鉄砕牙

犬夜叉 完結編(テレビアニメ)に登場する武器。読みは「てっさいが」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
犬夜叉 完結編(テレビアニメ)
正式名称
鉄砕牙
ふりがな
てっさいが

総合スレッド

鉄砕牙(犬夜叉 完結編)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

犬夜叉の父が自らの牙を刀々斎に与えて鍛えさせた刀。一振りで百の妖怪をなぎ倒すと言われている。父の墓に遺されていたが、犬夜叉が受け継ぐ。普段は錆びているが、犬夜叉の妖力で巨大な刃の形状に変わる。

風の傷、爆流破、金剛槍破などの技がある。殺生丸との一騎打ちで、必殺技の一つ冥道残月破を得る。

登場人物・キャラクター

よぼよぼの老人の姿をした刀鍛冶の妖怪で、犬夜叉の父の牙を鍛えて「天生牙」と「鉄砕牙」の二振りの刀を造った。そのため「天生牙」と「鉄砕牙」の秘密を知っている。
妖怪と人の父母をもつ半妖の少年。妖怪としては化け犬に属し、鋭い聴覚と嗅覚を備える。人と妖怪両方から迫害され荒れた時期がある。巫女の桔梗と恋に落ちて将来を誓い合うも、奈落の陰謀で仲を裂かれ、死別。 かご...
妖怪。犬夜叉の異母兄。純粋な妖怪であり、半人半妖の弟とは激しく嫌いあっている。犬夜叉が父の形見である刀を授かっていることを納得せず、強奪しようとする。プライドが高く冷酷非情だったが、なりゆきから人の子...

登場作品

四魂のかけらを探す日暮かごめと犬夜叉達の旅は続く。彼らを付け狙う奈落は、自ら生みだした妖怪に狙われるが、それすら奈落の計略のうちにあった。遂に完成した四魂の玉を、奈落は体内に取り込み、大蜘蛛に変化した...