ひだまりスケッチ

ひだまりスケッチ

美術科の高校生たちによるアパートでの共同生活を描いた4コマ漫画。

正式名称
ひだまりスケッチ
作者
ジャンル
日常
レーベル
まんがタイム KRコミックス(芳文社)
巻数
既刊9巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

やまぶき高校美術科に通う主人公ゆのは、高校近くのアパートひだまり荘で、個性豊かな仲間たちと共に楽しい日々を過ごす。

登場人物・キャラクター

ゆの

ひだまり荘の201号室に住み、やまぶき高校の美術科に通っている。素直で優しく、何事にも一生懸命ながんばり屋。天然なところがあるが、本人には自覚がない。かなり小柄な体格であり、身長が低いことにコンプレックスを抱いている。同級生であり、ひだまり荘の隣人でもある宮子とは大の仲良し。

宮子

ひだまり荘の202号室に住んでいてゆのとはクラスメイト。明るく元気な性格で、ムードメーカーになることが多い。食べることが大好きな大食漢だが、実家が貧しく仕送りが少ないので、いつもお腹を空かせている。芸術的センスは抜群で、ダイナミックな発想で周囲を唖然とさせるような作風。

ひだまり荘の101号室に住んでいるゆのの先輩。おっとりした、面倒見のよい性格。特技は料理で、みんなで食事する際は自ら腕をふるうなどひだまり荘のお母さん的ポジション。ふっくらした体格にコンプレックスがあ... 関連ページ:ヒロ

沙英

ひだまり荘の102号室に住んでいる。長身にショートヘアが特徴の美少女。サバサバした性格で面倒見のよい姉御肌だが、恋愛の話題になると赤面するウブな面も。高校に通いながらプロの小説家として、「橘文(たちばな あや)」というペンネームで活動している。ヒロとは入学当初からの付き合いで、互いに良き理解者である。

やまぶき高校の女性教師で、担当科目は美術。ゆのと宮子の担任で、自身もやまぶき高校卒業生。グラマーな美人という見た目に似合わず、子供っぽい性格で、コスプレをして教団に立つ、セクハラ発言を連発するなど、授... 関連ページ:吉野家

校長

やまぶき高校の校長。とても縦長の頭を持ち、わずかに残った巻き毛の白髪がトレードマーク。なぜかいつも全身が細かく震えている。落ち着いた物腰の老紳士で、生徒からの人気も高い。唯一吉野屋に対しては、乱行をとがめる意味でよく叱っているが、内心では信頼を寄せている。

大家さん

ひだまり荘の大家。カラッとした性格の美人だが、とてもいい加減な性格。万年金欠気味で、大家としての本業以外に色々なバイトをして生計を立てているため、ひだまり荘にはあまり姿を見せない。それでも学生に金のことで不自由させたくないと、部屋の家賃を格安にするなど、優しいところもある。 好物はタバコとお酒。

ひだまり荘の203号室に住んでいるゆのの後輩。美術科の生徒が集まるひだまり荘唯一の普通科生。小柄で、ふわふわした雰囲気を漂わせている女の子らしい女の子。引っ込み思案で何事にも遠慮がちな性格だが、そこが... 関連ページ:なずな

ひだまり荘の202号室に住んでいるゆのの後輩。ひだまり荘103号室の住人。明るく快活な性格だが、思ったことをそのまま口に出してしまうため、人をぎょっとさせることも多い。一方で照れ屋な面もあり、人に褒め... 関連ページ:乃莉

夏目

ヒロ沙英の同級生。自称沙英のライバルで、勉強でも運動でも、何かにつけて沙英に対抗意識を燃やす。かつて沙英に助けてもらったことがあり、それ以来なんとか仲良くなれないかとアプローチしてきたが、素直になれない性格が災いし、ついつい突っかかるようになってしまった。

集団・組織

やまぶき高校

『ひだまりスケッチ』の舞台である私立高校。普通科に加えて美術科がある珍しい学校であり、遠方地方からの入学者も多い。男女共学だが、美術科では女子が多数を占め、男子は女子の1/3程度。クラス替えはなく、入... 関連ページ:やまぶき高校

場所

ひだまり荘

やまぶき高校の校門の門前にある2階建ての小さなアパートで、主人公ゆの達が暮らしている。おおらかな大家が管理しており、ペット禁止、ピアノ禁止、男子禁制(身内を除く)というわずかな寮則の他には特に束縛のな... 関連ページ:ひだまり荘

アニメ

ひだまりスケッチ×SP

親元を離れ、美術学校であるやまぶき高校の美術科に入学した女子高校生ゆのは、学校の真ん前にある小さなアパートひだまり荘で1人暮らしを始める。そして同じアパートに住み、同じ高校に通う変わり者の女子高校生5... 関連ページ:ひだまりスケッチ×SP

書誌情報

ひだまりスケッチ 既刊9巻 芳文社〈まんがタイム KRコミックス〉 連載中

第1巻

(2005年11月発行、 978-4832275492)

第2巻

(2006年12月発行、 978-4832276079)

第3巻

(2008年3月発行、 978-4832276819)

第4巻

(2009年1月発行、 978-4832277625)

第5巻

(2010年4月発行、 978-4832278974)

第6巻

(2011年9月発行、 978-4832240575)

第7巻

(2013年1月発行、 978-4832242401)

第8巻

(2015年2月27日発行、 978-4832245297)

第9巻

(2016年11月26日発行、 978-4832247697)

SHARE
EC
Amazon
logo