西岸 サチ

仏ゾーン(漫画)の登場人物。読みは「さいがん さち」。

  • 西岸 サチ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
仏ゾーン(漫画)
正式名称
西岸 サチ
ふりがな
さいがん さち

総合スレッド

西岸 サチ(仏ゾーン)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

貧しい西岸寺に住んでいた12歳の孤児の少女。ある日立ち退きを要求するマイク箕浦率いる箕浦組に襲われていた所を、センジュに救われる。彼女はセンジュに、弥勒菩薩の生まれ変わりだと告げられなかば強引にインドへと旅立つことになる。最初は気乗りしなかった彼女も、センジュの信念を見ていくうちに、彼に惹かれていくようになる。

特にバトウセンジュのかわりに同行者になると聞いた時には、彼のことを信じていたことに改めて気づかされる。武井宏之の作品「シャーマンキング」に出てくるサティ・サイガンは、西岸サチが成長した姿で、持霊のダイニチはセンジュである。

登場人物・キャラクター

千手観音菩薩の少年。西岸サチが悟りへ開いて弥勒菩薩になるよう導くためにやってきた。ポジティブな性格の持ち主で、全ての衆生を救おうという信念を持っている。基本は仏として公平な見方をしているが、西岸サチを...

登場作品

1975年、貧乏な古寺「西岸寺」で、孤児の西岸サチは働いていた。ある日暴力団によって立ち退きを命じられていたところにやってきたのが、千手観音のセンジュ。暴力団を千手パンチで壊滅させる。彼は西岸サチを弥...