鬼神伝

高田崇史の同名小説が原作。スタジオぴえろ制作で、川崎博嗣監督、西尾鉄也キャラクターデザインと、アニメ『NARUTO』にゆかりのあるスタッフで作られた。製作とコンセプトデザインに大友克洋が参加しており、川崎はこれ以前に大友原作の『AKIRA』でアニメーターとして働いたほか自身の監督作『スプリガン』で大友を監修につけた経緯からつながりが深い。全国公開は2011年4月で東日本大震災に近く、東北のみ2ヶ月以上遅れて7月初旬に上映された。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
鬼神伝
ふりがな
おにがみでん
原作者
制作
スタジオぴえろ
公開日
監督
川﨑博嗣
ジャンル
和風ファンタジー
 
アドベンチャー一般
 
平安時代

総合スレッド

鬼神伝(アニメ映画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

救いの御子(鬼神伝)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:30
平安京(鬼神伝)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:30

新着関連スレッドもっとみる

概要

中学生の天童純は、町で怪物に追われたところを僧侶源雲に救われるも、その場で1200年前の平安京へタイムスリップさせられる。人々を脅かすを倒すべく、の血統に宿る力で龍神オロチを解放するよう求められるが、その後出会ったの少女水葉からは、が自然を愛する穏和な民だと訴えられた。

人との両方から敵を倒してくれと頼まれたの、決断の時が迫る。

登場人物・キャラクター

主人公
京都市内に暮らす15歳の中学生。オロチの封印を解ける唯一の存在。源雲からは貴い人間の血を引く救いの御子と呼ばれる一方、水葉からは、鬼の子孫だと相反する説明を受ける。父を亡くした影響から臆病かつ優柔不断...
都を警備する若き武士。純と同年代。人の貴族である父と鬼の母の間に生まれた。鬼の里で幼少期を過ごしたが、両親が殺されたのを機に平安京へ移り、源雲に仕えるようになった。純が本当に貴族側の救いの御子なのか疑...
『鬼神伝』に登場する一族。呪術を使えるものの怪物というわけではなく、独自の文化をもって自然と共存する山岳民族のような人々。本来は戦いを望んではいないが、貴族側の苛烈な武力行使により、立ち向かわざるをえ...
『鬼神伝』に登場する超自然的存在。琵琶湖の水神である巨大な龍で、神話のヤマタノオロチに相当する。純が解放するこの力を巡って人と鬼の争いが激化していく。
高度な術を操る密教僧。時空を越えて純を平安時代へ呼び出した。鬼退治とオロチの力の掌握を狙う。己の掲げる正義を叶えるためには虚言や非道な策謀もいとわない。
『鬼神伝』の中で語られる救世主の通称。人と鬼の戦いに終止符を打つ存在。オロチを封印した人間の血を引くため解放することもできる、という形で源雲は純に語るも鬼側の説明とは食い違いがある。
鬼の少女。かつては頼光とは両想いの幼なじみとして共に過ごしていた。貴族側によって鬼の悪印象を刷り込まれていた純へ、自分たちの実態と、オロチや純のルーツについて教える。

場所

純が暮らしていた現代からみて約1200年前の京都。鬼たちのせいで人々の暮らしが不安と苦しみに見舞われている、と考えられている。

クレジット

原作 高田崇史    
監督 川﨑博嗣    
脚本     川﨑博嗣    
作画監督 橋本晋治     外丸達也    
音楽 宇崎竜童    
アニメーション制作 スタジオぴえろ