力と女の世の中

日本アニメーション草創期の作家・政岡憲三が、映画会社・松竹より依頼を受けて制作した日本初の本格的トーキー(発声)アニメーション映画。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
力と女の世の中
ふりがな
ちからとおんなのよのなか
原作者
制作
松竹
公開日
監督
政岡憲三
ジャンル
ギャグ、コメディ一般

総合スレッド

力と女の世の中(アニメ映画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

主人(力と女の世の中)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:30
タイピスト(力と女の世の中)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:30

新着関連スレッドもっとみる

概要

家庭を持つサラリーマンの主人が、職場のタイピストと密会をしていたが、弁当を届けに来たに発見される。激怒するタイピストはボクシングで決着をつけることになった。二人の熱戦の末、が勝利する。

登場人物・キャラクター

主人公
恐妻家のサラリーマンであり、同じ会社に勤めるタイピストの女性と浮気をしている。その現場を押さえた妻に対し、ホースで水をかけて反撃する。
身長180㎝、体重120㎏の巨体の持ち主で、主人との間に四人の子供がいる。主人の寝言で浮気に気づき、会社に弁当を届けて、現場を発見。タイピストとボクシング対決の末、勝利を収めた。
主人と妻との子供達。長男の太郎、次男の次郎、長女の花子、次女のとし子の四人がいる。
都会的なモダンガールで、同じ会社に勤める主人と浮気している。浮気を発見した主人の妻とボクシング対決を行い、クスグリ攻撃で善戦する。

クレジット

原作 池田忠雄    
監督 政岡憲三    
動画 瀬尾光世     原田誠一     山本三郎    
音楽 今沢将矩    
製作会社 松竹蒲田撮影所