犬夜叉

犬夜叉

高橋留美子の同名漫画を原作とする。本作の放映期間中にストーリー進行が原作に追いつき、2004年にいったん全167話で終了。原作が完結した後の2009年に第2期『犬夜叉 完結編』全26話を加えて完結を迎えた。また、テレビアニメ版をふまえたオリジナルストーリーの劇場アニメが2001年から2004年にかけて計4本制作されている。

正式名称
犬夜叉
ふりがな
いぬやしゃ
原作者
制作
サンライズ
監督
青木 康直
放送期間
2000年10月16日 〜 2004年9月13日
放送局
日本テレビ
話数
167話
ジャンル
アクション
 
怪談・伝奇
 
和風ファンタジー
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

願望を実現する宝・四魂の玉を巡り人と妖怪が争う戦国時代。玉を守る巫女の桔梗と半人半妖の犬夜叉は互いに恋しながらも謀略により決裂し、桔梗は死亡、犬夜叉は封印される。その後、現代の中学生・日暮かごめが戦国時代へタイムスリップし、体内に眠る玉の力で犬夜叉を復活させる。

己が桔梗の転生と知ったかごめは全国へ飛び散った玉の破片を集める使命を背負わされ、犬夜叉と共に旅する羽目になる。

登場人物・キャラクター

犬夜叉 (いぬやしゃ)

妖怪と人の父母をもつ半妖の少年。妖怪としては化け犬に属し、鋭い聴覚と嗅覚を備える。人と妖怪両方から迫害され荒れた時期がある。巫女の桔梗と恋に落ちて将来を誓い合うも、奈落の陰謀で仲を裂かれ、死別。 かごめと出会った当初は反発していたが、旅を共にするうち惹かれあい、2度目の恋をする。父が強大な妖怪だったため、その血で暴走する危険を抱えている。殺生丸は異母兄。

邪見 (じゃけん)

殺生丸の側仕えをしている小柄な老妖怪。おべっか使いではあるが主人に対する忠義心は真から厚く、様々に献身する。ただし殺生丸の性格が複雑で難儀なためなかなか報われる機会がない。旅に加わった人間のりんに対しては妖怪の一般的な態度として難色を示すが、主人の意向ということでそれなりに尊重する。

珊瑚 (さんご)

妖怪退治屋の集団が暮らす里に生まれ育った少女。16歳。自らも優れた退治屋であり、身の丈ほどある大型ブーメランで多数の敵を一気になぎ倒す戦い方を得意とする。犬夜叉たちと知り合ってからは、年齢が近い同性のかごめと友情を温め、姉貴分のような存在となる。 真面目な性格のため女癖の悪い弥勒に辟易することも多いが、最終的には恋仲になる。

殺生丸 (せっしょうまる)

妖怪。犬夜叉の異母兄。純粋な妖怪であり、半人半妖の弟とは激しく嫌いあっている。犬夜叉が父の形見である刀を授かっていることを納得せず、強奪しようとする。プライドが高く冷酷非情だったが、なりゆきから人の子供であるりんを救ったのをきっかけに、少しずつ心に変化が生じ、りんの保護や救出を優先する姿がたびたび見られるようになる。

弥勒 (みろく)

女癖の悪い青年破戒僧。法力と体術を駆使して戦う。祖父の代に奈落により手のひらへ呪いの穴を穿たれ、それを受け継いでいる。手の穴は何でも吸い込み消滅させる超自然の風穴で、強力な武器として利用できるがいつか自分をも吸い込む自滅の呪いであり、長念の悩みとなっている。 奈落を追う過程で犬夜叉たちに合流。珊瑚と恋仲になるが女好きのせいで関係が度々危うくなる。

桔梗 (ききょう)

戦国時代の巫女。四魂の玉を浄化し、守護する役目についていた。犬夜叉と知り合い、恋をするも奈落の策にはまって死に別れてしまう。死後、魂は転生して現代のかごめになる。かごめが時空をさかのぼって戦国時代にやってきたさいに作り物の身体に魂が入って復活し、前世と後世が1つの時代に居合わせる状況が生じた。

七宝 (しっぽう)

化け狐の子供。見た目は年齢1ケタの幼児。尻にふさふさした大きな尻尾が生えている。親の仇を犬夜叉が倒したのを縁に、旅へ加わった。恐がりだが、親しい者相手には調子にのってよく生意気な口をきく。変身能力があるほか、幻を見せる術を使うが、たいした戦力にはならない。

日暮 かごめ (ひぐらし かごめ)

現代日本の女子中学生。15歳。戦国時代の巫女・桔梗の生まれ変わり。体に四魂の玉を宿していた。散らばった玉のかけらを感知したり、邪悪な気を浄めるなど神通力に目覚める。実家の神社にあった井戸を通り戦国時代へ行って旅をしつつ現代へ戻って学校に通う二重生活を送る。 やや強気ではじめは犬夜叉と喧嘩続きだったが、多くの試練を乗り越えるうち惹かれあっていく。

奈落 (ならく)

元は卑しい盗賊だった人間の身体に大勢の妖怪たちが集合憑依して誕生した存在。半人半妖に相当するが、純粋な妖怪でも及びつかない力をもっている。桔梗に惚れていた人間の心と、彼女を憎む妖怪たちの心が同時に渦巻く複雑な精神を宿す。 虚言で人間関係をかきまわし仲たがいさせる策謀を得意とする。犬夜叉にとっては桔梗を失った元凶として因縁深い相手。

りん

人間の幼い少女。盗賊に家族を皆殺しにされ、失語症に陥っていた。怪我をした殺生丸を手当てした後に狼に襲われ命を落とすが、殺生丸が死者復活の力をもつ刀を使って生き返らせた。以降、殺生丸の旅に同行する。 裏表なく一途に慕ってくるその姿は殺生丸の心へ影響をもたらし、彼の最大の庇護対象となっていく。

その他キーワード

四魂の玉 (しこんのたま)

どんな願いも叶えると噂される、真球状の宝石。妖怪を強化する性質もあり、人と妖怪いずれにも狙われてきた。桔梗が死んださいいったん消滅したが、桔梗の魂ごと玉も身体に宿して現代に生まれたかごめが戦国時代へやってきたことで再び騒乱が起こる。 古代の巫女の魂と無数の妖怪の魂が結びついたもので、所有者の欲望をかきたて、災難の源となる。

クレジット

原作

監督

シリーズ構成

作画監督

菱沼義仁

音楽

和田薫

アニメーション制作

サンライズ

原作

犬夜叉

戦国時代へとタイムスリップした女子中学生・日暮かごめが、半分人間の血が混ざった妖怪・犬夜叉や仲間たちと共に、強大な力を持つ四魂の玉を巡る冒険と戦いに巻き込まれていく和風冒険ファンタジー。高橋留美子の長... 関連ページ:犬夜叉

関連外部リンク

SHARE
EC
Amazon
logo