テンドウ禅師

テンドウ禅師

鉄拳チンミ(漫画)の登場人物。読みは「てんどうぜんし」。

登場作品
鉄拳チンミ(漫画)
正式名称
テンドウ禅師
ふりがな
てんどうぜんし
関連商品
Amazon 楽天

概要

四川省大林寺で行われる厳しい修業「深山行」を指導する禅師。深山行は参加するだけでも難しく、今回参加できたのはチンミだけ。そのチンミに対し、釣りや座禅などを通して精神修業させていく。修業中のある日、谷に落ちたチンミは足にケガをして谷から出られなくなった。さらにその谷は、大群のマムシの棲家となっていた。

ちょうどそのとき、テンドウ禅師が現れたが、禅師はチンミを助けることなく冷たく去って行った。チンミはこの苦境をどう凌ぐか考え、日ごろの座禅の修業や、禅師の言葉を思い出す。そして、自ら無心となって岩のようになり、マムシが体の上を通り過ぎるのを待って、その場を切り抜けたのだった。

呼力流弾拳(こりきりゅうだんけん)の使い手で、これを使えば、相手の力を利用して、指一本触れずに相手を投げ飛ばせる。

関連人物・キャラクター

チンミ

姉のメイリンと中華料理店を営む少年。眉毛によって隠れているが、眉間にホクロがある。自己流の拳法を使い、かなり強い。たとえば、薪割りは素手で行い、いきなりお箸まで作ることができる。また、水汲みをするとき... 関連ページ:チンミ

関連キーワード

大林寺

四川省に建つ、大林寺拳法の総本山。チンミ、ジン・タン、リュウカイ、老師、大僧正が所属する。大林寺には、建立百年目に、大林寺拳法を極めた「拳精」が若くして姿を現すという伝承がある。そして、その者には眉間... 関連ページ:大林寺

呼力流弾拳

『鉄拳チンミ』に登場する技、拳法。四川省大林寺の「深山行」を指導するテンドウ禅師が使う技。相手の力を利用して、指一本触れずに投げ飛ばす。相手の力が強いほど、その威力は増すという。 関連ページ:呼力流弾拳

登場作品

鉄拳チンミ

中国四川省にある大林寺には、ある伝説があった。大林寺建立百年にいたった現在、大林寺拳法を極めた「拳精」の素質をもつ若者が姿を現すという。大林寺の老師は、偶然出会った姉のメイリンと中華料理店を営むチンミ... 関連ページ:鉄拳チンミ

SHARE
EC
Amazon
logo