メダロット

メダロット

ゲームボーイソフト『メダロット』シリーズを原作とした、子供向けテレビアニメ。『メダロットⅡ』の主人公イッキと愛機メタビーを主役に、学生運動や暴走族といった、子供には解らないようなネタも含みながら、熱い魂のバトルを通じた、頭脳となる六角形の人工知能メダルを搭載したロボットと、子供たちとの絆を描く友情物語。本作は1999年7月2日から2000年6月30日まで放映され、続編として『メダロット魂』が2000年7月7日から2001年3月30日まで放映された。

正式名称
メダロット
ふりがな
めだろっと
制作
Bee Train
監督
岡村 天斎
放送期間
1999年7月2日 〜 2000年6月30日
放送局
テレビ東京
話数
52話
ジャンル
バトル
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

頭脳となる六角形の人工知能メダルによって起動する、子供向け玩具ロボット「通称メダロット」を戦わせるバトル「ロボトル」が大ブーム。ほとんどの子供が持っている中、メダロットを持っていなかった天領イッキは、河原で一枚の人工知能メダルを拾い、超旧式パーツのメタルビートルを格安で購入。

ようやく愛機メタビーを手に入れる。メタビーは所有者であるイッキの命令を無視することもあるが、喧嘩をしながらもロボトルを繰り返し強い絆で結ばれ、古代文明の遺産レアメダルを狙うロボロボ団と死闘を繰り広げる。

登場人物・キャラクター

天領 イッキ

『メダロット』の主人公の一人。ギンジョウ小学校に通う男の子。超旧式のカブトムシ型メタルビートルに、河原で拾った人工知能メダルを搭載したメダロット「メタビー」が相棒。強い自我を持つメタビーとは、喧嘩とロボトルを繰り返す内に強い絆で結ばれる。 学校の成績は悪いが、ロボトルでは頭が冴え数々の戦術が閃く。行く先々で様々なロボトルを経験し、いつの間にか全国ロボトルランキング第3位となる。

メタビー

『メダロット』の主人公の一人。イッキの相棒のメダロット。超旧式のカブトムシ型メタルビートルに、イッキが河原で拾った頭脳となる六角形のメダルを搭載。製品こそ古いが、超攻撃型のメダロット。 当初は未熟なメダロッターであるイッキを相棒とは認めなかったが、喧嘩とロボトルを繰り返す内に絆を深める。実はイッキが拾ったメダルは古代文明の遺産レアメダルで、必殺技メダフォースを放つことができる。

甘酒 アリカ

ギンジョウ小学校に通う女の子。イッキの友達。常にカメラを持ち歩き、イッキやメタビーを連れ回しながら特ダネを追い続ける、好奇心の塊のようなジャーナリスト志望。新聞部員だが部員は彼女しかいない。 ロボトルの実力もそこそこ高く、相棒の女子高生型メダロットブラスは、メタビーと組んで強敵に勝利したことがある。

キクヒメ

ギンジョウ小学校に通う女の子。イッキのライバルの一人。悪ガキ集団スクリューズのリーダーで、相棒のメダロットはネコ型メダロットペッパーキャット。常に強気の姉御肌である一方、バレエを習っていたり、恋をしたりと女の子らしい面もある。 ロボトルの実力は高く、全国ロボトルランキングは87位。宇宙メダロッターXの代理の一人となって世界大会に出場した。

カガミヤマ

ギンジョウ小学校に通う男の子。悪ガキ集団スクリューズの第二のメダロッター。口数は少ないが、相棒の亀型メダロットイエロータートルを操り、キクヒメと共にロボトルで白星を稼ぐ実力者。 宇宙メダロッターXの代理の一人となって世界大会に出場した。

イワノイ

ギンジョウ小学校に通う、イッキの悪友。悪ガキ集団スクリューズの第三のメダロッターで、相棒のメダロットは犬型メダロットシアンドック。キクヒメとカガミヤマが白星を稼ぐなかで、一人だけ黒星を連発。 日本全国で300万人もいるメダロッターの中で、最下位になったことがある。宇宙メダロッターXの代理の一人となって世界大会に出場した。

辛口 コウジ

花園学園に通う小学生。イッキのライバルの一人。相棒のメダロットはサーベルタイガー型のスミロドナッド。金持ちのお坊ちゃん風だがロボトルの実力は高く、全国ロボトルランキングでは2位。 イッキに対しては友情と共に強いライバル意識を持ち、イッキやメタビーが成長する度に自分を鍛えなおしていく。

純米 カリン

花園学園に通う小学生。イッキの友達。メダロット博士の姪。かなり世間知らずで天然な面が強い金持ちのお嬢様。相棒のメダロットはセイントナース。イッキとコウジから想いを寄せられている。 宇宙メダロッターXの代理の一人となって世界大会に出場した。

あがた ヒカル

イッキの友達で、近所のコンビニの店員。イッキにメタルビートルを売った人物。普段は冴えない青年だが、レアメダルを追う怪盗レトルトと全国ロボトルランキング第1位である宇宙メダロッターXという、第二、第三の顔を持つ。 三者が同一人物と知っているのはメダロット博士のみ。相棒のメダロットはヘラクレスオオカブト型のアークビートル。

ロクショウ

ぼろぼろのマントを羽織り、旅をしている、持ち主の居ないメダロット。メタビーのライバルの一人。ボディはクワガタムシ型のメダロットヘッドシザース。生きとし生ける者の生態や自然のシステムを愛するハードボイルドな性格。 彼のメダルもレアメダルで、メダフォースを放つことができる。昔はメダロット博士やヘベレケの師匠である節原源五郎のもとにいた。

秋葉原

カリンの叔父。メダロットの開発・販売を担うメダロット社の社長。イッキ達にメダロットに関する様々な助言を行う。節原源五郎の弟子で、彼の理論を応用して現在のメダロット達を作り出した。 同じ節原源五郎の弟子だったヘベレケは、ロボロボ団の首領になっている。

天領 チドリ

イッキの母親。マイペースでやや天然な性格のお母さん。子供の教育方針はやや放任主義だが、イッキが離ればなれになったメタビーを探しに行くにあたって学校をずる休みした際も、「大切な友達を失うかどうかの瀬戸際」という理由を校長に話す理想的な母親。

サケカース

ロボロボ団の一人。大人になっても、世界征服を夢見て傍迷惑な悪事をし続ける駄目人間。メタビーのレアメダルを狙い、イッキとは何度も戦う。自分こそがロボロボ団のリーダーだと思っていたが、実は下っ端と知り強いショックを受ける。 メダロット社へ潜入した際に出会ったカラスミに恋心を抱き、足を洗おうと考えたが、些細なすれ違いで失恋したと思い込み、悪の道へと戻っていく。相棒のメダロットは新撰組型のシンセイバー。

カラスミ

メダロット社の女性社員。有事にメダロット博士に様々な情報を伝える重要人物。宇宙メダロッターXの代理の一人となって世界大会に出場し、イッキ達と共闘した。何故かナラヅケと名乗って社内に潜入していたサケカースに恋心を抱く。 その想いは彼の正体がロボロボ団と知った後も続き、彼を振り向かせようと猛アタック。遂にロボロボ団の一員になってしまう。相棒のメダロットは悪魔型のベルゼルガ。

ミスターうるち

世界メダロット協会日本支部所属の公式審判。ロボトルが始まると見るや、どこからともなく出現してイッキ達が行うロボトルの審判を務める。登場方法はその場所に応じたコスチュームやギミックを工夫して行っており、異様に派手な演出も多い。 真剣ロボトルが始まる際の決まり文句は、「合意と見てよろしいですね?」「ロボトルぅー、ファイトぉー!」。

ヒヨコ売り

路上でヒヨコを売っている中年男性。イッキをはじめとした登場人物が袋小路に陥ると現れ、抱えている問題に対して助言を与える。内容は一見抽象的且つ的外れなものに思えるが、結果的に子供達の道標となっている。 子供に対する大人のあるべき姿を明確にしており、時には大人に対しても助言を与える。

ヴィクトル

世界大会におけるケニア代表チームのリーダーであり、世界最強のメダロッター。浅黒い筋肉質体に禿頭という、威圧感のあるビジュアルに加え、ロボトルにおける指示も硬質的で正確無比。高いロボトルの才能を持つが、メダロットに対して情を持たず、相棒のライオン型メダロットウォーバニットのことも、戦闘のための道具としか思っていない。 メダロットとの友情を信じるイッキと対立。世界大会決勝戦で死闘を繰り広げる。

メダロット

『メダロット』に登場する、子供向け玩具ロボット。頭脳となる六角形の人工知能メダルによって機動するロボット。メダルと、骨に相当するティンペット、頭部、右腕、左腕、脚部パーツで構成される。 パーツの付け替えによる戦術の幅は無限大。頭脳にあたるメダルは、遺跡より発掘される古代文明の遺産で、オリジナルのレアメダルと、メダロット社で培養された人工メダルがある。レアメダルは必殺技メダフォースを放つことができ、ロボロボ団はこれを狙っている。 イッキが拾ったメダルもレアメダルだった。

クレジット

企画

杉山豊

原案

メダロット社

監督

シリーズ構成

作画監督

古川尚哉

音楽

手塚理

アニメーション制作

Bee Train

SHARE
EC
Amazon
logo