黒の組織

名探偵コナン 天国へのカウントダウン(アニメ映画)に登場する組織。読みは「くろのそしき」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
名探偵コナン 天国へのカウントダウン(アニメ映画)
正式名称
黒の組織
ふりがな
くろのそしき

総合スレッド

黒の組織(名探偵コナン 天国へのカウントダウン)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

政界の要人暗殺や謎の新薬開発などを行なっているが、組織の目的や正体は闇に包まれている。「APTX4869(あぽときしん よんはちろくきゅう)」という若返りの薬品は、灰原哀こと宮野志保が組織内で研究開発した物である。

組織に所属する者はコードネームに、ジンウォッカ、ベルモットなど洋酒の名前を使っている。

登場人物・キャラクター

「輝くものは星さえも盗む」と言われる、伝説の怪盗の末裔とされている王ドロボウの称号を持った少年。持ち前の知恵と勇気で、予告状を出した物は必ず盗み出す。右腕には武器となる刀が仕込まれている。
キャラクター紹介元黒ずくめの組織の一員で、その時のコードネームはシェリー。科学者として毒薬APTX4869の開発に当たっていた。姉の宮野明美がジンにより殺されたため、薬の開発を中断、監禁されてしまう。...
黒の組織の構成員。黒いスーツに黒い帽子、その上黒いサングラスを常にかけている体格の良い男。年齢不詳。ジンを「兄貴」と呼んでいる。

登場作品

新しく建設された西多摩市ツインタワービルに招待された毛利小五郎とその一行。その夜からツインタワービルに集まっていた人物が次々と殺され、殺人現場には常にお猪口が置かれていた。時同じくして、黒の組織のメン...