セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん

わかめ高校に通う主人公花中島マサルが、あらゆる格闘技を会得した末に出会った幻の格闘技セクシーコマンドーを会得し、仲間を集めて部を設立する青春シュールギャグ漫画。うすた京介の初連載作かつ代表作。なお「外伝」と冠されているが、本伝は存在しない。

正式名称
セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
レーベル
ジャンプ・コミックス(集英社) / 集英社文庫―コミック版(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

常軌を逸した言動で周囲を振り回す変態男子高校生花中島マサルは、あらゆる格闘技大会で優勝するほどの実力を持っていた。あるとき幻の格闘技セクシーコマンドーと出会い、3カ月の修行の末にそのほとんどを習得、籍を置く県立わかめ高校へと戻ってくる。それは藤山起目粒(フーミン)が転入してきた日で、彼と出会ったマサルは元空手部の近藤真茶彦や不良にパシリにされていた磯辺強校長さかきばらのぶゆき扮する田中スーザンふ美子を引き連れ部を設立。

さらに新しい部員やマネージャー、教師を迎え、校内にとどまらず外出先でもところかまわず迷惑を振りまく、シュールで支離滅裂かつ理解不能な高校生活を送る。

登場人物・キャラクター

花中島 マサル (はななかじま まさる)

県立わかめ高校の男子生徒。初登場時は2年7組に所属、2留する。学生服の指定がある学校にもかかわらず、上着は常に男物の肌着を着ている。クセのあるショートカットが本来の髪型だが、チャームポイントを両肩に装着することによって前髪の片側がなぜか伸びる。伸びる方向は顔の向きに準拠。 髪型の名前は「ステキカット」。常人には思考がまったく理解できない、およそ努力というものの方向性を間違えている、物事の判断基準が不明、ある種センスの塊のような男。たびたび歌詞を作詞したり、変なものを作ったり、とにかく行動が読めない。さらに無免許かつヘルメットなしで原動機付き自転車に乗り、人を轢くことも躊躇しないが、逮捕されていないのかは不明。 しかし話すことは不思議な説得力があり、聴く者を感動すらさせる。内容はあるのかないのか不明。異常に強く、倒した相手の顔に油性ペンで落書きを施すのはポリシーらしい。基本的には「額に肉」「ヒゲ」がよく描かれる。好きなものはヒゲ。

藤山 起目粒 (ふじやま おこめつぶ)

県立わかめ高校の男子生徒。初登場時は2年7組に所属、2留する。童顔でばさばさの髪型、気弱。県立わかめ高校2年7組に転入してくる。急な転入だったためにクラスに席が用意されておらず、修行で3カ月間山籠もりしていたマサルの席に座るよう指示されるも、運悪くマサルが帰ってくる。 教科書のヒゲの落書きを見られてしまい、以降付きまとわれるようになる。当初は常識人であったが、マサルたちと過ごす内に毒されていき、ついにツッコミの名手に成長する。運動はあまり得意ではなく、セクシーコマンドーの技術も未熟。全国セクシーコマンドーフェスティバルではビギナーズラックで1勝を上げるも、無類の猫好きであることを技名から察せられて弱点を突かれ、敗北する。

近藤 真茶彦 (こんどう まちゃひこ)

県立わかめ高校の男子生徒。初登場時は3年生で、2留する。金髪のセンター分け。元空手部。マサルに次ぐ変態。マサルに空手部を道場破りされて部員が全員退部し、再び部員を集めようとしていたところを彼に乗っ取られ、セクシーコマンドー部に改部されてしまう。 マサルに迫るほど論理が破綻しており、「卑怯」「男らしくない」に類する趣旨の罵倒を受けると意気消沈してしまう。空手はマサルといい勝負ができるほど強いが、それ以外は普通。野球でピッチャーを務めたときも、「それなり」を強調される注釈が付く。セクシーコマンドー部唯一の3年生だったために、校長のさかきばらのぶゆきの策略で留年させられてしまう。 黙っていればイケメンだが、マサルに毒されたせいで女の子から敬遠され、内容が理解不能なラブレターを渡してフラれてしまうことも。

磯辺 強 (いそべ つよし)

県立わかめ高校の男子生徒。初登場時は2年生で、2留する。茶髪で唇が強調されているのが特徴。華奢すぎて肩をポンと叩かれただけで脱臼する。ついたあだ名がキャシャリン。柄の悪い友人と一緒にいたところをマサルたちに勧誘され、セクシーコマンドー部に入部する。 小学校の頃から野球をやっていて、出身校のダビデ二中では一年生でエースを務めるほどの実力があるが、まるで筋肉がつかない華奢な体質のため、一瞬全力を出しただけで終わってしまう。身体を鍛えるためにビタミン剤やプロテインなどを調合したつよしスペシャルなる栄養剤を常用し、「オクレ兄さん!」と叫んでトリップしてしまう。さらに漢方マサルダイナミックした際にはトリップの方向性が変化し、マッスルの神が降臨してムキムキになる(しかし役に立たない)。 作品終盤には宇宙人に肉体改造を施され、頭に二本角が生える。

佐藤 吾次郎 (さとう ごじろう)

県立わかめ高校の男子生徒。マサルたちが2年生で1留したあとに入学した1年生。1留する。登場当初はただの七三分けのガリ勉キャラで、彼女ができず個性を獲得しようと必死になっていた。そこでマサルと出会ったのが運の尽きで、彼に個性が欲しいと懇願した結果、アフロ頭にされてしまう。 もちろんその後もモテず、マサルに抗議しに行ったところでセクシーコマンドーの魅力に目覚め、なし崩し的に入部。三日後には大会へ同行し、綾茂高校の刺客に頭頂を残した両サイドをむしり取られ、より個性的なアフロ頭になる。また、地獄温泉に宿泊にいった際もベタの床のベットリ地獄に脱落し、髪の毛を喪失したらしく、いずれもナイトキャップを被って隠そうとしている。 実家は金持ちらしい。

北原 ともえ (きたはら ともえ)

県立わかめ高校の女子生徒。のちに進級し、3年生になる。黒髪のロングストレート。可愛らしく人懐こい性格で、男だけでなく同性からも好かれるタイプ。好きなものはヒゲ。演劇部に所属していて、ヒゲに対する並々ならぬこだわりを仲間にからかわれ、普通の女子高生になろうとしていたところ、マサルの熱烈な勧誘を受けてセクシーコマンドー部のマネージャーとして入部。 当初はヒゲ部と勘違いしていた。メソの面倒を一番よく見ており、部内だけでなく学校や自宅に連れ帰ったりもしているらしい。天然な性格のためにセクシーコマンドー部の変態たちを前にしても動じず、むしろ彼女なりに変な方向に解釈したり積極的に参加しようとする。 いわく「居心地がいい」ため、もしかすると彼女も変態なのかもしれない。気分が高揚したり、まれになんでもないときにでも熊本弁を話す。

メソ… (めそ)

セクシーコマンドー部がハイキングでマサルの修行地へと赴いた際、作ったカレーの鍋を持ったマサルごと引き寄せて中身を食べきった、謎の生物。遭遇場所と脱いだらしきスーツから、恐らく地球外生命体だと思われる。丸い頭の三頭身、黄色がかった白い毛むくじゃらの外見。 青い眉がチャームポイント。そして背中のファスナーを隠すように赤いマントを着用している。鳴き声は「モキュ」「モグ」「キュ」「キョ」「ホグ」など。動きはあざとく、もたもたしているが、興奮すると俊敏かつ獰猛になり、異常な速度と力を発揮する。野球部との対決では驚異のバッティングを見せ、セクシーコマンドー部の勝利に貢献。 大変な大食漢で、ホールケーキ丸ごと3つを平らげる。中にいると思われる生物は、作中で判明している特徴だけで「舌が割れている」「ファスナーから得体の知れない部位がはみ出ている、その上中からファスナーを器用に閉める」「目がある」「普通に喋る(チェストー!、はよせな……など)」「壁に張り付く」「2体いる」「グロテスク」などがある。 最終話ではジゴック先生操るメソの変種が登場する。

さかきばらのぶゆき

県立わかめ高校の校長。禿頭で髭等もない、高齢の男性。セクシーメイト。「田中スーザンふ美子」と名乗って赤い目出し帽で変装し、設立最低人数の5人の1人としてセクシーコマンドー部設立に助力、部費に50万の予算を付けるなど、私的な運営が際立つ。特に酷いのが、マチャ彦が卒業してしまうとまた部員を探さなければならないため、留年を謀って花見の席で未成年に飲酒させる一件である。 都合が悪くなるとごまかす癖がある。セクシーメイトとしての実力は非常に高く、全国セクシーコマンドーフェスティバル第13回から第18回まで6連続優勝を果たす。昭和30年の第15回大会と翌年の第16回大会で顔写真に急激な加齢が見られ、このときにおそらく総理となった「鬼風陣 豪」を矯正するため、校舎を動かすという離れ業を成したと思われる。 また、昭和30年(1955年)で「30歳ちょっと」と話し、作中の年数が1996年であるので、少なくとも71歳を超えている。衝撃を受けたり全力を出すとたびたび魂が抜けてしまい、危うくあの世へ逝きかける。

松田 達郎 (まつだ たつろう)

県立わかめ高校の教師。担当教科は国語。登場時はマサル、フーミンの担任だった。色の濃いティアドロップ型サングラスをかけ、分厚い唇が特徴。特技は自己保身。恥を恐れぬ行動力を持ち、言いたいことをはっきりと言わず遠回しにまとわりついたりする姿勢がかなりウザい。 アマチュア無線部の顧問をやっていたが廃部となってしまい、今度はセクシーコマンドー部の顧問となるが、いずれも知識が無いのでまったく生徒の役に立っていない。権力に弱く、校長には絶対に逆らえない。保健医のマリコ先生に片想いしているが、彼女が校長にバレンタインのチョコを渡したことを知って潔く諦めている。 マサルが素で対応する数少ない人物。

マリコ先生

県立わかめ高校の保健医。新体操部顧問。22歳というのはあくまで噂らしい。妖艶な雰囲気が漂う美女で、マサルを除く男子生徒は少なからず憧れを持つ。一挙手一投足が本人の思わぬセクシーさにつながっており、それが理由でセクシーコマンドー部の顧問にはなれないとされている。 本人はいたって真面目な人物で、キャシャリンの様子を見て過剰な薬物摂取が原因だと見抜き、やめるよう勧告したり、生徒の主張にも耳を傾け、トレパンのアプローチにも一応は反応を返してやっている。

服部 (はっとり)

県立わかめ高校の男子生徒。長身黒髪短髪。上半身は学生服ではなくトレーナーなど私服を着用。マサルたちの先輩で、マチャ彦と同学年だったが実は元々留年している。元空手部。入部したてのマサルに倒されて「うまい棒」というあだ名を付けられ、自信喪失して以来不良生徒となる。 さらにセクシーコマンドーを会得して戻ってきたマサルに復讐しようと山下とともに襲い掛かり、またもや倒されてしまう。さらに油性ペンでヒゲを描かる。一度は目を閉じてセクシーコマンドーを破るが、逆に隙だらけになって返り討ちにされる。さらに復讐のためにメソを誘拐しておびき出すための人質にしようとするも、その愛くるしさにエサをやるだけやってセクシーコマンドー部に帰してしまう。

山下 (やました)

県立わかめ高校の男子生徒。センター分けの黒髪セミロング。マサルたちの先輩で、マチャ彦と同学年だったが実は元々留年している。元空手部。入部したてのマサルに倒されて「ティッシュ」というあだ名を付けられ、自信喪失して以来不良生徒となる。さらにセクシーコマンドーを会得して戻ってきたマサルに復讐しようと服部とともに襲い掛かり、またもや倒されてしまう。 セクシーコマンドーの弱点を見つけたという彼についていって一緒にやられたり、メソを誘拐しようとしてやはりその愛くるしさに心を奪われたりと、服部と波長が同じ。マサルの父サトルが学校にやってきた際、馬鹿にしたために殴り飛ばされる。

石黒 (いしぐろ)

県立わかめ高校の男子生徒。初登場時はマサルと同学年で、2年8組。オールバックの団子鼻。典型的なヤンキー。マサルに絡んで熨斗袋を渡され、金銭を渡されたと思ったら猫の写真だったため、おちょくられたものと勘違いして逆上。集団で殴り掛かり、セクシーコマンドー秘奥義変わり身の術で着ぐるみを来たマサルをタコ殴りにするも、直後に返り討ちにされて額に「肉」と書かれ赤白帽を被せられる。 その後は服部山下らと復讐しようと画策して行動するものの、ことごとく失敗している。

花中島 サトル (はななかじま さとる)

本作主人公花中島マサルの父。妻はマサルの母。額横一直線と耳を覆うヘルメットをかぶり、マサルに匹敵するほどの意味不明さを持ち、身体能力も極めて高い。神出鬼没で、どこから現れるのか見当がつかない。モエモエの帰り道をマサルにエスコートさせるべく、自身がそれまで見守っていたが、変質者のような変装をしていたので本末転倒になってしまっていた。 妻には頭が上がらないが、息子を男らしく育てようとするあまりサバンナで猛烈な夫婦喧嘩をしてしまい、ライオンの接近に気づかずうっかりマサルを死なせるところであった。

マサルの母

主人公花中島マサルの母。夫は花中島サトル。素顔が見えず、常にエプロン姿。それなりに常識人な部分もあるが、サトルの言うことに主張を曲げることも多い。マサルを大きくなっても夢を失わない人間に育てようと、蝶よ花よと育てるうちに乙女チックな少年になってしまい、教育方針でサトルと何度もケンカする。 あまりに激怒した際は第三の目が開眼し、迫力を増す。

マッスルの神様

キャシャリンに力を与える神で、野球回のキャシャリンの投球練習で「キン肉ボール」を投げた際に降臨。また、全国セクシーコマンドーフェスティバルにおいて、「漢方マサルダイナミック」を飲んだキャシャリンに憑依してムキムキの肉体を与えた。しかし相手の技に驚き即退散、何の役にも立っていない。

オンディー

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』に登場する謎の人物。1912生まれ、1989没らしい。生死年以外の詳細は不明だが、全国セクシーコマンドーフェスティバルでマサルの脳内に登場以降たびたび描かれ、作者の代理キャラのような立ち位置になる。

集団・組織

県立わかめ高校 (けんりつわかめこうこう)

校舎外観の時計にわかめがかかり、時限を告げるアナウンスは校長による「わかめ~」から始まる。校長の畑「わかめ王国」があり、この畑の作物は内容がたびたび変化する。わかめ(こんぶ)、味噌(ぬか)、チョコフレーク(カカオ)、花カツオ(カツオ節)など。校則が緩く、私服を着ていても処罰の対象にはならないらしいが、校長の裁量一つで留年になる。

イベント・出来事

全国セクシーコマンドーフェスティバル (ぜんこくせくしーこまんどーふぇすてぃばる)

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』に登場する架空の格闘技セクシーコマンドーの全国大会。年に一度開催される。年齢別や個人・団体別などに分けて優勝を争う。優勝賞品は温泉旅行。会場には花中島家と同じく白い布がかかっており、歴代優勝者は廊下に肖像画が掲載される。高校の団体戦では全国から8校が参加。予選があるかは不明。

その他キーワード

ボナンザ

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』に登場する猿の玩具。登場ページ数わずか3ページにもかかわらず、人気投票で10位にランクインする。セクシーコマンドー部と野球部の部費をかけた試合において、マサルが連れてきた助っ人。エースの川島の投球を受けて、一撃で破損してしまう。

ヨロシク仮面 (よろしくかめん)

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』の作品内特撮作品。口元だけが見えるヘルメットを被り、ブリーフ、半袖のショートジャケット、スカーフ、マント、長靴、手袋という出で立ち。友達には「気さくないい奴」と言われるらしい。あだ名は「ヨッくん」。必殺技は「ブリーフの舞」で、「ヨッくんスーパーブリーフチャージ」を経て発動し、空気中のブリフィッシュエネルギーを吸収、よりエレガントな男に変身する。 マサルたちが2留する前に、新番組「ヨロシク仮面 DATSU☆NO」が放送開始する。決めゼリフは「おやごさんにヨロシク」。

セクシーコマンドー

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』に登場する架空の格闘技。一般的な格闘技のフェイントなどの技術を技として究め、「相手の隙を無理やり作る」ことを極意とする。セクシーコマンドーを体得したものをセクシーメイトと呼び、彼らは攻撃技に必殺技名(マサルの場合は「必殺!○○」など)を名付けて叫んでいるが、パンチはただのパンチである。 返事は英語が基本「ラジャー」「ウォンチュウ」「クリナップクリンミセス」と定められているらしい。階級試験も存在し、クラス分けがなされていることも示唆されている。セクシーコマンドー協会なる組織も存在し、通称「セ協」と呼ばれ、セ協に所属している者にはセクシーナンバーという会員ナンバーが与えられているらしい。 作品時代の1996年時点でのセクシーコマンドー協会会長はエキス=パンダーX(仮名)、鳥の頭のような被り物を被っている。

エリーゼのゆううつ

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』に登場する架空の格闘技セクシーコマンドーの技。両腕を段階的に下ろしていき、ズボンのファスナーを開くまでが一連の動作の前フリ技。セクシーメイト相手には通じないらしい。

変わり身の術 (かわりみのじゅつ)

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』に登場する架空の格闘技セクシーコマンドーの技。忍術の通念である「変わり身の術」に相当するが、変わり身とするものが「キン消し」であったり、ただ単に着ぐるみを着るだけであったりと、概念が破綻している。

放課後キャンパス (ほうかごきゃんぱす)

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』に登場する架空の格闘技セクシーコマンドーの技。自然体から両腕を徐々に上げていき、頭の後ろへと回す前フリ技。

チャームポイント

マサルがセクシーコマンドーの修行のために山籠もりした際拾い、肩に装着しているアイテム。腕や肩に装着すると一部の髪の毛が伸び、電子機器に近づけると表示を狂わせ、サングラスの色を変色させる。常人には軽々と扱える代物ではなく、非常に重い。雨に濡れると大量の蒸気を発し、乾いてくると収まる。

ロボピッチャ

「セガ」から発売されているロボピッチャと同じ。何に使うかは不明だが、ユニフォームを買い求めた際にマサルが校長にねだる。毛生え薬研究会がマサルのチャームポイントを奪いにやってきたとき、キースがロボピッチャを通信機に改造したものを持ってきて、「ボスたすけて」と救難信号を打ち上げるが、4文字しか発射できない仕様のため「ボスケテ」という文字列になってしまった。 このニセロボピッチャをマサルが改造し、野球部との試合に備えバッティング練習をしようと持ち出すが、ボールを発射する前にジェット噴射で大空へと飛び立ち、二度と帰って来ることはなかった。

つよしスペシャル

ビタミン剤やプロテインなどを調合した栄養剤とキャシャリンは言っていたが、幻覚作用を見る限りそれだけではないように見える。トリップすると「オクレ兄さん!」と叫ぶ。その後、改良した「ネオ・つよしスペシャル」が登場するが、トリップ状態はあまり変わっておらず、叫びが「新・オクレ兄さん!」に変化するだけである。

漢方マサルダイナミック (かんぽうまさるだいなみっく)

マサルがキャシャリンのために調合した漢方薬で、それっぽいのがいろいろ入っているらしい。一時的に気分が高揚し、覚醒した状態になっている。が、しばらく経つとやはり幻覚症状が現れ、叫び声は上げないものの「マイネームイズオクレ!」と外国人風になる。 その後限界状態までトリップし、「マッスルオクレ……オクレマッスル……」と呟き出したかと思うと、マ神が降臨する。

セクシーヒストリー

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』に登場する歴史書。セクシーコマンドーの成り立ちが書かれている、セクシーメイトのバイブルとも呼ばれる書物。通称「うっふん白書」。成立は室町時代、四代将軍足利義持の死後。極貧の中で農民の間に興ったと作中の通俗であったが、本来はセクシー斎なる人物が編み出したことを伝えている。

アニメ

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん

わかめ高校に転入してきた少年・藤山起目粒は、学校随一の変人花中島マサルによって得体の知れない格闘技セクシーコマンドーを掲げる部活へ強引に入部させられる。続けて次々とやってくる奇人変人な新入部員たち。 ... 関連ページ:セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん

書誌情報

すごいよ!!マサルさん :セクシーコマンドー外伝 全7巻 集英社〈ジャンプ・コミックス〉 完結

第1巻 マサルとトレンディー・ボーイズ

(1996年6月発行、 978-4088722719)

第2巻 マサルと肉いアンチクショウ

(1996年9月発行、 978-4088722726)

第3巻 マサルとドッキリハウスメン

(1996年12月発行、 978-4088722733)

第4巻 我が道を行く人々

(1997年3月発行、 978-4088722740)

第5巻 マサルーナイトフィーバー

(1997年6月発行、 978-4088722757)

第6巻 地獄温泉人質日記

(1997年9月発行、 978-4088722764)

第7巻 あの時君は赤かった

(1997年12月発行、 978-4088722771)

すごいよ!!マサルさん :セクシーコマンドー外伝 全5巻 集英社〈ジャンプ・コミックス〉 完結

第1巻

(2008年1月発行、 978-4088742304)

第2巻

(2008年2月発行、 978-4088742311)

第3巻

(2008年3月発行、 978-4088742328)

第4巻

(2008年4月発行、 978-4088742335)

第5巻

(2008年5月発行、 978-4088742342)

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん 全5巻 〈集英社文庫―コミック版〉 完結

第1巻

(2015年4月17日発行、 978-4086195492)

第2巻

(2015年4月17日発行、 978-4086195508)

第3巻

(2015年5月15日発行、 978-4086195515)

第4巻

(2015年6月18日発行、 978-4086195522)

第5巻

(2015年7月17日発行、 978-4086195539)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo