鉄人28号

太陽の使者 鉄人28号(テレビアニメ)に登場するロボット。読みは「てつじんにじゅうはちごう」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
太陽の使者 鉄人28号(テレビアニメ)
正式名称
鉄人28号
ふりがな
てつじんにじゅうはちごう

総合スレッド

鉄人28号(太陽の使者 鉄人28号)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

新着関連ガイド

懐かしの人気ヒーローがLINEスタンプに!
マンガペディア公式 2016.09.15 20:00

概要

金田正太郎の父、金田博士が開発し、その友人のロボット科学者敷島大次郎が完成させた巨大ロボット。全高20メートル、重量25.8トン。太陽エネルギーを動力源とし、パイロット搭乗型ではなく、外部操縦機ビジョンコントローラーによって遠隔操作されている。

基本的な操縦者は金田正太郎だが、誰でも操縦は可能。特に武器は内蔵していないが、体の一部に損傷を受けても、各部が自立的に行動する独立連動システムを搭載し、高い機動力と格闘能力を誇る。

武器を搭載しなかったのは、「兵器に頼らない平和を築く」という金田博士の思想に基づいている。通常は敷島研究所の地下施設でサポートロボット08に整備、点検を受け、出動の際にはテニスコートの地下から発進する。

登場人物・キャラクター

巨大ロボット鉄人28号の開発者、金田博士の遺児で年齢は十歳。父の死後、その友人だったロボット科学者敷島大次郎を後見人として成長し、鉄人28号の操縦者となる。大人にも負けない行動力と判断力の持ち主。世界...
金田正太郎の後見人であり、その父である金田博士とは親友だった。鉄人28号の開発途中に無くなった金田博士の研究を受け継ぎ、自らの研究施設敷島研究所でそれを完成させる。巨大ロボット犯罪に立ち向かう金田正太...

関連キーワード

8
『太陽の使者 鉄人28号』に登場する装置。巨大ロボット鉄人28号の操縦機。アタッシュケース型の携帯可能な装置で、鉄人28号のアイカメラの画層を移すモニターと二本のレバーで操縦する。レインボーウエーブと...
『太陽の使者 鉄人28号』に登場する施設。金田正太郎の後見人であるロボット科学者敷島大次郎が主宰する研究所。金田正太郎の父、金田博士が犯罪組織ロボットマフィアの首領ブランチに殺害されて後、鉄人28号の...

登場作品

巨大ロボットが実用化され、世界的に使用されるようになっていた1990年代(作品制作時では近未来)、世界的なロボット科学者である金田博士の遺児金田正太郎は父の開発した巨大ロボット鉄人28号の存在を知った...