まかない君

クトゥルフ神話やドイツ第三帝国など、マイナーでディープなネタを描いてきた西川魯介による、変人も化け物も出てこない日常料理漫画。作中の料理は、すべて作者が一度つくったもの。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
まかない君
作者
ジャンル
日常
 
家庭料理

総合スレッド

まかない君(漫画)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

新着関連スレッド

笠石 雪(まかない君)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:33
郷古 ひとみ(まかない君)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:33

新着関連スレッドもっとみる

概要

大学に進学し、東北から上京してきた笠石浩平は、年上の従姉妹3人と暮らすことになった。彼の使命は、料理下手な末妹・弥生に代わって、彼女たちの悲惨な食生活を改善することにあった。身近な食材で、臨機応変に料理を作る浩平。美味しそうに食べる彼女たちに、どことなくエロチックな気持ちを抱き、歳も近い弥生ともいい雰囲気の関係が続いてゆく。

登場人物・キャラクター

主人公
大学に通うために上京してきた平凡な大学生。弥生たち従姉妹三人と同居することになる。料理の腕は達者で、ありものを使って臨機応変に料理をつくることができる。年齢も近い弥生が気になっている。眼鏡着用。
笠石浩平の従姉妹で同じ大学に通う。浩平とは2カ月差で学年が上なので、時々お姉さんぶる。致命的なまでに料理が下手で、浩平がやってくるまでは3人の食生活は悲惨なものだった。眼鏡着用。
笠石浩平の従姉妹。小説家で、しばしば昼夜逆転した生活を送っている。おっとりした性格だが、しばしば鋭い指摘をする。弥生にウソを教える癖がある。眼鏡着用。
笠石浩平の従姉妹。作中でドイツの研究所に行くことになるが、時々お土産を持って帰国している。性格はクール。従姉妹の中では唯一の非眼鏡着用者。
笠石浩平の高校時代の後輩。上京して再会する。あまり男性には興味がないようで、弥生のことを「お姉さま」と呼ぶ。眼鏡着用。
笠石浩平の母。もと文学少女でライトノベル読み。実家の本棚には「ゲバルト文庫」や「スツーカ文庫」が並んでいる。時々食料や衣類、自分が読んで面白かった小説を送ってくる。