灼眼のシャナⅢ-Final-

灼眼のシャナⅢ-Final-

異世界の住人「紅世の徒」と異能力者「フレイムヘイズ」の間で人知れず繰り広げられる戦いを背景に、平凡な生活を送っていた高校生・坂井悠二と異能力者の一人であるシャナの日常と戦いを描く。電撃文庫のライトノベルを原作とする作品の第3期であり、前二作でアニメ化されていない原作の残りのエピソードを元に構成されている。

正式名称
灼眼のシャナⅢ-Final-
ふりがな
しゃくがんのしゃな すりー ふぁいなる
原作者
制作
J.C.STAFF
監督
渡部 高志
放送期間
2011年10月7日 〜 2012年3月23日
放送局
TOKYO MX
話数
30話
ジャンル
ファンタジー一般
 
アクション一般
 
バトル
関連商品
Amazon 楽天

概要

紅世の徒」と戦うフレイムヘイズシャナと、紅世の秘宝・宝具「零時迷子」を秘めた特殊なトーチミステス」である坂井悠二の二人。「仮装舞踏会」との戦いは終わったが、悠二が突然姿を消してしまう。

そして姿を消したはずの悠二は、何故か紅世の王としてシャナの前に現れる。

登場人物・キャラクター

主人公

小柄で外見年齢は11~12歳程、世情には疎い少女。「炎髪灼眼の討ち手」の称号を持つフレイムヘイズで、紅世の王・アラストールと契約している。炎の色は「紅蓮」。本名は不明で、「シャナ」は自身が名乗っていた... 関連ページ:シャナ

主人公

御崎高校の1年生である少年。実態は「既に亡い自分」の代替物「トーチ」であり、その中でも、紅世の秘宝中の秘宝、宝具「零時迷子」をその内に秘めた特殊な「ミステス」。普段は少し頼りないが、戦闘中には時折、周... 関連ページ:坂井 悠二

紅世の王

『灼眼のシャナⅢ-Final-』に登場する王。「紅世の徒」の中で大規模な存在の力を統御できる者を指す。「王」と縮めて呼ぶこともある。存在の大きさ故に、この世で顕現し続けるための「存在の力」も多く必要とする。

約束の二人

『灼眼のシャナⅢ-Final-』に登場する、ミステス「永遠の恋人」ヨーハンと、紅世の王・フィレスの二人を表す。ヨーハンが宿す宝具「零時迷子」の力によって二人の存在の力は保ち続けられ、誰にも干渉せず誰も喰らわない無害な存在として知られていた。

リベザル

「弁柄色」の炎を持つ紅世の王で、真名は「驀地祲」。言動が荒っぽく容姿は象ほどの大きさを持つ三本角のカブトムシ。「仮装舞踏会」に属しており、組織でも名の知れた巡回士でベルペオル直属の側近。 指揮官としても有能な百戦錬磨の将帥。

サウスバレイ

「群魔の召し手」の称号を持つフレイムヘイズ。「大地の四神」の一人で、亡者を指揮して戦うスタイルから四神としての呼称は「死者の道を指す男」。

ドミノ

紅世の王・ダンタリオンの燐子で、正式名称は「我学の結晶エクセレント28-カンターテ・ドミノ」。ダンタリオンを心から尊敬しており、助手としてサポートとツッコミを担当する。

レライエ

灰白色の炎を持つ紅世の徒で、真名は「朧光の衣」。「仮装舞踏会」に属しており、シュドナイの副官を務める一人。防御系の自在法「ニムロデの綺羅」を扱う優れた自在師でもある。オロバロスとは正反対の砕けた性格だが、コンビ仲は良い。

レベッカ・リード

ショートヘアで細身の美人。短気なところもあるが面倒見がよく、部下からは慕われている。「輝爍の撒き手」の称号を持つ百戦錬磨の強力なフレイムヘイズ。ヴィルヘルミナ・カルメル]やマージョリー・ドーとは数百年来の知り合い。

仮装舞踏会

『灼眼のシャナⅢ-Final-』に登場する「紅世の徒」の集団のこと。現代における最大級の規模を誇り、「三柱臣」と呼ばれる幹部を中心に組織されている。坂井悠二が持つ宝具「零時迷子」を巡って現在は暗躍していたが、とうとうヘカテーが奪い取ることに成功する。

長身で抜群のプロポーションを持つ美女だが、酒好きで非常に酒癖が悪い。「弔詞の詠み手」の称号を持つフレイムヘイズ屈指の殺し屋で、紅世の徒からは「恐怖の代名詞」「死の同義語」と称され恐れられている。 マル... 関連ページ:マージョリー・ドー

マモン

「黄檗色」の炎を持つ強大な紅世の王で、真名は「冀求の金掌」。普段は貫禄に溢れ穏やかだが、指揮を執る際には冷徹な見識を見せる。「仮装舞踏会」に所属し、物体を引き寄せ押し退ける自在法「貪恣掌」を使う。 その実力故に、上位クラスのフレイムヘイズからも非常に警戒されている。

ウアル

「桧皮色」の炎を持つ紅世の王で、真名は「駝鼓の乱囃」。直立したヒトコブラクダのような容姿をしている。「仮装舞踏会」所属でフェコルーの部下。無数の蜂を操る自在法「ビト」を使う。

真名は「天壌の劫火」で通称アラストール。シャナにフレイムヘイズとしての能力を与えている紅世の王であり、その中でもとびぬけた力を有する。有炎の色は「紅蓮」。シャナの体内に本体がいるためペンダント型の神器... 関連ページ:アラストール

『灼眼のシャナⅢ-Final-』において紅世の王と契約を交わし、異能を得た元人間の総称。世界の歪みが累積することにより、この世と紅世の双方に大災厄が起きると一部の紅世の王たちが予測し、同胞である徒を止... 関連ページ:フレイムヘイズ

サブラク

「茜色」の炎を持つ紅世の王で、真名は「壊刃」。強大なフレイムヘイズをも倒すほどの力を保持しており、依頼により標的の抹殺を請け負う殺し屋。

三柱臣

『灼眼のシャナⅢ-Final-』に登場する「仮装舞踏会」を束ねる3人の幹部「巫女」ヘカテー、「参謀」ベルペオル、「将軍」シュドナイを指す。上下関係は特にないが、実質「参謀」ベルペオルが組織を指揮している。

燐子

『灼眼のシャナⅢ-Final-』に登場する「紅世の徒」の下僕。この世の物体に「存在の力」を吹き込むことで生まれ、その際の姿形や機能は主の趣味や技量、対象物によって変わる。人の存在の力を喰らい集めることはできるが、自身の力には還元できず、主から力の供給を受けないと存在を維持できない。

ストラス

「縹色」の炎を持つ紅世の徒で、真名は「翠翔」。「仮装舞踏会」に所属する古株の布告官(ヘロルト)。鳥人のような容姿をしており、大きく張った胸に不気味ながある。しかし、姿とは反して性格は非常に律儀で礼儀正しく温厚なため紅世の徒からの人望を得ている。

「銀色」の炎を持つ紅世の徒で、一切の詳細は不明。周りからはその炎の色から「銀」と呼ばれている。数百年前に当時まだ人間だったマージョリーの前に突如現れ、彼女の周りの人間を喰い尽くしたあと、忽然と姿を消す。

吉田 一美

坂井悠二のクラスメイト。健気で献身的、純朴な性格で、平井ゆかりとは大の友人。悠二に対して好意を抱き、シャナと悠二の密な関係をなんとなく察しては気を揉んでいる。

センターヒル

「大地の四神」の一人で「皓露の請い手」の称号を持つフレイムヘイズ。広範囲に影響力のある豪雨の結界を張る自在法「トラロカン」を使い、その中では圧倒的な戦闘力を発揮し、瞬間移動できる。

フランソワ・オーリック

「姿影の派し手」の称号を持つフレイムヘイズ。水を操る自在法を持ち、川や水脈、雪などを利用して遠距離との干渉や会話を行うことがる。ある一定範囲の天候制御や予測も可能。

キアラ

「極光の射手」の称号を持つフレイムヘイズで、炎の色は「オーロラ」。「破暁の先駆」ウートレンニャヤと「夕暮の後塵」ヴェチェールニャヤの姉妹二人一組の一風変わった紅世の王と契約している。「鬼功の繰り手」の称号を持つフレイムヘイズ「サーレ」の弟子であり、恋人。

ゾフィー・サバリッシュ

紅世の王・タケミカヅチと契約している、「震威の結い手」の称号を持つフレイムヘイズ。40歳過ぎの修道女の容姿をしているが、口調や振る舞いに幼い部分がある。瞬間的な攻撃力はトップクラスだが、持久力がない。

オロバス

橙色の炎を持つ紅世の徒で、真名は「獰暴の鞍」。「仮装舞踏会」に属するシュドナイの副官を務める一人。武器として長柄の斧を扱い、その資質は紅世の王にも匹敵するほど。戦闘時には青年と黒馬の姿を使い分ける。

ミステス

『灼眼のシャナⅢ-Final-』において、紅世の秘宝である「宝具」を身内に宿したトーチの名称。別名「旅する宝の蔵」。宿主であるトーチが消滅すると、宝具は次のトーチへとランダムに転移する。

佐藤 啓作

御崎高校の1年生。坂井悠二のクラスメート。家は御崎市指折りの旧家であり、お金持ち。田中栄太とは中学時代からの友人で、二人でつるんでかなり荒れた生活をしていた。田中と共にマージョリー・ドーに協力をしている。

坂井 千草

坂井悠二の母親で坂井貫太郎の妻。専業主婦をしており、シャナを悠二の彼女と思い込み、何かと面倒を見る。おっとりしているが押しは強く、紅世の王・アラストールも一目置く聡明さを備える。 夫婦仲はとても良い。

田中 栄太

御崎高校の1年生。坂井悠二のクラスメート。大柄。佐藤啓作とは中学時代からの友人で、二人でつるんでかなり荒れた生活をしていた。佐藤と共にマージョリー・ドーに協力をしており、マージョリーのことを「姐さん」と呼び慕っている。 夏祭りで告白されて以来、緒方真竹のことを憎からず想っている。

ラミー

人を喰らわない珍しい紅世の徒で、炎の色は「深緑」。マージョリー・ドーに討滅されかけたところをシャナに救われる。銀の正体を知る者の一人。

ザムエル・デマンティウス

「犀渠の護り手」の称号を持ち、集団戦に特化した自在法を操る強力なフレイムヘイズ。軍人という経歴のためか非常に堅苦しい性格。600年に渡って生き、「孤児(シロッツィ)」の異名がある。

プルソン

「獅子吼」と「ファンファーレ」の二つの自在法を使った衝撃波攻撃を得意とする紅世の王で、真名は「哮呼の狻猊」。「仮装舞踏会」に所属しており、歴戦の強大な王で指揮官として有能なためフェコルーからも信頼されている「星黎殿」守備隊随一の使い手。

マルコシアス

マージョリー・ドーにフレイムヘイズとしての力を与えている紅世の王で、真名は「蹂躙の爪牙」。炎の色は「群青」。本体はマージョリーの体内におり、マージョリーが持つ本型の神器「グリモア」を通じて意思のみを顕現させている。 下品で耳障りな声で笑う戦闘狂。マージョリーとはどつき漫才を介して深い友情を抱き合う。

「儀装の駆り手」の称号を持つフレイムヘイズで、この世の歪みを矯正してバランス崩壊による災厄を未然に防ぐ、世界でも数少ない「調律師」。ベヘモットと契約しており炎の色は「褐色」。容姿は10歳に満たないほど... 関連ページ:カムシン・ネブハーウ

ベヘモット

カムシン・ネブハーウにフレイムヘイズとしての力を与えている紅世の王で、真名は「不抜の尖嶺」。炎の色は「褐色」。カムシンの左腕に巻かれたガラスの飾り紐型の神器「サービア」を通じて意思のみを顕現させている。 老人特有の嗄れ声で喋り、常に使命の遂行を第一に考えている。

デカラビア

「鉄色」の炎を持つ紅世の王で、真名は「淼渺吏」。細身の大魚無のような容姿をしており、合理的主義者。「仮装舞踏会」に所属しており、特殊な自在法「プロビデンス」を扱う自在師。シュドナイからも一目置かれているほどの実力と遂行任務力の高さを誇る。

パラ

紅世の徒で、真名は「輿隷の御者」。紅世の徒の運び屋集団「百鬼夜行」に属する。団内での役割は運転手。

ピルソイン

「菖蒲色」の炎を持つ、子供のような姿をしている紅世の徒で、真名は「蠱溺の盃」。「仮装舞踏会」所属の名の知れた捜索猟兵。悪名高き自在法「ダイモーン」を使う優れた自在師で、相棒のリベザルと共に多数の功績を挙げている。

ダンタリオン

「バカのように白けた」緑色の炎を持つ紅世の王で、通称「教授」。興味の対象がいろいろと変わり言動が突拍子もないため、紅世の徒でも相当な変わり者として知られている。研究・開発・実験に執着しており、自身が構築した「我学」と呼ぶ理論体系と数多くの発明品を持つ。

坂井 貫太郎

坂井悠二の父親で坂井千草の夫。海外赴任で長く家を空けている。茶目っ気にあふれ、妻からは「優しくてかわいい人」と評されており、夫婦仲はとても良い。

ティアマトー

ヴィルヘルミナ・カルメルにフレイムヘイズとしての力を与えている女性の紅世の王で、真名は「夢幻の冠帯」。炎の色は「桜色」。ヴィルヘルミナが身につけているヘッドドレス型の神器「ペルソナ」を通じて意思のみを顕現させている。 ヴィルヘルミナよりも無愛想で、四字熟語を用いることが多い。

シュドナイ

紅世の王で「仮装舞踏会」の幹部たる三柱臣が一柱「将軍」。炎の色は「濁った紫」。護衛の依頼を受け果たすことに喜びを見出しており、度々職務を外れて徒を守っている。真名は「千変」で名が指す通り様々な姿に変えて戦う。 その力は最強クラスの強さを誇り、古来から数えきれないほどのフレイムズを倒してきている。

御崎高校の1年生。坂井悠二のクラスメートで、女子バレー部ではレギュラーを務めている。「格好いい」に分類される整った顔立ちをしており、快活に場を盛り上げるムードメーカー。田中栄太に恋心を抱いており、夏祭... 関連ページ:緒方 真竹

アーネスト・フリーダー

「骸軀の換え手」の称号を持つフレイムヘイズ。常に冷静沈着で指揮官として秀でており、狡猾な策を弄する策士。レベッカ・リードと長年の付き合いがある。

フィレス

黄緑色の長髪と瞳を持ち、自在法「風の転輪」を扱う紅世の王。「琥珀色」の炎を持ち、真名は「彩飄」。「約束の二人」の片割れであり、吉田一美に宝具「ヒラルダ」を渡した。

虞軒

「剣花の薙ぎ手」の称号を持つ東洋屈指の強力なフレイムヘイズ。直剣型の神器「昆吾」を扱い、太刀さばきは神速並。ヴィルヘルミナとゾフィの知己である。

ヨーハン

「零時迷子」の本来の持ち主である「ミステス」。「零時迷子」の中に封じられており、宝具の能力である午前零時に存在の力が回復するため消滅せずに永遠の17歳までである。「約束の二人」の片割れ。

礼儀正しくて義理堅い性格の、メイド姿をしている少女。生真面目が過ぎく融通が利かないが、本質的には非常に情け深く感情的。「万条の仕手」の称号を持つフレイムヘイズで、ティアマトーと契約しており炎の色は「桜... 関連ページ:ヴィルヘルミナ・カルメル

ベルペオル

「金色」の炎を持つ紅世の王で、真名は「逆理の裁者」。すらりとした長身に穏やかな風貌の美女で、年寄り染みた口調で話す。「仮装舞踏会」の幹部たる三柱臣が一柱の「参謀」であり、「大命」成就のためには味方でも敵でも関係なく利用して確実に目的へ近づく。

自在師

『灼眼のシャナⅢ-Final-』に登場する「自在法」に長けた者のこと。マージョリー・ドーなどが該当する。

ロフォカレ

紅世の徒で、真名は「笑謔の聘」。「仮装舞踏会」の協力者だが関わりが薄いため空気のような存在。「千里眼」の自在法を持ち、優れた探知・索敵能力を発揮する。

フェコルー

「臙脂色」の炎を持つ紅世の王で、真名は「嵐蹄」。強大な存在の力を持つが、王とは思えないほど腰が低く、その風貌は貧相な中年サラリーマンのような風貌に角・尻尾・翼と悪魔めいた特徴を併せ持ったかのような奇妙なもの。 ベルペオルの補佐であり、戦いの場には滅多に出てこない。

ハボリム

「楝色」の炎を持つ、誰もが認める腕利きの紅世の王で、真名は「煬煽」。ガスマスクを付けた双頭で、体はボロマントで覆っている。組織の最前線に立つ実戦派で、百戦錬磨の卓越した将帥。その実力故に、フレイムヘイズからも非常に警戒されている。

『灼眼のシャナⅢ-Final-』において、人間が持つ存在の力を徒が喰らう際にあえて少量残し、それを加工することによって作られる代替物。これにより人や世界との繋がりを当面保つことにより、存在の力が消滅す... 関連ページ:トーチ

『灼眼のシャナⅢ-Final-』に登場する異世界、紅世の住人。その呼称ははるか昔に人間の詩人が名づけられ、「徒」と縮めて呼ぶこともある。人間に似たような精神構造と性別を持ち、生物でいうところの生殖機能... 関連ページ:紅世の徒

天目一個

大太刀「贄殿遮那」を打ち上げた刀匠が、それを託すにふさわしい強者を求め「ミステス」と化したもの。炎の色は最後に喰らった紅世の徒のもので、現在は「浅葱色」。

ヘカテー

氷像のように無機質で、繊細な容貌の少女。その声音も平淡であるが、感情を露わにすることも多い。その正体は紅世の王であり、真名は「頂の座」。炎の色は「明るすぎる水色」。三柱臣が一柱の「巫女」として、「仮装舞踏会」の幹部を務めている。 力の許容量が限りなく大きく、常に満たされたいという渇望を抱いている。

ゼミナ

竜胆色の炎を持つ紅世の徒で、真名は「坤典の隧」。徒の運び屋集団「百鬼夜行」に属し、用心棒を務める。武器としてごついツルハシを常備している。

池速人

御崎高校の1年生。坂井悠二のクラスメートで、中学時代からの友人。「メガネマン」の通称で呼ばれている。クラス委員を務め、得意な勉強を初めとして概ね何でもそつなくこなすことから、各方面で頼りにされている。 吉田一美に好意を持っており、クリスマスイブに告白するが振られてしまう。

場所

星黎殿

『灼眼のシャナⅢ-Final-』に登場する「仮装舞踏会」の本拠地。異空間の宮殿。

紅世

『灼眼のシャナⅢ-Final-』に登場する異世界。この世の「歩いてゆけない隣」に存在し、独自の物理法則によって成り立っているため五感が意味を成さない。はるか昔に人間の詩人が徒から紅世の情景を聞き、名づけたこの名称が広まり定着した。

その他キーワード

捜索猟兵

『灼眼のシャナⅢ-Final-』に登場する「仮装舞踏会」における兵種の一つ。情報収集と探索に当たる。

自在法

『灼眼のシャナⅢ-Final-』に登場する紅世の徒やフレイムヘイズが存在の力を自在に操る術の総称で、これにより様々な現象を引き起こす。この力を発動させる際には自在式と呼ばれる紋様が展開される。

巡回士

『灼眼のシャナⅢ-Final-』に登場する「仮装舞踏会」における兵種の一つ。戦闘行動に当たる。

宝具

『灼眼のシャナⅢ-Final-』に登場する道具。紅世の秘宝とされ、存在の力を込めることで機能する。この世と紅世の狭間に存在する物体であり、徒と人間の両者が望まないと作り出せない。坂井悠二が内に秘める「零時迷子」などの種類がある。

存在の力

『灼眼のシャナⅢ-Final-』において人間や動物、物質などが持つこの世に存在するために必要とされる根源的エネルギー。紅世の徒は、この力を近しい存在である人間から奪うことで、己の身を現す。

クレジット

原作

高橋弥七郎

キャラクター原案

いとうのいぢ

監督

シリーズ構成

総作画監督

大塚 舞 ,井本由紀

音楽

大谷幸

アニメーション制作

J.C.STAFF

関連外部リンク

SHARE
EC
Amazon
logo