カイチュー!

弓道で全国制覇を目指す男子高校生が、女装趣味を持つ凄腕の先輩部員と出会い、友情とも恋愛感情ともつかぬ奇妙な関係を育みながら、互いに高め合っていく青春弓道コメディ。「週刊ヤングジャンプ」2009年51号から2010年20号まで連載された後、WEBコミックサイト「WEB YOUNG JUMP」2010年4月22日更新分から2012年8月2日更新分にかけて連載された作品。

正式名称
カイチュー!
作者
ジャンル
格闘技・武道
レーベル
ヤングジャンプコミックス(集英社)
巻数
全12巻
関連商品
Amazon 楽天

世界観

弓道が題材。高校の弓道部を舞台に、主人公である立川達矢の入部から全国大会出場までの軌跡を描く。女装趣味の部員が、女子の格好で男子として大会に出ているなど、コメディタッチな部分もありつつ、弓道用語の解説を丁寧に行っているため、弓道のルールを知らなくても、一から学んで楽しむことのできる構成となっている。

あらすじ

弓道一筋の立川達矢は、憧れの弓道選手である不動権三郎との部活動を夢見て、強豪校からの誘いを断り、小田川高校に入学した。しかし、弓道部には権三郎らしき人物は見当たらず、達矢は消沈する。そんな彼に、かわいらしい先輩女子部員が告げたのは、「自分こそが権三郎である」という衝撃的な事実だった。しばらく見ない間に、権三郎は「女装男子」となっていたのだった。そんな彼と達矢の、全国制覇を目指す部活動ライフが始まる。

モデルになった街

本作『カイチュー!』の、舞台は神奈川県小田原市がモデルになっている。作中には実在の地名こそ出てこないものの、例えば立川達矢たちの住む西湘市小田川には、小田原城によく似た「小田川城」があるなど、その描写は現実に沿ったものとなっている。

単行本の装丁

コミックス全巻にわたり、本体表紙にはおまけイラスト、裏表紙にはおまけ4コマが掲載されている。また、コミックス第2巻から第5巻にかけては、扉イラストにも仕掛けがあり、その巻のカバー表紙に描かれたキャラクターのものまねをした不動権三郎のイラストが掲載されている。

メディアミックス

2002年、コミックス第2巻の発売を記念してWEBアニメが制作された。内容は『カイチュー!』の連載が始まる前に執筆された、読み切り版をベースに作られているため、一部展開が異なっている。立川達矢を國分和人、不動権三郎を中村繪里子が演じた。

登場人物・キャラクター

立川 達矢

神奈川県にある小田川高校弓道部に所属する男子。クラスは1年D組。前髪を目の上で切ったショートヘアをしている。真面目で一本気な性格。小学生の頃、友人の二川美香が弓道をやっていたのがきっかけで、自身も弓道を始める。以来、弓道一筋の学生生活を送っている。選手としても非常に優秀で、全国大会優勝と目標は高い。そのため、中学生の頃に大会で一度だけ出会った憧れの選手・不動権三郎とともに弓道をしたいと念願。 強豪の校山王高校からの誘いを蹴って、小田川高校に進学する。しかし、肝心の権三郎が、しばらく見かけないうちに、女装男子になっていたことに驚き、同性であることを一切気にしない権三郎の激しいアプローチに、振り回されることになる。権三郎や松平龍ノ介など、なぜか同性に非常に人気がある。

不動 権三郎

神奈川県にある小田川高校弓道部に所属する2年生の男子。前髪を目の上で切り、腰まで伸ばしたストレートロングヘアを、ポニーテールにしてまとめている。非常にかわいらしい容姿に加え、女子の制服を着ているので女性にしか見えない。実際は男性で、いわゆる「男の娘」。明るく積極的な性格で、普段はふざけていることが多い。「神の子」と呼ばれるほどの、素晴らしい弓道の腕前を持つ。 しかし、高すぎる実力のため、実の父親にまで妬まれ、実家の道場である「不動流」を破門された。そのため実家を出て、現在は母方の祖父の家である佐々木家で暮らしている。立川達矢と出会った当初、正体を隠して「佐々木」と名乗っていた。それは母親の旧姓が佐々木であることに由来している。 もともと女装が好きで、趣味としていたが、校則が厳しかった中学時代のみ、男性の格好をしていた。そのため、達矢は権三郎に女装趣味があることを知らなかった。出会った当初から達矢を気に入っており、同性であることは一切気にせず、積極的にアプローチしている。その容姿から校内にはファンクラブまで存在し、「男性であっても構わない。 むしろ男性だからこそ良い」という男子生徒たちに、非常に人気がある。

二川 美香

神奈川県にある山王高校弓道部に所属する1年生の女子。立川達矢の友人。前髪を目の上で切りそろえ、腰まで伸ばしたストレートロングヘアをしている。かわいらしい容姿に加え、真面目で心優しい性格の持ち主で、男子部員の憧れの的。しかし、ややドジな一面もある。かつては達矢の家の近所に住んでおり、一緒に弓道をやっていた親しい仲だった。 小学6年生になって二川美香が引っ越してからは、交流がなくなっていた。だが高校生になってから街で偶然再会し、再び交友を持つようになる。達矢とはお互いに異性として意識しているので、不動権三郎が現れると三角関係となってしまう。

松平 龍ノ介

神奈川県にある山王高校弓道部で主将を務める3年生の男子。前髪を上げて額を全開にしたスポーツ刈りに、もみあげを長く伸ばした髪型をしている。いつも楊枝を口にくわえている。長身で大柄、という一見恐ろしげな風貌だが、非常に真面目でピュアな性格。また、「神奈川の大砲」と呼ばれ、神奈川県内の選手としてもトップクラスの実力を持つ。 中学生の頃から立川達矢を気に入っており、山王高校へ誘ったが断わられた。達矢が自分の高校を蹴って入学した、小田川高校はどのようなものか、と偵察にやって来る。選手としてだけでなく、男性としても達矢を気に入っており、同性だが積極的にアプローチをしている。

杉村 健太

神奈川県にある小田川高校弓道部に所属する1年生の男子。立川達矢の友人。天然のくせ毛で、もこもこのアフロヘアのようになっているため、周囲からは「モコモコ」というあだ名で呼ばれている。明るくノリのいい性格。弓道に強い熱意を持っているが、実力はいまいち。なぜか自分用の的ではなく、隣の的に当てるのが得意。しかし精神面は強く、「自分には実力がある」という、根拠のない自信がうまく作用すると、周囲も驚くほどの成績を残す。

小森 啓介

神奈川県にある小田川高校弓道部の副主将を務める3年生の男子。前髪を目の上で切ったストレートショートヘアで、眼鏡をかけている。阿部進一と山下拓実とは3人で仲が良く、3人セットで「3バカ」と呼ばれている。現在の主将である日野むつみに惹かれて入部して以来、むつみに想いを寄せている。弓道選手としての実力は今一つ。 立川達矢と不動権三郎の高い実力に触発され、真剣に練習するようになっていく。

阿部 進一

神奈川県にある小田川高校弓道部に所属する3年生の男子。髪型は前髪を上げて額を全開にした短髪。小森啓介と山下拓実とは3人で仲が良く、3人セットで「3バカ」と呼ばれている。女子部員の近藤遼子に憧れており、遼子の抱き枕カバーまで作ってしまうほどのファン。弓道選手としての実力は今一つ。立川達矢と不動権三郎の高い実力に触発され、真剣に練習するようになっていく。

山下 拓実

神奈川県にある小田川高校弓道部に所属する2年生の男子。前髪を目の上で切って真ん中で分けたストレートショートヘアをしている。学年は違うが、小森啓介と阿部進一とは3人で仲が良く、3人セットで「3バカ」と呼ばれている。胸の大きい女性が大好きで、女子部員の菊嶋円に憧れているが、いつも胸ばかり見ていることがばれており、あまり相手にされていない。 弓道選手としての実力は今一つ。、立川達矢と不動権三郎の高い実力に触発され、真剣に練習するようになっていく。

日野 むつみ

神奈川県にある小田川高校弓道部の主将を務める3年生の女子。前髪を目の上で切り、腰まで伸ばしたロングヘアを、1本の三つ編みにしてまとめている。おっとりとしたマイペースな性格で、弓道選手として安定した実力を持つ。一方で策士な一面もある。主に男子部員を奮起させるため、女子部員に無断で、「勝てば意中の部員と交際できる」などの約束を取り付けたりと、勝利のためには手段を選ばないところがある。

菊嶋 円

神奈川県にある小田川高校弓道部に所属する3年生の女子。前髪を真ん中で分けて額を全開にし、肩につくほどまで伸ばしたセミロングヘアを、外にはねさせた髪型をしている。派手な雰囲気に加えて胸も大きく、セクシーで気の強い人物。ややむらはあるものの、勢いのある弓道をする選手。勉強は得意ではないが、テストの出題傾向を読むのは得意で、成績はまずまず。 放課後には部活動の他に、コンビニでアルバイトもしている。

中野 珠希

神奈川県にある小田川高校弓道部に所属する2年生の女子。不動権三郎とはクラスが同じ。前髪を目の上で切り、腰まで伸ばしたロングヘアを、頭頂部付近で大きな1つのお団子にしている。胸が小さいことがコンプレックス。明るく常識的な性格で、ついかまいたくなる小動物的な雰囲気がある。弓道の実力は今一つ。

近藤 遼子

神奈川県にある小田川高校弓道部に所属する2年生の女子。前髪を目の上で切り、肩につかない長さの、後ろ下がりのボブヘアをしている。落ち着いた雰囲気のクールビューティーとして知られており、弓道においても優美。しかし不動まことにだけは非常に弱く、まことの前ではメロメロになってしまう。

真壁 香

神奈川県にある小田川高校弓道部に所属する1年生の女子で、立川達矢とはクラスが同じ。前髪を目の上で切り、肩につかない長さの前下がりボブヘアで、眼鏡をかけている。やや地味な容姿がコンプレックスとなっており、目立つことに強い憧れがある。そのため普段の練習よりも、観客のいる大会の方が実力を発揮できる、一風変わったメンタルを持つ。 明るく前向きな杉村健太に、少し憧れている。

大熊 希

神奈川県にある小田川高校弓道部のOG。弓具店で働く27歳の女性。弓具店の店主の娘でもある。前髪を真ん中で分けて額を全開にし、肩につくほどまで伸ばしたセミロングヘアをしている。弓道五段の腕前で、高校時代は全国大会出場。神奈川県予選個人戦決勝にも出場した弓の名手。自身が在学していた時からの弓道部顧問である木村明徳に頼まれ、小田川高校弓道部のコーチを務めることになる。 凛とした落ち着いた雰囲気の美人。練習時は非常に厳しく、また酔っぱらうと大暴れするため、周囲には憧れられつつも恐れられている。もう5年も恋人がいないが、大熊希自身は、自分の酒癖の悪さに気づいていないため、原因がわからず悩んでいる。

不動 まこと

静岡県にある天龍中学校に通う3年生の男子。不動権三郎の弟。前髪を目の上で切り、腰まで伸ばしたストレートロングヘアの両サイドに、リボンを付けた髪型をしている。髪型、服装ともに、兄と同じく女性にしか見えないが、れっきとした男性という「男の娘」。かわいらしく無邪気に振る舞っているが、実際は打算的で抜け目のない性格。 弓道選手としての腕前も本物で、20キロの弓力を活かしたパワフルな弓道をする。もともとは女装に関心がなかったが、権三郎が女装をしているのを見て、「自分も可愛くなれるかもしれない」と考えて女装を始めた。立川達矢たちとは別の地域に住んでいる。権三郎を再び本気で弓道に向かわせた達矢に関心を持ち、小田川高校を訪れる。

神谷 春夫

神奈川県にある山王高校弓道部に所属する2年生の男子。前髪を眉上で短く切ったショートカットヘアを、ツンツンに立てている。もともとは染色した髪で、耳にピアスを付けた派手な雰囲気で、女性遊びが激しく、弓道部を停部になるほどの問題児だった。しかし大会で出会った不動権三郎を気に入り、男性と知らず一目惚れ。その後、男性と知っても想いは揺るがず、権三郎を振り向かせるため、髪を切り染め直して、弓道に真剣に打ち込むようになる。 弓道選手として非常に高い実力を持ち、天性の集中力によって、練習不足ゆえの粗い射法をカバーしている。

芹澤 薫

神奈川県にある山王高校弓道部女子チームの主将を務める3年生の女子。前髪を左寄りの位置で分けて目の上で切り、顎の高さで切りそろえたボブヘアをしている。美しい容姿に加え、男性のような口調で話す。生真面目でストイックな性格で同性に非常に人気があるが、異性からは恐れられている。そのため、女性と交際している、というあらぬ疑いをかけられることが多い。

一ノ瀬 清純

神奈川県にある安政学院高校弓道部主将を務める3年生の男子。前髪を左寄りの位置で分け、やや長めのストレートショートヘアをしている。穏やかで落ち着いた性格だが、重度のシスコン。他の女性には目もくれず、姉だけを愛している。弓道選手として高い実力を持つが、松平龍ノ介に何度も優勝を阻まれているので、「無冠の帝王」と呼ばれている。

桃子・F・ローレン

神奈川県にある聖ウクレレ女学院高校弓道部に所属する3年生の女子。前髪を真ん中で分けて額を全開にし、腰まで伸ばした金色のストレートロングヘアを、高い位置でツインテールにしている。高貴な雰囲気の気の強い性格。ローレン財閥のお嬢様であることに加えて容姿にも優れ、弓道選手としても一流。さらにファンクラブまで存在する、一見非の打ちどころのない存在。 外国人とのハーフということもあってか日本語を誤用したり、弓道場に椅子を持ち込むなど、ややとぼけた一面を持ち、周囲からは「残念美人」と評されている。

伊丹 摩耶

神奈川県にある聖ウクレレ女学院高校弓道部に所属する3年生の女子。桃子・F・ローレンに仕えている。前髪を右寄りの位置で分けて目の上で切り、癖のあるセミロングヘアを後ろで1つに結んでいる。一応は主従関係にあるものの、ややおバカなところのある桃子に、容赦のないツッコミを入れることが多い。弓道選手としても優秀。

海堂 ヒカル

静岡県にある天龍高校弓道部に所属する2年生の男子。前髪を目が隠れそうなほど伸ばし、ゆるくウェーブがかったロングヘアを腰まで伸ばしている。非常に美しい容姿とロングヘアのため、女性に見間違われがちだが、実際は男性の「男の娘」。ロングヘアはカツラであり、実際は坊主頭にしている。中学生時代に不動権三郎に弓道で負けた。 「女装男子に負けた」という屈辱から、他の選手にも同じ思いを味わわせたいと考え、自分も女装を始めた。そのため、自分の美しい女装姿に男性が翻弄されるのを見るのが好き。

及川 博美

静岡県にある天龍高校弓道部に所属する1年生の男子。前髪を目の上で切り、肩につかない長さのボブヘアをカチューシャでまとめている。かわいらしい容姿と髪型のため、女性にしか見えないが、実際には男性の「男の娘」。不動権三郎や海堂ヒカルとは違って、望んで女装しているわけではなく、ヒカルに命じられて女装をしている。 そのため、いつも恥ずかしそうにしている。ドジでややおどおどした雰囲気なので、周囲には「守ってあげたいタイプ」と評されている。

田植 刈正

神奈川県にある川島農林高校弓道部に所属する男子。前髪を眉上で短く切ったショートヘアをツンツンに立てている。鼻のあたりにそばかすがある。神奈川県でもトップクラスの弓道選手だが、なぜか極端に非力で、ひょろひょろとしたスピードの遅い弓を打つ。しかし、それがなぜか的中する、という不思議な実力の持ち主。好物は納豆で、試合前にも食べる。

夜叉 貴利子

神奈川県にある神奈川フロンティア高校弓道部主将を務める女子。前髪を真ん中で分けて一筋だけ前に垂らし、腰まで伸ばしたストレートロングヘアをしている。派手で気の強そうな雰囲気だが、それはメイクによるもの。メイクを落とすと、別人のように可愛らしい顔立ちになる。そのため、すっぴんを晒すのを嫌っている。レディース「あまざらし」のヘッドという不良少女。 中学校時代、活動の一環で出場した町内将棋大会で、日野むつみ率いるチームに負けて以来、むつみに強い恨みを抱いている。

村雨 英吉

神奈川県にある湘陽高校弓道部主将を務める3年生の男子。前髪を上げて額を全開にして撫でつけ、肩につくほどまで伸ばしたセミロングヘアをしている。本来は別の高校を受験する予定だったが、入試の日に体調を崩してしまい、仕方なく偏差値の低い湘陽高校に入学した。そのため「湘陽一の頭脳」と名乗っている。

書誌情報

カイチュー! 全12巻 〈ヤングジャンプコミックス〉 完結

第1巻

(2010年3月発行、 978-4088778068)

第2巻

(2010年7月16日発行、 978-4088778747)

第3巻

(2010年10月19日発行、 978-4088790459)

第4巻

(2011年1月19日発行、 978-4088790862)

第5巻

(2011年4月19日発行、 978-4088791319)

第6巻

(2011年7月19日発行、 978-4088791692)

第7巻

(2011年10月19日発行、 978-4088792101)

第8巻

(2012年2月17日発行、 978-4088792545)

第9巻

(2012年3月19日発行、 978-4088793016)

第10巻

(2012年6月19日発行、 978-4088793566)

第11巻

(2012年8月17日発行、 978-4088793986)

第12巻

(2012年9月19日発行、 978-4088794198)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo