あぶらあげは知っている

高校生の鈴木拓実は、猫好きだが小さい頃からの猫アレルギー持ち。そんな拓実は、春休みの間、茶トラの猫、あぶらあげを預かることになる。猫アレルギーの高校生と、ふてぶてしい猫との交流を描いた、日常コメディ。作者である、なかだまお自身の体験をもとにしているという。ホーム社のWEBサイト「ねこねこ横丁」にて、2018年11月~2019年10月まで連載された。

正式名称
あぶらあげは知っている
ふりがな
あぶらあげはしっている
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
 
レーベル
ホームコミックス(ホーム社)
巻数
全1巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

高校2年生の鈴木拓実は、小さい頃から大の猫好き。しかし、重度の猫アレルギーだったため、野良猫を拾ってきては、アレルギー症状に悩まされ、その結果猫を飼えないという少年時代を過ごした。それから11年後、春休みを目前に控えたある日、学校から帰宅した拓実を出迎えたのは、ふてぶてしい雰囲気のでっぷり太った茶トラの猫・あぶらあげ(オス)だった。母の説明によると、父の知人の猫で、春休みの間預かることになったいう。どうやら父も母も、拓実が猫アレルギーだったことをすっかり忘れていたらしい。そんなわけで、期間限定ながら猫と同居することになった拓実。幸い猫アレルギーは出なかったが、あぶらあげは、女性には優しく、拓実には妙に不機嫌。しかし、爪切りやお風呂など、苦労しながらも世話をするうちに、拓実とあぶらあげの距離は次第に縮まっていくのであった。

登場人物・キャラクター

鈴木 拓実 (すずき たくみ)

高校2年生の男子。小さい頃から猫が大好きだったが、重度の猫アレルギーのため、猫を買う夢が叶わなかった。父の知人から預かることになった茶トラの猫、あぶらあげに対してはアレルギーは出ない。プライドが高いあぶらあげとの同居に苦労しながらも、次第に猫に対する理解を深める。

あぶらあげ

2歳の茶トラ猫。オスで目付きが悪く、太っている。プライドが高く、ふてぶてしい態度だが、女性に対しては優しい。鈴木拓実の父の友人の飼い猫。友人が留守にする春休み期間中、鈴木家に預けられる。

書誌情報

あぶらあげは知っている 全1巻 ホーム社〈ホームコミックス〉 完結

第1巻

(2020年1月23日発行、 978-4834232882)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo