巨人の星 行け行け飛雄馬

巨人の星 行け行け飛雄馬

原作・梶原一騎、作画・川崎のぼるによる同名の漫画作品をアニメ化した『巨人の星』の劇場版。飛雄馬が甲子園で花形満と勝負し、読売ジャイアンツに入団するまでのエピソードを再編集した内容となっている。「東宝チャンピオンまつり」の第1回作品として、『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』と『コント55号 宇宙大冒険』と同時上映された。

正式名称
巨人の星 行け行け飛雄馬
ふりがな
きょじんのほし いけいけひゅうま
原作者
原作者
制作
東京ムービー
公開日
ジャンル
野球
関連商品
Amazon 楽天

概要

父・星一徹により、幼少期より野球の特訓を受けて育った星飛雄馬は、苦難の末に読売ジャイアンツに入団。多くのライバルと切磋琢磨し、ときには一徹から課された非情な試練に立ち向かい、飛雄馬はジャイアンツの象徴的な選手「巨人の星」へと成長していく。

登場人物・キャラクター

星 飛雄馬 (ホシ ヒュウマ)

幼少期から父親の星一徹により、筋力増強器具大リーグボール養成ギプスの装着を強いられながら、野球漬けの毎日を送る。それゆえ父と野球を恨みながら育つも、長嶋茂雄や王貞治、ライバルの花形満との出会いを経て、野球の素晴らしさを知る。 一徹の意向で青雲高校に入学すると、伴宙太と親友となってバッテリーを組み、甲子園出場を果たす。その後ジャイアンツ以外の各球団からスカウトを受けるも、すべてを断り、ジャイアンツの入団テストに挑戦し合格。 左腕投手としてジャイアンツへ入団し、永久欠番であった川上哲治の背番号16を受け継ぐ。

星 一徹 (ホシ イッテツ)

読売ジャイアンツに所属する名三塁手であったが、その実力が評価される前に、徴兵を受けて太平洋戦争へ出征。戦場で肩を負傷し、かつての送球能力を失ってしまう。遅くなった送球を補うため、魔送球を編み出すが、その反則ぎりぎりのプレイを川上哲治に否定され、自身もその過ちに気づき、球界を去る。 その後は日雇いの肉体労働者となって家族を養うが、野球への未練は断ち切れず、息子の飛雄馬に自分の夢を託し、常軌を逸した特訓を強いる。 飛雄馬が野球の楽しさに目覚め、ジャイアンツ入団を決意すると、指さした宵の明星を「巨人の星」と呼び、息子がジャイアンツの象徴的なスター選手になるよう励ます。飛雄馬の青雲高校進学後は伴大造に請われて野球部のコーチとなり、息子たちを指導する。

星 明子 (ホシ アキコ)

飛雄馬の姉。幼いうちに母を失い、代わって家計を切り盛りする。父親の異常とも言える弟へのしごきを、悲しみながらも見守る場面が多かった。

伴 宙太 (バン チュウタ)

飛雄馬が青雲高校で知り合った同級生。学校の有力スポンサーにしてPTA会長である父親伴大造の威光の下、学校のボスのように振る舞っていた。柔道部の主将でありながら応援団長を自称し、不甲斐ない野球部に猛特訓を強いる。 その姿勢を親の七光りと批判した飛雄馬と衝突するが、やがて互いの根性を認め合い、親友に。飛雄馬の速球を受けられる捕手がほかにいなかったこともあり、野球部へ転部。持ち前のパワーを活かして甲子園でも活躍する。

伴 大造 (バン ダイゾウ)

伴宙太の父。伴自動車工業の社長にして、青雲高校PTA会長。学校の有力スポンサーでもあるため、影響力が強く、入試の面接でも面接官を務める。ライバル会社、花形モーターズの御曹司である花形満に猛烈な対抗心を抱いており、彼の率いる紅洋高校打倒を目指し、野球部を叱咤激励する。

花形 満 (ハナガタ ミツル)

花形モーターズの御曹司で、英才教育により幼少期からイギリスへ留学し、その俊才ぶりを発揮するが、貴族階級から人種差別を受ける。これをバネに奮起してすべての面でトップを志し、これを達成。しかし目標を失って気落ちしたことや、帰国後、誇りを失った祖国への失意などが重なり、不良化。 小学4年生でありながら、不良少年を集めてスポーツカーを乗り回し、気まぐれで少年野球チームブラック・シャドーズを結成。無法なラフプレーで暴れ回る。 しかし飛雄馬に敗れたことから、彼を終生のライバルとして認識。更正して打倒飛雄馬を目指して精進し、「10年に1度の天才打者」と謳われる選手に成長。無名だった紅洋高校野球部を甲子園へ導き、決勝戦で飛雄馬の青雲高校を破り、優勝を果たす。

左門 豊作 (サモンホウサク)

早くに両親を失い、5人の弟妹とともに親戚の家に身を寄せ、疎まれながら過酷な生活を続ける。成績は優秀であったが、居候の身であったため、高校進学は断念していたが、親戚への弟妹の嘆願が実り、熊本農林高校へ進学。 ハングリー精神あふれるスラッガーとして、主将として、野球部を甲子園に導き、準決勝で飛雄馬の青雲高校と対戦する。

その他キーワード

魔送球 (マソウキュウ)

『巨人の星 行け行け飛雄馬』に登場する送球法。星一徹が、戦傷により衰えた肩を補うために編み出した。その軌道は、一塁を目指す打者走者を狙いつつ、ファーストミットに収まるというもの。打者走者を威嚇して足を止め、アウトを奪う技法であるが、「投手におけるビーンボールに等しい」という川上哲治の指摘を受けて星一徹は過ちに気づき、ジャイアンツを退団。 その技術は息子の飛雄馬に受け継がれ、大リーグボール2号を産み出す土壌となった。

クレジット

原作

,

演出

脚本

, , 佐脇徹 , 斉藤次郎 ,

作画監督

楠部大吉郎

音楽

渡辺岳夫

アニメーション制作

東京ムービー

SHARE
EC
Amazon
logo