タブロウ・ゲート

タブロウ・ゲート

孤独な少年氷川サツキがタロット画集タブレットに触れたことから、タブレット内の住人のタブロウが外界に解き放たれてしまう。それをタブレット管理人のおてんばな少女レディと共に追っていく現代ファンタジー。2015年8月現在「月刊プリンセス」誌上で連載中。22の大アルカナのなかにはいまだ登場していないタブロウも存在する。

正式名称
タブロウ・ゲート
作者
ジャンル
ファンタジー一般
 
バトル
レーベル
プリンセスコミックス(秋田書店)
巻数
既刊19巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

祖父から勘当され楯濱町に越してきた孤独な少年氷川サツキは、荷物の中に見覚えのない画集があるのを見つける。それを開くと閃光と共に人影が現れ、夜の闇に消えていった。その直後、部屋に1人の少女が乱入してくる。少女はレディと名乗り、サツキがタブレットからタブロウを逃がしてしまったと言う。サツキが開いた画集はタブレットというアルカナを模した、22人の精霊のような存在のタブロウを封印したものだったのだ。

サツキレディは、唯一残った太陽のタブロウ「アレイスター」、そして最初に取り戻した月のタブロウ「エリファス」と共にタブロウたちの行方を追う。そのなかでタブレットを作った創造人、自ら死神のタブロウに殺されることを望んだ先代管理人、そして彼女とうり二つの外見を持つ謎の少女イレイズ、さらに自ら意思を持つタブロウたちによるタブレットをめぐる戦いが始まるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

盾濱町の男子校に通う一年生。イギリスで生まれ育ったが祖父に勘当され、盾濱町へ越してきて一人で暮らしていた。偶然触れたことでタブレットの封印を解いてしまい、タブレット管理人とタブロウ達による争いに巻き込... 関連ページ:氷川 サツキ

主人公

金髪をポニーテールにした小柄な少女。タブレット管理人であり、行方不明になったタブレットを見つけるために盾濱町を訪れた。氷川サツキの住む館でタブレットを見つけるがタブロウ達には逃げられてしまい、それら全... 関連ページ:レディ

長い黒髪のミステリアスな少女。タブレット管理人を名乗り、実際にタブロウを従える力を持っている。タブロウをこの世から消し去ってしまうことが目的だとレディや氷川サツキに語る。メイザースに対して主従を超えた... 関連ページ:イレイズ

タブロウを作り出した正体不明の男性。心優しい性格でタブロウ達から慕われていた。タブロウの負った重傷を瞬時に治療することが出来たが、瀕死のアレイスターを無理して治療した際に自らも重傷を負ってしまう。その... 関連ページ:創造人

アレイスター

太陽のタブロウで、赤い髪の青年の姿をしている。武器は用いず、拳での戦闘を好む。過去に瀕死の重傷を負った際、創造人の生命力と引き換えに命を救われており、一部のタブロウからは彼が創造人を殺したのだと非難されている。その経験がトラウマになっていて、自分のマスターが傷つくことに対し過剰な反応を見せる。

エリファス

月のタブロウで、長い金髪の青年の姿をしている。他のタブロウから剣聖と呼ばれるほどの剣技を持つ。先代のタブレット管理人に恋をしていたが、最後までその思いは受け入れられなかった。メイザースによって先代管理人が殺害される所を目撃した唯一の人物。

メイザース

死神のタブロウで、鎧を纏った人型の姿をしている。最強のタブロウと呼ばれていたが、先代のタブレット管理人を殺害した罪により身体が朽ち果て、衰弱している。訳あって先代管理人を殺したのだが、その理由を他のタブロウには明かそうとしない。タブレットから逃げ出し、イレイズに仕えている。

場所

盾濱町

『タブロウ・ゲート』に登場する架空の町。日本にある町で劇中の主な舞台。氷上サツキの住む館がある。海の近くにあるごく普通の町だったが、逃げ出したタブロウのせいで異常気象に見舞われることになる。

その他キーワード

タブレット

『タブロウ・ゲート』に登場する架空の書物。タロットの大アルカナ22種のイラストが1ページに1枚ずつ描かれた画集。イラストの中には各タブロウが保管されており、タブレット管理人が強い意志で念じることによっ... 関連ページ:タブレット

タブロウ

『タブロウ・ゲート』に登場する設定。タロットの大アルカナに対応した22人が存在し、いずれも人間と比べて強大な力を持っている。普段はタブレットの中にイラストとして保管されていて、自身を現世に呼び出した人... 関連ページ:タブロウ

書誌情報

タブロウ・ゲート 既刊19巻 秋田書店〈プリンセスコミックス〉 連載中

第1巻

(2008年1月発行、 978-4253196017)

第2巻

(2008年8月発行、 978-4253196024)

第3巻

(2008年12月発行、 978-4253196031)

第4巻

(2009年6月発行、 978-4253196048)

第5巻

(2009年12月発行、 978-4253196055)

第6巻

(2010年5月発行、 978-4253196062)

第7巻

(2010年10月発行、 978-4253196079)

第8巻

(2011年5月発行、 978-4253196086)

第9巻

(2011年9月発行、 978-4253196093)

第10巻

(2012年4月発行、 978-4253196109)

第11巻

(2012年10月発行、 978-4253196260)

第12巻

(2013年5月発行、 978-4253196277)

第13巻

(2013年12月発行、 978-4253196284)

第14巻

(2014年7月発行、 978-4253196291)

第15巻

(2014年12月発行、 978-4253196307)

第16巻

(2015年7月発行、 978-4253272711)

第17巻

(2016年1月発行、 978-4253272728)

第18巻

(2016年8月16日発行、 978-4253272735)

第19巻

(2017年3月16日発行、 978-4253272742)

SHARE
EC
Amazon
logo