藤子・F・不二雄

藤子・F・不二雄

正式名称
藤子・F・不二雄
ふりがな
ふじこ えふ ふじお
本名
藤本
関連商品
Amazon 楽天

概要

漫画家、脚本家。男性。1933年、富山県に生まれる。小学5年生のときに出会った同級生の我孫子素雄とコンビを組み、1951年「毎日小学生新聞」にて『天使の玉ちゃん』でデビュー。1954年に上京し、トキワ荘に入り「藤子不二雄」の合作名義で数多くの作品を生み出す。『オバケのQ太郎』が好評を博し、以後続々と作品がテレビアニメ化される。代表作となった『ドラえもん』は、テレビアニメ、劇場アニメ、3DCGアニメなど様々な形で映像化され、また海外でも翻訳出版されることにより、より多く知られる作品となっている。

特に『ドラえもん』での功績は大きく、1982年に第27回小学館漫画賞児童部門を受賞したのを皮切りに、1994年には第23回日本漫画家協会賞文部大臣賞を受賞、1997年には第1回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞している。

1987年に「藤子不二雄」名義でのコンビを解消し、藤子・F・不二雄として活動を続け、1996年に62歳で死去。

ヒストリー

小学校5年のとき安孫子素雄と出会い、漫画を合作。

手塚治虫の影響で漫画家をめざす。

藤子不二雄のペンネームで雑誌に投稿、また同人誌を発行。

1952年

投稿作品が連載となり、デビューへ。

1954年

上京、トキワ荘に入り、寺田ヒロオらと新漫画党を結成、のち赤塚不二夫、石ノ森章太郎らも加入。

1964年

「週刊少年サンデー」連載の「オバケのQ太郎」が好評、アニメ化。

1973年

スタジオ・ゼロを石ノ森章太郎・つのだじろうらと設立、アニメ作成へ。

『ドラえもん』『パーマン』『キテレツ大百科』など続々アニメ化へ。

1987年

藤子不二雄」名義でのコンビを解消し、藤子・F・不二雄として活動を続ける。

1996年9月23日

62歳で死去。

受賞

1982年

第27回  小学館漫画賞  児童部門

1989年

映画特別功労賞/ゴールデングロス賞

1994年

第23回  日本漫画家協会賞  文部大臣賞

1996年

アニメーション神戸'96読売賞

1997年

第1回  手塚治虫文化賞マンガ大賞

作品

関連外部リンク

SHARE
EC
Amazon
logo