史上最強の弟子ケンイチ

史上最強の弟子ケンイチ

作者の初連載作品、『戦え!梁山泊 史上最強の弟子』の次回作で、そのリメイク的作品。細部の設定は異なるが、前作をベースとして規模を拡張させた世界観になっている。武術の達人の「弟子」となった主人公の格闘だけでなく、その「師匠」たちのハイレベルなバトルを両立させている点が特徴で、実在の武術の流派を多く登場させつつ、荒唐無稽さの異なる格闘技を描き分けている。本編の他に、『史上最強のガイデン!』および『史上最強の弟子ケンイチ プラス』に外伝を6編収録。

正式名称
史上最強の弟子ケンイチ
作者
ジャンル
バトル
 
中国武術、拳法
レーベル
少年サンデーコミックス(小学館)
巻数
全61巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

主人公の白浜兼一は、優しい心と正義感を持つが、学校ではいじめられっ子の高校一年生。しかし転校生の美少女武術家・風林寺美羽と出会い、その勇気と強さ、そして可愛さに憧れ、彼女の勧めで柔術・空手・中国拳法・ムエタイなどの達人が集う梁山泊の弟子となる。師匠たちの厳しい修練にも耐え、多くの強敵やライバルたちと巡りあいながら、肉体的、精神的成長を遂げていく兼一

やがて梁山泊と敵対する秘密結社・「闇」に属する殺人拳の武術家たちとの争いにも巻き込まれ、兼一美羽を守ることができるような強さを目指し、「達人」に至るための終わりの見えない修行と冒険を経験していく。

登場人物・キャラクター

主人公

10月12日生まれの日本人の少年。柔術・空手・中国拳法・ムエタイなどの武術の達人たちを師匠とする、「史上最強の弟子」である。物語開始時には荒涼高校に入学して1ヶ月後になる高校一年生で、中学時代からのい... 関連ページ:白浜 兼一

主人公

白浜兼一のクラスに松竹林高校(しょうちくりんこうこう)から転校してきた美少女。1月14日生まれの15歳。背後に立った人間を条件反射で投げ飛ばすクセがあり、兼一と初対面の際も、後ろから走り抜けようとした... 関連ページ:風林寺 美羽

風林寺美羽の母方の祖父。武術の達人たちが集う梁山泊の長老にして、「無敵超人」の異名を持つ老爺。白髪の老人ながら身長は2m以上、体重は100kg超と屈強な体格をしている。豪放磊落な性格で、他の達人級の武... 関連ページ:風林寺 隼人

11月5日生まれ、38歳の日本人男性。白浜兼一が弟子入りした梁山泊の師匠の1人。「哲学する柔術家」の異名を持つ柔術の達人で、武力だけでなく知識や芸術にも秀で、医師資格も所持する完璧超人。梁山泊の裏で接... 関連ページ:岬越寺 秋雨

5月7日生まれ、29歳の日本人男性。白浜兼一が弟子入りした梁山泊の師匠の1人で、「ケンカ百段」の異名を持つ空手の達人。危険人物として日本の空手界から追放された経歴を持ち、現在は用心棒や、警察から依頼さ... 関連ページ:逆鬼 至緒

3月21日生まれ、41歳の中国人男性。白浜兼一が弟子入りした梁山泊の師匠の1人で、「あらゆる中国拳法の達人」の異名を持つ中国拳法の達人。梁山泊の裏で鍼灸院を開いており、岬越寺秋雨の接骨院と収益を競って... 関連ページ:馬 剣星

28歳のタイ人男性。白浜兼一が弟子入りした梁山泊の師匠の1人で、「裏ムエタイ界の死神」の異名を持つムエタイの達人。弟子を取るのは兼一が初めてとなる。タイの貧しい村で孤児として生まれ、物心つく前から死ぬ... 関連ページ:アパチャイ・ホパチャイ

年齢不明の若い日本人女性。白浜兼一が弟子入りした梁山泊の師匠の1人。「武器と兵器の申し子」の異名を持つ武器術の達人で、己の身体と刀をひとつにする武器術の究極の境地、「心刃合錬斬」などを極める。日本刀の... 関連ページ:香坂 しぐれ

荒涼高校の男子生徒。白浜兼一と同学年で、同じ中学校の出身。兼一を「ふぬけの兼一」こと「フヌケン」と呼んでバカにしていたが、空手部でのとある一件から「親友」「兄弟」と称するようになった。さらに自分を総督... 関連ページ:新島 春男

身長177cm、体重69kg、4月2日生まれで16歳の少年。通称「ジーク」、本名は九弦院響。趣味は作曲で、チャイコフスキーの大序曲「1812年」を好む。メロディーは戦いの中から生まれるという信念を持ち... 関連ページ:ジークフリート

集団・組織

新白連合

『史上最強の弟子ケンイチ』に登場する組織。新島春男と白浜兼一の姓から一字ずつを取って命名され、新島を総督、兼一をNo.2とする集団。天下を取るという新島の野望の足掛かりとするため、多方面に活動を広げな... 関連ページ:新白連合

YOMI

『史上最強の弟子ケンイチ』に登場する組織。「殺人こそ真髄」とする武闘派秘密結社・「闇」による弟子育成機関。「闇」には無手組と武器組の二大派閥があるため、YOMIも無手組と武器組で分かれている。それぞれ... 関連ページ:YOMI

一影九拳

『史上最強の弟子ケンイチ』に登場する組織。人を活かす武術である「活人拳」を旨とする梁山泊に対し、「殺人こそ真髄」とする武闘派秘密結社が「闇」であり、その中で殺人拳を追求する派閥が無手組と呼ばれ、無手組... 関連ページ:一影九拳

その他キーワード

達人級

『史上最強の弟子ケンイチ』の用語。武術家の世界における、最上級の位階を表す言葉。その道を極めた者が辿り着く境地であり、その下のクラスである「妙手」の戦闘能力を遥かに超越し、さらに下の「弟子級(ディサイ... 関連ページ:達人級

書誌情報

史上最強の弟子ケンイチ 全61巻 小学館〈少年サンデーコミックス〉 完結

第1巻

(2002年9月発行、 978-4091265715)

第2巻

(2002年11月発行、 978-4091265722)

第3巻

(2003年2月発行、 978-4091265739)

第4巻

(2003年4月発行、 978-4091265746)

第5巻

(2003年7月発行、 978-4091265753)

第6巻

(2003年9月発行、 978-4091265760)

第7巻

(2003年12月発行、 978-4091265777)

第8巻

(2004年3月発行、 978-4091265784)

第9巻

(2004年4月発行、 978-4091265791)

第10巻

(2004年6月発行、 978-4091265807)

第11巻

(2004年8月発行、 978-4091271518)

第12巻

(2004年11月発行、 978-4091271525)

第13巻

(2005年1月発行、 978-4091271532)

第14巻

(2005年3月発行、 978-4091271549)

第15巻

(2005年5月発行、 978-4091271556)

第16巻

(2005年7月発行、 978-4091271563)

第17巻

(2005年9月発行、 978-4091271570)

第18巻

(2005年12月発行、 978-4091271587)

第19巻

(2006年2月発行、 978-4091200488)

第20巻

(2006年5月発行、 978-4091203489)

第21巻

(2006年8月発行、 978-4091204370)

第22巻

(2006年11月発行、 978-4091206251)

第23巻

(2007年1月発行、 978-4091206992)

第24巻

(2007年3月発行、 978-4091210227)

第25巻

(2007年6月発行、 978-4091210760)

第26巻

(2007年9月発行、 978-4091211866)

第27巻

(2007年12月発行、 978-4091212252)

第28巻

(2008年3月発行、 978-4091212979)

第29巻

(2008年5月発行、 978-4091213891)

第30巻

(2008年8月発行、 978-4091214508)

第31巻

(2008年11月発行、 978-4091215086)

第32巻

(2009年2月発行、 978-4091215895)

第33巻

(2009年4月発行、 978-4091218933)

第34巻

(2009年7月発行、 978-4091216939)

第35巻

(2009年9月発行、 978-4091217301)

第36巻

(2009年12月発行、 978-4091220264)

第37巻

(2010年2月発行、 978-4091221476)

第38巻

(2010年5月発行、 978-4091222954)

第39巻

(2010年7月発行、 978-4091224170)

第40巻

(2010年10月発行、 978-4091226204)

第41巻

(2011年1月発行、 978-4091227676)

第42巻

(2011年4月発行、 978-4091228505)

第43巻

(2011年5月発行、 978-4091228697)

第44巻

(2011年10月発行、 978-4091233349)

第45巻

(2011年11月発行、 978-4091233844)

第46巻

(2012年3月発行、 978-4091235640)

第47巻

(2012年6月発行、 978-4091236975)

第48巻

(2012年9月発行、 978-4091238054)

第49巻

(2012年11月発行、 978-4091240101)

第50巻

(2013年2月発行、 978-4091241825)

第51巻

(2013年5月発行、 978-4091243027)

第52巻

(2013年8月発行、 978-4091243485)

第53巻

(2013年9月発行、 978-4091244048)

第54巻

(2013年11月発行、 978-4091244932)

第55巻

(2014年2月発行、 978-4091245618)

第56巻

(2014年5月16日発行、 978-4091246424)

第57巻

(2014年8月18日発行、 978-4091250780)

第58巻

(2014年9月18日発行、 978-4091251107)

第59巻

(2014年10月17日発行、 978-4091253194)

第60巻

(2014年11月18日発行、 978-4091253682)

第61巻

(2015年2月18日発行、 978-4091256270)

SHARE
EC
Amazon
logo