ニューイヤー星調査行

ニューイヤー星調査行

藤子・F・不二雄によるSF短編の1作。ある仮説を証明しようと熱心な博士を通して、真実とはときに残酷であることをアイロニカルに描く。

正式名称
ニューイヤー星調査行
作者
ジャンル
SF一般
レーベル
藤子・F・不二雄大全集(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

宇宙の辺境に存在するニューイヤー星バンボルグ博士は「宇宙にいくつか存在する人類の祖先は、すべてニューイヤー星から飛び立ったもの」という仮説を打ち立てるために、調査隊を率いてこの地を訪れていた。ニューイヤー星の住人たちも調査には協力的で、やがて仮説を裏付ける決定的な証拠を発見。大喜びするバンボルグ博士だったが、博士の助手は真実を知らされて衝撃を受ける。

登場人物・キャラクター

主人公

バンボルグ博士が敢行したニューイヤー星の現地調査への参加を熱望した青年。作中に名前は登場しない。ニューイヤー星の少女と交流を持ち、バンボルグ博士の説を裏付ける大発見へと導かれる。 関連ページ:助手

ニューイヤー星の神話をもとに、宇宙に存在するすべての人類のルーツがニューイヤー星にあるのではないかという仮説を立てる。そして学者生命を賭け、ニューイヤー星の現地調査団を率いる。 関連ページ:バンボルグ博士

ニューイヤー星調査団のひとり。かつてバンボルグ博士の説に大きな刺激を受けていたが、現在は非現実的だと感じている。 関連ページ:イケガミ博士

ニューイヤー星調査団のひとり。地質学者。バンボルグ博士のことを、科学者ではなく童話作家だとまで言い切る。しかし、高額の報酬を目当てに調査隊に参加。職務は誠実にこなしている。 関連ページ:ロッシュ博士

『ニューイヤー星調査行』に登場する異星人。原始的な生活を営んでいる。見た目は地球人とほぼ同じ。感情をほとんど表に出さない非常に温厚な性格で、効率ということには無頓着。樹状に生息するこの惑星の生物に呼び... 関連ページ:ニューイヤー星の住人

場所

ニューイヤー星

『ニューイヤー星調査行』の舞台となる惑星。ロルカル系第3惑星。地球から6万光年離れた位置に存在する。ネーミングの由来は、フダラク探査隊がこの惑星に初めて降り立ったのが2133年1月1日だったため。その... 関連ページ:ニューイヤー星

SHARE
EC
Amazon
logo