パーマン(1983年版)

パーマン(1983年版)

藤子・F・不二雄の同名タイトルの漫画作品『パーマン』をアニメ化。宇宙人・スーパーマンに託されて正義のヒーロー見習い・パーマンに変身した須羽ミツ夫少年らの活躍と日常を描くファンタジーギャグ作品。原作漫画のリバイバルヒットによりカラーでリメイクされた。前作から一部キャラクター、設定等が変更されている。

正式名称
パーマン(1983年版)
ふりがな
ぱーまん
原作者
制作
シンエイ動画
放送期間
1983年4月4日 〜 1985年7月2日
放送局
テレビ朝日
話数
526話
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
 
ファンタジー一般
 
SF一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公の須羽ミツ夫は宇宙からやってきたバードマンと出会い、ヘルメット、マント、バッジのパーマンセットを託される。これをつけるとパーマンに変身し、能力を発揮することができるのだ。ミツ夫は仲間たちとともに人助けをしたりとヒーロー見習いとしての活動を始める。

登場人物・キャラクター

須羽 ミツ夫

バードマンに託されたパーマンセットを使ってパーマン1号に変身し、人助けなどのヒーロー活動を行う。活動中はコピーロボットを身代わりに置いていく。

大山 法善

大阪の寺の息子で、パーマンとしての活動と同時にパーマンセットの力を利用して事業も営む。ミツ夫たちからは「パーやん」と呼ばれる。

ブービー

『パーマン』に登場するチンパンジー。動物園にいるチンパンジーの子供だが、バードマンから2人目のパーマンに認定される。知能が高く、時にはミツ夫を叱責することも。

バードマン

バード星からやってきた宇宙人。宇宙を飛び回って超人の候補を探し、パーマンセットを授ける。パーマンとしての規律に厳しい一面も持つ。

星野 スミレ

大人気アイドルとして活躍しながら、パーマン3号としての顔も持つ。ただしアイドルであることから他のパーマンにも素顔と実名を明かさず、彼らの前では常にパーマンとしての姿で通している。ミツ夫たちからは「パー子」と呼ばれる。

その他キーワード

コピーロボット

のっぺらぼうの人形で、鼻のスイッチを押すと自分そっくりに変身し自由に動くようになる。パーマンたちが活動している間の身代わりとなり、その間の行動の記憶はおでこをくっつけることで移植される。

クレジット

原作

総監督

シリーズ構成

桜井正明

総作画監督

富永貞義

音楽

たかしまあきひこ

アニメーション制作

シンエイ動画

原作

パーマン

ある日突然地球を守るヒーローパーマンに任命された小学生須羽ミツ夫と仲間たちの活躍と騒動を描いた、一話完結型のSFコメディ。1966年と1983年の二度連載された。1983に連載が再開された際に、スーパ... 関連ページ:パーマン

SHARE
EC
Amazon
logo