ウォン

ウォン

鉄拳チンミ(漫画)の登場人物。

登場作品
鉄拳チンミ(漫画)
正式名称
ウォン
関連商品
Amazon 楽天

概要

雲南省にいた男。毒手拳(どくしゅけん)の使い手で、四川省大林寺リュウカイを苦しめた男。左手を包帯でぐるぐる巻きにしている。もともとウォンには弟のペイがいた。ペイはリュウカイと拳法で試合し、敗れて死んでしまう。その復讐をするため、自ら厳しい修業を行って毒手拳を体得した。

拳を使う左手は、触れるだけで相手に毒効果を与えるので、包帯で予防しているほど。リュウカイも、ウォンの左手に触れただけで体中がしびれて動きが鈍くなり、ついに体に毒手の一撃を受けて生死の淵をさまよっている。

関連人物・キャラクター

リュウカイ

四川省大林寺で少年たちを指導する青年。武者修業に出ていたが、大林寺に戻ってきた。「鉄の男」と呼ばれる。大僧正にいわれ、「深山行」修業から戻ってきたチンミと、試合をすることになった。修業によって実力をか... 関連ページ:リュウカイ

関連キーワード

毒手拳

『鉄拳チンミ』に登場する技、拳法。四川省大林寺のリュウカイを狙ったウォンが使う拳法。相手を殺すことのみを目的にした闇の拳法で、触れるだけで効果がある。ウォンの場合、毒虫や植物の毒を砂に配合し、左手で何... 関連ページ:毒手拳

登場作品

鉄拳チンミ

姉と2人で中華料理店を営んでいたチンミは、自己流ながらかなり拳法が使える少年。その素質を見出されたチンミは、四川省の大林寺で本格的な拳法を学ぶことになる。それ以来数、多くの拳法家や格闘家と遭遇。ときに... 関連ページ:鉄拳チンミ

SHARE
EC
Amazon
logo