へ~せいポリスメン!!

へ~せいポリスメン!!

ワンタン麺とハマグリが異常に好きな警察官の轟豪は、とびきりマイペースで、周りを顧みない性格。周囲の人々は彼に振り回されたり、時には暴力的にたしなめたりしている。そんな豪の日常について描かれる。本作は稲葉そーへーのデビュー作品。後書き漫画によると、当初は3話の予定だったが、好評を博したため連載が決まった。主人公の職業を警察官にしたのは、著者が作品構想時に自転車の手放し運転をテーマにしようと考えており、手放し運転をして一番興味深い職業は何かという連想で思いついたとのこと。2013年4月よりネット上でアニメ化もされた。

正式名称
へ~せいポリスメン!!
作者
ジャンル
日常
レーベル
ヤングジャンプコミックス(集英社)
巻数
全14巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

轟豪は警察官ながら、職務中に警棒で遊んだり、上司の木梨正造の指示を一切聞かないなど、とてもマイペースな性格。そんな自由奔放な豪に周りの黒澤淳などが振り回されながら、職務およびプライベートで起こる事件を解決していく。

登場人物・キャラクター

主人公

黒髪短髪で20代の男性。新米警察官ながら、警察の制帽を常に逆にかぶり、職務中に警棒で遊ぶなど、とにかくマイペースな性格。一方で、自分の名前が呼ばれた際、同音なのでそれが名字なのか名前なのかと、いちいち... 関連ページ:轟 豪

木梨 正造

轟豪の上司の40代男性。階級は巡査長。丸顔で丸い眼鏡をかけた中年で恰幅がいい。豪とは対象的に性格は温和でとても真面目。ただし、あまりに豪が常識外れの行動をした場合には、暴力を振るうこともある。妻子持ちで、一人息子の名前は木梨優太。

黒澤 淳

轟豪の上司の20代女性。階級は巡査長。職務中は黒髪ポニーテールだが、オフでは髪を下ろしている。美人だが生真面目で、豪が職務において常識に反する行動をした場合は、暴力をもってそれを正している。一方で一途な性格で、男性との恋愛経験がまったくない。猫が好きで、「ムサシ」という猫を飼っている。

七瀬 詩織

黒澤淳と同期の女性鑑識官。同期ということもあり、淳とは仲がいい。淳とは対照的にフレンドリーで、ネタ帳を持ち歩くほどに噂好きな明るい性格。淳の恋愛関係を面白がりながらも真剣に受け止め、時にアドバイスをすることもある。ちなみに名前は誕生日である七夕にちなんで付けられた。

岩田 雅司

轟豪と同期の短髪黒髪の男性。地域課巡査。一見真面目に職務をこなしているが性格はドM。黒澤淳から体罰を受けたいと常々思っている。そのため、高頻度で淳から暴力を受ける豪に嫉妬している。興奮すると鼻血が出やすい。

森 健太郎

轟豪の後輩となる男性巡査。一時勤務が難しくなった岩田雅司の代わりに配属された。髭が濃く、顎が割れている。ボディービルの大会に出場するほどの筋肉質な体格で、同様の体型の寺島昇とは何かと張り合うことが多い。兄夫婦および祖母は温泉宿を経営しており、豪たちを招いたこともある。

笹沼 千恵理

轟豪の後輩の新米女性巡査。すぐに人に感化されやすい単純な性格の持ち主。しゃべり方が豪に非常によく似ており、やや乱暴なため豪には元ヤンではないかと疑われている。警察官になった理由は、道を尋ねた際に親切に教えてもらったことから。4月生まれのため、春の植物であるチェリーにちなんで名付けられた。

警察犬の見習い訓練士。轟豪の交番の近くにある警察犬の訓練施設「堂本警察犬訓練所」に勤める。ショートカットの19歳の女性。シャイで感情を表に出すことが少ないが、なかなか帽子を取らない豪の髪型を必要以上に... 関連ページ:堂本 あづみ

堂本 耕司

堂本あづみの父親。交番の近くにある「堂本警察犬訓練所」の所長。短髪で顔には無精髭を生やしている。下ネタやセクハラ発言が多く、デリカシーのない性格。しかし片親ということもあり、あづみには深い愛情を感じている。

寺島 昇

轟豪のよく通うラーメン店「王昇軒」の店主。筋骨隆々で、顎の割れたケツアゴ。深く物事を考えない短絡的な性格。何かあると「バーロー」という口癖と共にあたり散らし、ドラゴンスープレックスなどのプロレス技を繰り出すこともある。似たような体格の森健太郎とは、何かとライバル関係にある。

楊 凛々

轟豪のよく通うラーメン店「王昇軒」の女性アルバイト店員。国籍は日本だが両親とも中国人。そのため、日本語はあまり得意ではない。髪型はお団子。そのため、ヘルメットを被らないことを警察官の豪に許してもらおうとするなど、したたかな性格。

冴島

轟豪たちの上司。県警本部の男性刑事。後ろに撫でつけた髪型で、常にサングラスをかけている。強面だが、あるコンプレックスを抱えている。そのことを知る豪に対しては、急なアポイントにも応じるなど、不自然に親切な接し方をしている。

轟 志津江

轟豪の母親。タケノコのような、上に伸びた長い髪型が特徴。そのため、挨拶をする度に相手の頭の上に髪の毛が乗る。夜勤明けの黒澤淳を見て、ホステスと勘違いするなど、思い込みが非常に激しい。また機械オンチで、豪が頼み込んだ録画予約も無碍に断るほど。

木梨 優太

木梨正造の小学生の息子。轟豪が「ミニ木梨」と呼ぶほど、小太りの体型や顔が親に似ている。無邪気だがややドライな性格。運動会では父親よりも豪のことを先に意識するなど、非常に豪に懐いている。

ダンナ、ヨメ

轟豪の飼っているペットたち。ダンナがメスの猫で、ヨメがオスの犬。豪がオフの日には、サイコロでどちらを世話するかを決めるなど、可愛がられている。ヨメは堂本あづみの飼い犬のシェパード犬ベンと仲がいいため、警察犬の訓練施設「堂本警察犬訓練所」で遊ぶこともある。

ムサシ

黒澤淳の飼い猫。猫カフェの常連になった淳が、譲り受ける形で飼うことになった。無謀な性格が祟り、尻尾が折れ曲がってしまっている。淳には溺愛され、ペット共生マンションに引っ越したり、周りの目も意識せずに毛づくろいしたりされている。

その他キーワード

甘えん坊将軍

将軍が周囲に甘えるという内容のドラマ。轟豪と木梨正造の妻はこのドラマのファンだが、木梨は「面白くない」と評し、好みは分かれる。2時間番組が放送されるなど、世間的な人気は高い。

アニメ

へ~せいポリスメン!!

地域課に配属された新人警察官である轟豪は、ちょっと変わったお巡りさん。いつも帽子を逆に被っていたり、仕事をしているのかいないのか、のんびり遊んでいることもある。いつも上司の木梨正造に怒られているが、本... 関連ページ:へ~せいポリスメン!!

書誌情報

へ~せいポリスメン!! 全14巻 〈ヤングジャンプコミックス〉 完結

第1巻

(2010年7月16日発行、 978-4088778907)

第2巻

(2010年11月19日発行、 978-4088790725)

第3巻

(2011年2月18日発行、 978-4088791074)

第4巻

(2011年5月19日発行、 978-4088791616)

第5巻

(2011年8月19日発行、 978-4088791890)

第6巻

(2011年11月18日発行、 978-4088792514)

第7巻

(2012年2月17日発行、 978-4088792699)

第8巻

(2012年6月19日発行、 978-4088793559)

第9巻

(2012年9月19日発行、 978-4088794181)

第10巻

(2012年12月19日発行、 978-4088794778)

第11巻

(2013年4月19日発行、 978-4088795331)

第12巻

(2013年7月19日発行、 978-4088796116)

第13巻

(2013年11月19日発行、 978-4088797090)

第14巻

(2014年2月19日発行、 978-4088797496)

SHARE
EC
Amazon
logo