かりあげクン

かりあげクン

独身万年ヒラ社員のかりあげ(かりあげ正太)が周囲に仕掛ける奇抜なイタズラと、その標的にされて大騒ぎする人々を描いたおとぼけナンセンス四コマギャグ漫画。正式タイトルは『ほんにゃらゴッコ かりあげクン』。植田まさしの代表作の一つ。第28回文藝春秋漫画賞。

概要

三流総合商社ほんにゃら産業K.K.勤務の万年ヒラ社員である独身サラリーマン・かりあげ(かりあげ正太)は、天才的なイタズラ者である。ポーカーフェイスで次々繰り出すイタズラに、周囲の人々は翻弄されるが、誰もみな彼を憎みきれないのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

総合商社ほんにゃら産業K.K.営業課に所属する、安月給の万年ヒラ社員。都内のアパート富士見荘でひとりずまいの独身サラリーマンである。人と同じことをするのがきらいなイタズラ者。ポーカーフェイスで、イタズ... 関連ページ:かりあげ 正太

総合商社ほんにゃら産業K.K.営業課課長。かりあげ(かりあげ正太)の上司で、イタズラの標的。典型的な中間管理職タイプだが、根がノリやすい好人物で、お見合い相手を紹介するなどプライベートでもかりあげ(か... 関連ページ:木村課長

総合商社ほんにゃら産業K.K.の社長で、かりあげ(かりあげ正太)のイタズラの標的。根が人のよい好人物で、会社を発展させた功績があるが、成金趣味。頭頂部が禿げて毛髪がバーコード状、ピンと立てた口ひげに蝶... 関連ページ:木下 藤吉

係長

総合商社ほんにゃら産業K.K.営業課係長。かりあげ(かりあげ正太)の上司で、イタズラの標的。女性管理職。メガネで色白。かっぷくがよく、体型を気にしている。世話好きで、普段はにこやかだが、キレると暴力的。便秘や低血圧で悩んでおり、持病が多い。

課長の奥さん

かりあげ(かりあげ正太)ほんにゃら産業K.K.。

課長の息子

かりあげ(かりあげ正太)ほんにゃら産業K.K.。

鈴木

かりあげ(かりあげ正太)のほんにゃら産業K.K.の同僚。かりあげ(かりあげ正太)と行動を共にすることが多く、クールにイタズラに協力する。メガネの奥の目が見えないのが特徴。

集団・組織

ほんにゃら産業K.K.

『かりあげクン』に登場する会社。業態は総合商社。かりあげ(かりあげ正太)が営業マンとして勤務している。ニューヨークにも支社をもち、大阪支社に自社ビルを建てるなどそこそこ規模は大きいが、給料は安く、三流... 関連ページ:ほんにゃら産業K.K.

場所

富士見荘

『かりあげクン』に登場するアパート。所在地は東京都中野。総合商社ほんにゃら産業K.K.勤務の独身サラリーマン、かりあげ(かりあげ正太)が入居している。部屋にはゴキブリやネズミが出て、近所の川の氾濫で冠... 関連ページ:富士見荘

SHARE
EC
Amazon
logo