバタのスタイリストを勤めている女性。しかし、センスがない。舞台衣装も担当しているが、ほとんどコント衣装としか思えないような着ぐるみを用意したりするため、他のスタッフとよく衝突している。エバタの上着の... 関連ページ:えま

エバタの所属する芸能事務所オフィスヴォリューム11を取り仕切る社長。関西弁を話す女性。元々は80年代に、エバタに引きぬかれて社長にすえられたらしい。エバタとは犬猿の仲。 関連ページ:社長

エバタのバックバンドのサポートギタリスト。常に酔っ払っている中年男性。エバタとは80年代からの古い付き合いで、マサトが入社する前にドラッグで捕まって服役していた。左目にアイパッチをつけているが、中は小... 関連ページ:大城

芸能事務所宮野プロに所属する若手の男性歌手。エバタに感化されてTOC歌謡祭で暴れ回り、事務所を謹慎処分になる。その後オフィスヴォリューム11に移籍し、エバタの付き人になる。マサトのポジションをおびやか... 関連ページ:光橋 つむぐ

エバタの娘。家庭を省みることの少なかったエバタに対して複雑な感情を抱いている。宮野プロ常務の暮井と結託して、オフィスヴォリューム11を解散に追い込むが、その際マサトと恋愛関係になる。 関連ページ:江畑 トモミ

宮野プロの常務。25年前は「ダイス暮井」という名義でミュージシャン活動を行っていたが、当時のエバタのステージを観て、裏方に徹することを決意したという過去を持つ。オフィスヴォリューム11解散後にエバタを... 関連ページ:暮井

テレビ局のプロデューサー。エバタのライブを撮影したり、エバタをものまね番組に起用したりするが、そのたびにトラブルに巻き込まれている。番組の撮影中にトラブルやハプニングが起こると興奮を覚える危険な性格。 関連ページ:垣内

TOC歌謡祭に招待されていた往年のロックスター。若き日のエバタが前座を務めたこともあるミュージシャンだが、現在は音楽活動よりも講演をメインに活動している。最近の趣味は陶芸や湯治など。長髪だが実はカツラ... 関連ページ:TATSUO

マサトの母親。マサトの様子を見に、突然オフィスヴォリューム11を訪れる。酒が入ると楽しくなるタイプで、オフィスヴォリューム11社員たちと意気投合し、カラオケでエバタとデュエットする。普段マサトからは「... 関連ページ:マサトの母

海外の女性歌手。80年代に一世を風靡したアーティストだが、数々の公演をキャンセルするといったトラブルメーカーで人気が凋落。現在は音楽活動よりもB級映画への出演をメインにしている。かつての来日公演でエバ... 関連ページ:ジュエル

1989年のカザフ・ソビエト社会主義共和国で音楽プロモーターを行っていた。エバタをカザフに招待し、イベントをとり行うが、裏でテロリストと共謀しており、身代金目的でエバタを誘拐する。 関連ページ:アリエフ

カザフ・ソビエト社会主義共和国のテロリスト集団に所属する少年。誘拐されたエバタの見張り役をさせられている。趣味はギターで、ミュージシャンのエバタに興味を示す。 関連ページ:コルビン

SHARE
EC
Amazon
logo