裸足でバラを踏め

裸足でバラを踏め

生活苦から、形式上の結婚相手を欲していた芦田蒼一郎と結婚することになった貧乏な少女北村純。純は形のうえだけとは言え、妻として誠実に振る舞おうと努力するが、困っていた時に親身に助けてくれ、その後も好意を寄せてくる伊集院望とパーティで再会し、心が揺れる。19世紀末の横浜を舞台に、恋心だけでなく素直になれない気持ちや男女それぞれの嫉妬心などが丁寧な筆致で描かれていく。

正式名称
裸足でバラを踏め
作者
ジャンル
恋愛一般
 
身分違い
 
悲恋
レーベル
マーガレットコミックス(集英社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

だらしない性格の兄が拾ってくる子供たちを、貧乏ながら育てていた北村純は、借金取りから逃れるため大金を必要としていた。自分の体を売って金を作ろうとしていたの前に芦田物産の御曹司芦田蒼一郎が現れ、愛のない結婚をすることを条件に金を工面する。蒼一郎の妻となったは、裕福な生活に慣れず、失敗を繰り返しながらも社長の妻として振る舞うよう努力する。

ある時、は蒼一郎と共に出席したパーティで、過去、純が薬代に困っていた時に施してくれた憧れの青年で伊集院銀行の跡取り伊集院望と再会する。の気持ちを利用して銀行を手に入れることを企む蒼一郎は、と望を結ばせようとするが、が蒼一郎を誠実に想っていることに気づき、同時に自分の中にあるを想う気持ちがあることを知り、計画を取りやめる。

しかし、一方で望はパーティで再会した時から狂信的なまでにを想っており、蒼一郎を追い落としてを手に入れる算段を始めるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

兄の借金を返すため金の工面をするべく町に出たところを芦田財閥の御曹司芦田蒼一郎に出会い、跡取りになるため形式上の妻を探していた蒼一郎と、金のためにかりそめの夫婦になることを了承する。蒼一郎の屋敷で暮ら... 関連ページ:北村 純

わがままで素直でない性格の芦田財閥の御曹司。家督を引き継ぐ条件として、先代より結婚することを求められていたため、手っ取り早く結婚できる女性を探していた時に北村純と出会い、彼女の借金を建て替えることと引... 関連ページ:芦田 蒼一郎

伊集院財閥の御曹司で、物静かな性格の細面の青年。過去に高熱を出した弟を助けるために町に出ていた北村純を助けたことがある。芦田蒼一郎の妻となった純と再会してからは、彼女に強く惹かれ、偏執的な愛情を寄せる... 関連ページ:伊集院 望

芦田蒼一郎に仕える執事の青年。とぼけた一面を見せることもあるが、怜悧冷徹な性格をしており、当初は蒼一郎とともに嫁いできた北村純を伊集院望と引き合わせ、追放することを目論んでいた。蒼一郎との対立により解... 関連ページ:駒井 源五郎

北村純をはじめ、幼い捨て子を拾ってきては一緒に暮らしている青年。誘拐され、薔薇園のそばに放置されていた純を妹として育ててきた。美男子だがだらしない性格をしており、彼の借金が純と芦田蒼一郎を引き合わせた... 関連ページ:北村 英輔

伊集院望の妻にされた女性で、旧姓は藤原。北村純に偏執的な愛情を寄せる望を一身に愛する。一時は純に嫉妬し、彼女を呼びつけて激しく詰るが、やがて自分が望に相手にされていないという現実を受け入れられず、病ん... 関連ページ:伊集院 美卯

芦田蒼一郎の屋敷で働くメイド。一見明るい性格だが、実は芦田財閥の権力争いにあって、蒼一郎を陥れるため彼の従兄である九条夏樹から送り込まれた人物。作戦を遂行するため、平民出である北村純の生い立ちを調べた... 関連ページ:木下 桂子

芦田財閥の関連企業である芦田物産の若き社長。従弟である芦田蒼一郎を追い落として芦田財閥の跡継ぎとなることを目論み木下桂子を使って蒼一郎や北村純の弱みを探ろうとしたり、純に横恋慕している伊集院望をたきつ... 関連ページ:九条 夏樹

芦田宗一郎の祖父が建てた学校で教師をやっている青年。北村純の弟が入学することになった折り、見物にやってきた純と蒼一郎と出会う。蒼一郎を見るや、日ごろの寄付について深々と謝意を表し、そのさわやかな様子に... 関連ページ:青山 新平

北村英輔が拾ってきた捨て子で、英輔や北村純には弟として育てられてきた子供。幼いなりにしっかりとした性格をしており、だらしない英輔を問い詰めたり、無理を隠す純を気づかうなどしていた。純が芦田蒼一郎に嫁い... 関連ページ:アタリ

SHARE
EC
Amazon
logo