• 凄ノ王 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 朱紗一族

朱紗一族

朱紗一族

凄ノ王(漫画)の主人公朱紗真悟の血族集団。読みは「すさいちぞく」。

登場作品
凄ノ王(漫画)
正式名称
朱紗一族
ふりがな
すさいちぞく
関連商品
Amazon 楽天

概要

一族の中から英雄神スサノオウノミコトを生み出し、その血肉となることを使命とする。百数十名が存在すると言及されているが、劇中では真悟の母と姉、叔母などごくわずかしか登場しない。母は真悟凄ノ王またはスサノオウノミコトになりうることを知っているかのような行動を見せていたが、姉である朱紗涼子は凄ノ王出現までは何も知らない普通の人間として描かれていた。

また、父と思われる朱紗英介は、表札に名前が書かれているのみで劇中には登場しない。

登場作品

凄ノ王

ごく普通の少年として育った朱紗真悟は、恋心を抱いていた少女雪代小百合が、目の前で暴行された事件をきっかけに、超能力に目覚めた。それと同時に好戦的な性格へと変化した真悟は、町や学園に巣くう悪党たちとぶつ... 関連ページ:凄ノ王

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo