ヘロデ・アンティパス王

砂漠の女王(漫画)の登場人物。ヨハネとはライバル関係。サロメとは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
砂漠の女王(漫画)
正式名称
ヘロデ・アンティパス王

総合スレッド

ヘロデ・アンティパス王(砂漠の女王)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

クレオパトラを追いやったひとりヘロデ王の息子でありサロメの父親である。異母兄の妻であったヘロディアを妻としたことで姦淫の罪であるとヨハネに指摘されたことでヨハネを牢獄へ入れる。実在の歴史上の人物、ヘロデ・アンティパスをモデルとしている。

登場人物・キャラクター

古代ユダヤの宗教家。洗礼者としてイエスらに洗礼を授けた。ユダヤ解放の救世主として反乱の罪でヘロデ・アンティパス王に牢獄に入れられる。民衆の暴動を怖れて殺されはしなかったヨハネだったが、サロメの暗躍でテ...
パレスチナの領主ヘロデ・アンティパスとヘロディア妃の娘。踊りがうまく心の素直な優しい女性だったが、16歳の時にクレオパトラの転生した魂が覚醒する。ローマ軍の兵士ティゲリヌスに好意をよせていたが、覚醒し...

登場作品

紀元前31年、ローマ軍に敗れたエジプトの女王クレオパトラは、永遠の若さと美貌を追い求めて、古代エジプトの王家に伝わるバア転生の秘法を求めてコブラの毒を飲み自害する。それから数十年後クレオパトラはサロメ...