オロバス

灼眼のシャナⅢ-Final-(テレビアニメ)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
灼眼のシャナⅢ-Final-(テレビアニメ)
正式名称
オロバス
ふりがな
おろばす

総合スレッド

オロバス(灼眼のシャナⅢ-Final-)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

概要

橙色の炎を持つ紅世の徒で、真名は「獰暴の鞍」。「仮装舞踏会」に属するシュドナイの副官を務める一人。武器として長柄の斧を扱い、その資質は紅世の王にも匹敵するほど。戦闘時には青年と黒馬の姿を使い分ける。

登場人物・キャラクター

『灼眼のシャナ』に登場する異世界、紅世の住人。その呼称ははるか昔に人間の詩人が名づけられ、「徒」と縮めて呼ぶこともある。人間に似たような精神構造と性別を持ち、生物でいうところの生殖機能など根本的な性質...
『灼眼のシャナ』に登場する王。「紅世の徒」の中で大規模な存在の力を統御できる者を指す。「王」と縮めて呼ぶこともある。存在の大きさ故に、この世で顕現し続けるための「存在の力」も多く必要とする。
紅世の王で「仮装舞踏会」の幹部たる三柱臣が一柱「将軍」。炎の色は「濁った紫」。護衛の依頼を受け果たすことに喜びを見出しており、度々職務を外れて徒を守っている。真名は「千変」で名が指す通り様々な姿に変え...

関連キーワード

『灼眼のシャナ』に登場する「紅世の徒」の集団のこと。現代における最大級の規模を誇り、「三柱臣」と呼ばれる幹部を中心に組織されている。坂井悠二が持つ宝具「零時迷子」を巡って現在は暗躍している。

登場作品

「紅世の徒」と戦うフレイムヘイズのシャナと、紅世の秘宝・宝具「零時迷子」を秘めた特殊なトーチ「ミステス」である坂井悠二の二人。「仮装舞踏会」との戦いは終わったが、悠二が突然姿を消してしまう。 そして姿...