アル・ジャポネ

バラの戦士(漫画)に登場する架空の国。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バラの戦士(漫画)
正式名称
アル・ジャポネ
ふりがな
あるじゃぽね

総合スレッド

アル・ジャポネ(バラの戦士)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

アラブの王国だが、実態は空コンツェルンが資金援助で支配する独立国家で、現国王や一部の国民および空コンツェルンの社員だけが贅沢な暮らしをしている。石油資源が豊富なため、沿岸の警備は何百台の戦車を配備した厳重なものとなっている。警戒が薄く紅将平達が上陸目標に決めたトッパ港でさえ、表向きは武装していないものの入国と同時に税関が戦車でどこからともなく現れた。

欧米の元軍隊出身者による荒っぽい手口のコマンド部隊並みに武装した警察が、近代化を反対する現地ゲリラを討伐している。一昨年に行われた即位式で未成年だった国王が成人となり、12月14日に正式な元首となるための戴冠式を執り行う事が決まった。

この式典には空コンツェルン関係者も一堂に会するため、これまで謎の存在だった影の会長を抹殺する唯一のチャンスとして紅航空のゲリラ達が狙う。

登場作品

航空会社大手の紅航空が起こした墜落事故は、領空侵犯と積荷の禁制品が原因となり部課長クラスの逮捕へと発展、さらに外国漁船が事故の被害に遭い国際問題にまで発展した。これにより紅航空は倒産し、社長は囚われ、...