伊集院 望

裸足でバラを踏め(漫画)の登場人物。読みは「いじゅういん のぞみ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
裸足でバラを踏め(漫画)
正式名称
伊集院 望
ふりがな
いじゅういん のぞみ

総合スレッド

伊集院 望(裸足でバラを踏め)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

伊集院財閥の御曹司で、物静かな性格の細面の青年。過去に高熱を出した弟を助けるために町に出ていた北村純を助けたことがある。芦田蒼一郎の妻となった純と再会してからは、彼女に強く惹かれ、偏執的な愛情を寄せるようになる。他人の妻に横恋慕するという社会的な体面を気にした財閥の手により伊集院美卯と結婚させられるが、それでも純への想いを公言し、やがて蒼一郎を芦田財閥から追放し、純と結婚するが蒼一郎に奪い返される。

そのことで廃人のようになってしまうが彼を愛し続けた美卯と結婚生活をやり直す。

登場作品

だらしない性格の兄が拾ってくる子供たちを、貧乏ながら育てていた北村純は、借金取りから逃れるため大金を必要としていた。自分の体を売って金を作ろうとしていた純の前に芦田物産の御曹司芦田蒼一郎が現れ、愛のな...