吉永さん家のガーゴイル

吉永さん家のガーゴイル

田口仙年堂の著述による、同名のライトノベルを原作としたテレビアニメ。町内に存在する様々なもの達の絆という、極めて健全なテーマを扱った作品である。ライトノベルには珍しく、父親や母親も物語上の重要なキャラクターであり、女の子のお色気描写がほとんど無い。最大の特徴は、主人公が指一本、眉毛一本動かぬ石像である点。絵に動きが与えられず、担当声優若本規夫による、声のみの演技力の冴えを見ることができる。

正式名称
吉永さん家のガーゴイル
ふりがな
よしながさんちのがーごいる
原作者
制作
トライネットエンタテインメント、スタジオ雲雀
監督
鈴木 行
放送期間
2006年4月1日 〜 2006年6月24日
放送局
東京MXテレビ
話数
13話
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

吉永双葉が商店街のくじ引きで引き当てた石像は、頼まれもしないのに吉永家の門塀上に居座り、門番と名乗って家に近づく新聞配達のアルバイター達を攻撃するはた迷惑な存在だった。姿形から吉永家の家族にガーゴイルと名付けられた彼は、徐々に行動の善悪や徳、人間の心の機微を学んでいき、いつしか吉永家の門番だけではなく、御色町全体の門番となるまでに成長していく。

ガーゴイルは、賢者の石の秘密が眠る自身の体を狙う敵がいるものの、御色町に存在する、あらゆるものの絆を守る守護者となっていくのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

黒い体に蝙蝠の翼が生えた、お座り状態の犬(狛犬)の形をした喋る石像。御色町商店街のくじ引きで、吉永双葉が偶然引き当て「ガーゴイル」と名付けられ、吉永一家の一員となる。空中浮遊や瞬間移動、雷撃や熱線など... 関連ページ:ガーゴイル

御色町商店街のくじ引きで、偶然ガーゴイルを引き当てた小学生。好奇心と行動力が旺盛な吉永家の長女で、大人しい兄の和己と比較され「吉永さん家の凶暴な方」などと呼ばれる。ガーゴイルに対しては、当初は家に近づ... 関連ページ:吉永 双葉

石像のガーゴイルを家族として迎え入れてくれた吉永家の長男。高校生。大人しい性格と女顔が相まって、女の子と間違われることが多い。妹の双葉と比べて心根の優しさが強調されているが、双葉をさらった東宮天祢に殴... 関連ページ:吉永 和己

石像のガーゴイルを家族として迎え入れてくれた吉永家のパパ。商社勤務。いつも笑っているような顔の声が大きいマイホームパパで、ママとは大の仲良し。筋肉質で大柄だが、お酒には弱い。奇っ怪な存在であるガーゴイ... 関連ページ:パパ

石像のガーゴイルを家族として迎え入れてくれた吉永家のママ。無口だが、いつもニコニコ顔の可愛らしい専業主婦。御色町商店街の面々からも信頼が厚い。華奢な容姿とは裏腹に、大切な者を傷つけようとする存在には容... 関連ページ:ママ

ガーゴイルの制作者の一人。御色町商店街に新しくできたアンティークショップ「兎轉舎」の店主であり、世界最高の錬金術師。とてもグラマラスな眼鏡美人。錬金術によって若々しい姿を保っているが、実は太平洋戦争前... 関連ページ:高原 イヨ

いかなるセキュリティも破る最強の怪盗であり、最強の門番ガーゴイルをライバルとして見ている。黒い帽子とマントに身を包んだマジシャンのような服装で、トランプやマジックを武器として使い、人間の身でガーゴイル... 関連ページ:怪盗百式

双葉の友達で小学生。錬金術師である父ハミルトンから錬丹術の被験体として感覚の強化を施され、読心術を得意としている。父の計画に荷担して百式に近づくが、その人柄に惹かれて彼の養子となる。 文武両道、才色兼... 関連ページ:梨々=ハミルトン

百式と梨々の同居人。ハミルトンに作られた自動人形。名前はアイルランドの伝承に登場する首無し騎士から来ており、その名の通り首が無いが、足も無く、常に宙に浮いている。創造主であるハミルトンよりも、娘の梨々... 関連ページ:デュラハン

双葉や梨々の友達。行動派の双葉、梨々と対照的に大人しい性格の心優しい小学生。盲目の父を助ける盲導犬エイバリー中尉と大の仲良し。家に泥棒が侵入した際のエイバリー中尉が行った対応が起因となって一時的に不仲... 関連ページ:小野寺 美森

『吉永さん家のガーゴイル』に登場する盲導犬。美森の家族であり、ガーゴイルの友達。ガーゴイルを慕っており、彼のことを閣下と呼ぶ。御色町界隈の犬猫全てから慕われており、彼らからはガーゴイルと並んで「御色町... 関連ページ:エイバリー

東宮エレクトロニクス若社長。高原イヨの昔なじみである東宮雅臣の孫。戦前、戦中の頃に居た「二人の日本人錬金術師の駄目な方」という、不名誉なレッテルを貼られた祖父の無念を晴らすべくケルプを開発。 高原イヨ... 関連ページ:東宮 天祢

東宮天祢によって作られた、全身純金製の獅子型自動石像。光線やガーゴイルの体を破壊する程の衝撃波を発生させる他、相手への知覚を断つステルス機能を持つ。東宮天祢の復讐の為にガーゴイルと対決するが、ケルプと... 関連ページ:ケルプ

エジプトの錬金術師で、英語混じりの胡散臭い日本語を喋る不審人物。作物が育ちにくく、食料採取が不安定な故郷を救う為にオシリスを作り上げた。さらに、最高の錬金術師である高原イヨが作ったガーゴイルに、オシリ... 関連ページ:ヒッシャム

ヒッシャムが故郷を救うために開発したパワープラント。かなり傲岸不遜で、自分の方がヒッシャムの主人だと考えている。最初は球状の茎に巨大な花、不気味に動く根という奇っ怪な姿だったが、ハナ子の因子を取り込む... 関連ページ:オシリス

『吉永さん家のガーゴイル』に登場する、双葉がイーハトーブ式交換装置を使って友達になった、彼岸花の一種である鍾馗水仙(しょうきずいせん)。イーハトーブ式交換装置越しに見ると、おかっぱ頭の着物を着た少女の... 関連ページ:ハナ子

パパとは昔なじみで、お互いによっちゃん、まっかちんと呼び合う仲。御色町商店街と対立するデパートの支配人。集客アップを狙って、御色町商店街のお祭り当日にデパート営業開始を重ねる。 松川に協力するパパと、... 関連ページ:松川

場所

御色町商店街

『吉永さん家のガーゴイル』の舞台となる、御色町にある商店街。以前は寂れ始めた商店街だったが、アンティークショップ「兎轉舎」ができて以降、喋る石像や怪盗、自動人形や動く植物が蠢く奇妙な通りに変貌した。し... 関連ページ:御色町商店街

クレジット

原作

田口仙年堂

キャラクター原案

日向悠二

監督

シリーズ構成

総作画監督

渡辺真由美

音楽

大谷幸

アニメーション制作

トライネットエンタテインメント ,スタジオ雲雀

SHARE
EC
Amazon
logo