ぴくぴく仙太郎

ぴくぴく仙太郎

彼女に振られてヤケ酒を飲んだ香沢麦が、酔った勢いで赤ちゃんウサギを購入したことから繰り広げられる日常を描いたコメディ漫画。ウサギの仙太郎との友情をハートフルタッチで描く。

概要

半年間付き合った彼女に振られて、ヤケ酒を飲んだ香沢麦が翌朝目覚めると、隣に小さなウサギが眠っていた。酔った勢いで購入した赤ちゃんウサギに仙太郎と名付けるが、生後ひと月くらいのウサギは死亡率が高く、そのウサギもあっけなく死んでしまう。それが大きなショックとなったは、仙太郎に似た赤ちゃんウサギをペットショップで購入し、前のウサギと同じく仙太郎と名付ける。

この仙太郎は、非常に元気があり、いたずらが大好き。仙太郎の思いもつかない行動に四苦八苦しながらも、がウサギにハマっていく、日常コメディー。仙太郎がきっかけとなり、様々な人との出会いも生まれていく。

登場人物・キャラクター

主人公

22歳で長髪の、現在売出し中のイラストレーター。O阪芸大休学中で、在学中はケンカっぱやい過激な兄ちゃん。学生時代からの友人青田日出夫からは、バクちゃんと呼ばれる。半年間付き合っていた洋子に振られてヤケ... 関連ページ:香沢 麦

『ぴくぴく仙太郎』の香沢麦が飼っているペット。愛嬌があり、とても人懐っこい。名前は祖父のものをそのままつけた。麦が池袋の夜店で、酔った勢いで購入した赤ちゃんウサギ。だが、生後ひと月ほどのウサギの死亡率... 関連ページ:仙太郎

『ぴくぴく仙太郎』に登場する子猫。香沢麦が酔った勢いで拾ってきたメスの子猫。実際はさなえちゃんという飼い主がおり、彼女たちが祖母の家へ遊びに行く途中、みやが車の窓から飛び出し、行方不明となっていた。し... 関連ページ:みや

左右におさげを付けた女の子で、みやの飼い主。香沢麦がみやを拾って以来、家族ぐるみの付き合いをしている。母と父がいる。ときおりみやを麦にあずけて出かけることもある。また逆に、麦が取材などで遠出するときは... 関連ページ:さなえ

『ぴくぴく仙太郎』に登場するハムスター。眼鏡と口髭を付けた、一見会社の重役風のおじさんが飼っている白いハムスター。元の飼い主は娘夫婦。だがアメリカへ転勤に行ったため、しかたなく飼っていたが、そのうち溺... 関連ページ:ちー

香沢麦を担当する、好男社の編集者。眼鏡をかけた女性。ときどき天然ボケをかます人。麦が病気になったときは、見舞いに来て、何も食べていない彼に料理を作ったりしたこともあり、姉御的な一面も見せる。また、編み... 関連ページ:大高

香沢麦とは学生時代からの友人で、イラストレーター仲間。麦がケンカっぱやい頃を知っている1人でもある。ネコフェチで、猫の言葉がいくらかわかる。麦が迷っていた子猫のみやを連れて帰ったとき、みやが飼い猫であ... 関連ページ:青田 日出夫

香沢麦と半年間付き合った彼女。麦に別れを告げたのは本心ではなく、彼があやまれば許すつもりだった。しかし、1ヶ月たっても麦から連絡がないため、ついに自分から仲直りの電話をする。だが、仙太郎のいたずらによ... 関連ページ:洋子

『ぴくぴく仙太郎』に登場する犬。ブロックの隙間から鼻づらを出すのが趣味の飼い犬。小さな生き物が大好きで、仙太郎とは大の仲良し。おすわり、お手、ふせなどの芸ができる。夜は1時間ごとに庭の見回りをする。 関連ページ:紋次郎

眼鏡をかけた堅物そうな男。文芸口論の編集者で、たびたび香沢麦に小説の挿絵を依頼している。麦のイラストアップを待っているときに、人懐っこい仙太郎と友達になる。そして、自分も5匹のウサギを飼うようになる。... 関連ページ:茨木

『ぴくぴく仙太郎』に登場した鳩のヒナ。ある日、香沢麦の庭でうずくまっていたヒナで、ノドに石を詰めてしまった。麦は病院で手術を受けさせ、一命を取り留めている。気が強いヒナで、仙太郎が近づくとくちばしでつ... 関連ページ:ポッポちゃん

香沢麦がよく行く喫茶店、コーヒー・ジャパンのアルバイトの娘。麦も認めるかわいい女の子。麦のイラストのファンで、麦自身にも恋心をもっている。麦の家に遊びに行くが、麦の頭には仙太郎のことしかないので、あき... 関連ページ:まりちゃん

好男社の新人編集者で女性。病欠した大高の代わりに、麦のイラストを受け取りに来た。彼女は動物が苦手だったが、ピンチになった仙太郎を助け、それがきっかけとなり仙太郎と友達になった。 関連ページ:沢木 萌子

場所

香沢麦の家

『ぴくぴく仙太郎』に登場する建物。香沢麦が仙太郎といっしょに住んでいる家。西部鉄道のひだりケ丘駅から徒歩20分の一軒家で築20年。平屋建てだが、階段がついている少し変わった家。庭もあり、ゴミ収集に間に... 関連ページ:香沢麦の家

SHARE
EC
Amazon
logo