ヨーセン道士

ヨーセン道士

鉄拳チンミ(漫画)の登場人物。読みは「よーせんどうし」。

登場作品
鉄拳チンミ(漫画)
正式名称
ヨーセン道士
ふりがな
よーせんどうし
関連商品
Amazon 楽天

概要

竜泉の東林寺の道士。高齢だが、いつも酒場で飲んだくれている男。しかし、気功法と通背拳(つうはいけん)の達人で、かつて凶暴な人食い虎を、指1本で倒したという逸話がある。四川省大林寺大僧正が、新しい修業の師としてチンミに紹介したのが、この道士だった。だが、弟子は取らないと、チンミを追い返そうとする。

通背拳は一撃を重視した拳法で、気功も交えて使うと、壁の向こう側にいる相手を、壁を壊さずに倒すことができる。

関連人物・キャラクター

チンミ

姉のメイリンと中華料理店を営む少年。眉毛によって隠れているが、眉間にホクロがある。自己流の拳法を使い、かなり強い。たとえば、薪割りは素手で行い、いきなりお箸まで作ることができる。また、水汲みをするとき... 関連ページ:チンミ

関連キーワード

東林寺

ヨーセン道士が住む寺。境内は雑草だらけで、寺の内部はホコリだらけで、天井にはクモの巣が張ってある荒れ寺。四川省の大林寺の大僧正にいわれて、チンミが新しい修業の場としたところ。ヨーセン道士は、気功法と通背拳の達人で、のちにチンミに通背拳を伝授する。

通背拳

『鉄拳チンミ』に登場する技、拳法。東林寺のヨーセン道士が使う拳法。一撃必殺を狙った拳法で、打ち込む瞬間に自らの体重を数倍にして、突きの威力を増加させる。大きな水瓶に手を添えて、ひと声かけただけで瓶を粉砕する威力を持つ。のちに、ヨーセン道士からチンミが伝授する。

登場作品

鉄拳チンミ

姉と2人で中華料理店を営んでいたチンミは、自己流ながらかなり拳法が使える少年。その素質を見出されたチンミは、四川省の大林寺で本格的な拳法を学ぶことになる。それ以来数、多くの拳法家や格闘家と遭遇。ときに... 関連ページ:鉄拳チンミ

SHARE
EC
Amazon
logo