みかん絵日記

みかん絵日記

白泉社の「Lala」で連載された『みかん・絵日記』をアニメ化した作品。作者の出身地である宮城県の風景が効果的に使われている。

正式名称
みかん絵日記
ふりがな
みかんえにっき
原作者
制作
日本アニメーション
監督
石黒 昇
放送期間
1992年10月16日 〜 1993年6月18日
放送局
TBS
話数
31話
ジャンル
ほのぼの
 
動物擬人化
 
関連商品
Amazon 楽天

概要

草薙家に転がり込んだ野良猫。その毛色からみかんと名付けられたその猫は、実は人の言葉を介する事ができた。近隣に住む猫たちや犬の桃治郎、人間達との交流などの日常を、みかんは絵日記として記録し始める。

登場人物・キャラクター

みかん

毛色がみかん色、目は緑のオス猫。野良猫となって放浪しているところ、吐夢と出会って草薙家の飼い猫となる。二足歩行し、人の言葉を話し、文字を書くことができる。吐夢につけられた「みかん」という名を気に入っていない。 かつて話せることが人間にばれ、気味悪がられた過去からそのことが発覚することをおそれている。

こりんご

みかんとキリーの間の子。本名は「りんご」だったが、幼名が定着した。みかん同様会話や筆記、二足歩行が可能。外見はみかん似だが、優しい性格などはキリー似である。

稲垣 大造

坂の下に住んでいる開業医で、実は動物好きだが、嫌いだというポーズを取っている。桃治郎の飼い主で、捨て猫のモリーとキリーを拾う。

モリー

キリーの姉妹。キリーより2周りは大きい。黄色い首輪をつけている。

草薙 吐夢

草薙家の長男で小学5年生。彼の宿題に憧れたみかんに、家族とともに絵日記を書くという宿題を与える。

キリー

稲垣医院に拾われた2匹のメス猫の1匹。モリーと区別をつけるため赤い首輪をしていた。みかんとの間に、こりんごを授かる。

桃治郎

稲垣医院に飼われている、猫好きな犬。「ももじ」「ももちゃん」が愛称。みかんとともによく散歩に出かける。

クレジット

原作

監督

脚本

小山眞弓

作画監督

杉光登

音楽

長谷川智樹

アニメーション制作

日本アニメーション

原作

みかん絵日記

言葉を話せる猫のみかんとその飼い主となった草凪吐夢の家族、周囲の人々や動物達との触れ合いを描いた漫画。 関連ページ:みかん絵日記

SHARE
EC
Amazon
logo