ヘイグス粒子

シドニアの騎士(漫画)に登場する用語。読みは「へいぐすりゅうし」。

  • ヘイグス粒子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
シドニアの騎士(漫画)
正式名称
ヘイグス粒子
ふりがな
へいぐすりゅうし

総合スレッド

ヘイグス粒子(シドニアの騎士)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

宇宙に無尽蔵に存在している粒子で、様々な機器の動力源として用いられる。奇居子ヘイグス粒子を用いて胞衣を生成したりヘイグス粒子砲を放ったりすることが出来る。奇居子が地球に接近し始めたのは人類が新エネルギーとしてヘイグス粒子を用いるようになってからであり、ヘイグス粒子奇居子を呼び寄せているのではないかという考察がなされている。

登場人物・キャラクター

『シドニアの騎士』に登場する人型ロボットの総称。ヘイグス粒子を動力源にしており、機敏な動きが可能である。様々な兵器を搭載しているが、奇居子討伐にはカビザシが必要不可欠のため、基本的に、奇居子本体を包む...

関連キーワード

『シドニアの騎士』に登場する用語。奇居子の本体を包む外皮であり、ヘイグス粒子によって出来ている。様々な形に変形することが可能で、時には人間の身体の構造や人格を完全に模倣することも可能である。通常、奇居...

登場作品

謎の生命体奇居子によって太陽系が滅ぼされてから1000年。恒星間宇宙船シドニアは、人類存続をかけた播種船として、広大な宇宙を旅していた。産まれてからずっと、地下で暮らしてきた谷風長道は、亡き祖父斎藤ヒ...