俺 スペース☆ダンディ

TVアニメ『スペースダンディ』のコミカライズ作品。希少な宇宙人を捕まえて報奨金を稼ぐ宇宙人ハンターの愉快な活躍を、コミカルなタッチで描いたSFファンタジー。「マンガボックス」2014年第29号から第46号にかけて掲載された。

正式名称
俺 スペース☆ダンディ
ふりがな
おれ すぺーす だんでぃ
原作者
BONES
漫画
ジャンル
その他SF・ファンタジー
レーベル
ヤンマガKCスペシャル(講談社)
巻数
全1巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

宇宙世紀0014、新種の宇宙人を捕らえて宇宙人登録センターに引き渡し、報奨金を得る宇宙人ハンターであるスペース☆ダンディは、仲間の宇宙人であるミャウとポンコツ掃除ロボットのQTと共に、新種の宇宙人を探して銀河をめぐる旅を続けていた。いきつけの高級飲食店、ブービーズで働いているハニーから情報を得て、地獄の星や恐竜の星といった過酷な環境の惑星に出向き、そこに暮らしている宇宙人を捕らえようとするが、成果は芳しくなく、同業者の宇宙人ハンターから馬鹿にされる日々を送るダンディ。

それでも一介の宇宙人ハンターとしての矜持は捨てず、新種の宇宙人が贈呈されるという宇宙大運動会に出場したり、凄腕の宇宙人ハンターであるスピードスターとの勝負に挑むなど、その場のノリと勢いだけで、楽しくダラダラと宇宙人ハンターを続けていくのだった。

登場人物・キャラクター

スペース☆ダンディ

宇宙人ハンターをしている男性。髪型をリーゼントで決め、スカジャンを着るというアナクロな格好をしているのが特徴。陽気な楽天家だが、頭が少々悪く、言動や思考も抜けている面がある。女性とおっぱいが大好き。人生をノリで生きているタイプで、宇宙人ハンターとしての活動中も計画性は皆無。新種の宇宙人を探すために宇宙船で銀河をめぐっているが、宇宙人登録センターに連れて行った宇宙人がなかなか認可されず、燃料代や日々の飲食費にも事欠くほど困窮した生活を送っている。 それでも人情味とリーダーシップに優れているため、仲間の宇宙人であるミャウと、お掃除ロボットのQTからはそれなりに信頼されている。実績の少なさから、ほかの宇宙人ハンターには馬鹿にされており、凄腕の宇宙人ハンターであるスピードスターとの勝負の際には、あまりの手際の悪さを呆れられていた。 巨乳の女性であるハニーを気に入っており、生活費に困っているのにもかかわらず、彼女が勤めているブービーズに通い詰めている。

ミャウ

宇宙人ハンターをしているベテルギウス星人の男性。首がとても長く、猫のような顔をしている。スペース☆ダンディといっしょに冒険をしている常識的な突っ込み役。若干気が弱く、優しい性格をしており、ムチャばかりする破天荒なダンディには、いつも振り回されている。ダンディと同じく女の子好きなため、女性の多い環境だと判断力が著しく鈍ってしまう。

QT

宇宙人ハンターをしている、意思を持つお掃除用ロボット。性別は不詳。スペース☆ダンディといっしょに冒険をしており、暇さえあれば宇宙船の掃除をしている。常識的な性格で、自身では高性能を謳っているが、実はポンコツ。少し動かないでいると、すぐにスリープモードに入ってしまうのが大きな弱点。掃除機としての吸引力は高く、敵の武器すら吸い取ってしまう。

ハニー

スタイル抜群のうら若き女性。高級飲食店のブービーズでウェイトレスをしている。度々来店するスペース☆ダンディに対し、希少な宇宙人を捕まえるための情報を提供していたが、そのほとんどが役に立たなかった。男に求める理想の基準が高く、「どんな汚れ仕事でもやる」、「欲しいものは必ず手に入れる」、「女性の欠点をすべて受け入れる」という男性を探している。 甲斐性なしのダンディに対する評価は非常に低く、ダンディが告白していないにもかかわらず、事実上ふっていた。

ママサウルス

恐竜の星に住んでいる恐竜型宇宙人。口やかましい母親然とした性格をしており、卵を盗もうとしたスペース☆ダンディ一行を厳しく叱責し、自分の家に住まわせて面倒を見ていた。ダンディから実の母親のように慕われるまでの関係になったが、卵から生まれたばかりの赤ん坊の恐竜を食す姿を見られた事で、ダンディ達に逃げられてしまう。

グロモギラ星人

地獄の星に住んでいる宇宙人の男性。醜い姿をしており、生まれ育ったグロモギラ星で女性にモテなかったため、地獄の星に移り住んで「女性ホルモン無限製造機」を製造。温泉に浸かった男性の宇宙人ハンターを女性にして、唯一の男性である自身がモテモテになる事を企んでいた。

プリンセス

一つ目の凶悪で屈強な宇宙人。とある星でスペース☆ダンディと死闘を繰り広げた事がある。その正体はハートフル星の姫で、自らが主宰した宇宙大運動会で勝ち残ったダンディを「私の王子様」に認定し、婿にしようとしていた。

ミーニャ

オクタリア星で暮らしているベテルギウス星人の少女。母親を早くに亡くしたため、生きるために犯罪組織に加わり、スリなどをして生計を立てていた。宇宙船を作り、星を脱出して宇宙船工場を開くのを夢にしている。オクタリア星を訪れたミャウと意気投合し、犯罪組織を抜けて自身の力だけで生きる事を決意する。

未登録宇宙人の幽霊

パイロットスーツを着た宇宙人の幽霊。宇宙人ハンターから逃走している最中にワームホールで事故にあい、そのまま亡くなった未登録宇宙人のコンビ。そのため、宇宙人ハンターに強い恨みを抱いており、ワームホールを通過した宇宙人ハンターに二人で取り憑いて、さまざまな霊障を引き起こしていた。スペース☆ダンディにも取り憑くが、鈍感なダンディ一行からは、最後まで気づかれなかった。

スピードスター

宇宙人ハンターをしているハイド星出身の少女。本名は不詳。捕らえた未登録の宇宙人をすべて宇宙人登録センターに認可させている事から、尊敬を込めてスピードスターという名で呼ばれている。透明人間なので、着用している服以外が見えないのが特徴。姿が見えない事で幼少期から苦労し続けた経験を持ち、自分の存在を世に知らしめるために宇宙人ハンターになった苦労人。 自分を小娘呼ばわりしたスペース☆ダンディに勝負を挑む。

集団・組織

宇宙人登録センター

人類が知りえない宇宙人を発見・認可するための組織。宇宙人ハンターが捕らえた未登録の宇宙人を引き取り、引き換えに報奨金を渡している。認可の判定はかなり厳しく、スペース☆ダンディが連れて行った宇宙人は多くが不認可となっていた。

場所

ブービーズ

数多くのうら若き女性が従業員を務める高級飲食店。スペース☆ダンディはこの店がお気に入りで、生活費に事欠く有様であるにもかかわらず、定期的に通ってツケで飲み食いをしていた。従業員のハニーがダンディに未登録宇宙人の情報を提供していたが、有益な情報はほとんどなかった。

その他キーワード

宇宙人ハンター

未登録の宇宙人を捕まえて宇宙人登録センターへと引き渡す事を生業としている専門の業者。報奨金は高額だが、宇宙人の捕獲にはかなりの危険が伴ううえ、引き渡したとしても不認可になる事も多いため、かなりリスクの高い商売となっている。

クレジット

原作

BONES

書誌情報

俺 スペース☆ダンディ 全1巻 講談社〈ヤンマガKCスペシャル〉 完結

第1巻

(2014年11月6日発行、 978-4063825350)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo