パラダイスレジデンス

パラダイスレジデンス

橘花学園第一寮を舞台に、小鳥遊初音を中心とした、個性的なメンバーたちが繰り広げる他愛もない日常と、巻き起こるドタバタ生活を綴った作品。

正式名称
パラダイスレジデンス
作者
ジャンル
日常
レーベル
アフタヌーンKC(講談社)
巻数
全3巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

橘花学園に入学した小鳥遊初音は、寮生活をはじめることになる。この学生寮・橘花学園第一寮を舞台に、個性的な寮生たちと、自身もマイペースで個性的な初音の他愛もない青春の日々が始まるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

橘花学園に通う女子高生で、橘花学園第一寮の寮生。1年生。寝汚く、目覚ましがいくつ鳴ろうとも、寝ながらこれを止めてしまうため、目を覚まさない。好きなものは、カレー、バイク、友だち、桜の花、プリン。嫌いな... 関連ページ:小鳥遊 初音

三沢 寿々花

橘花学園に通う女子高生で、橘花学園第一寮の寮生。小鳥遊初音と同じ部屋に住んでいる同級生。1年生。思慮深く穏やかなタイプで、ルームメイトの小鳥遊のフォローをすることが多い。朝、起きられない小鳥遊に対し、最低限のサポートはするが、ほぼ小鳥遊を起こすことはできずにいる。

小松 理緒

小鳥遊初音の先輩。橘花学園に通う女子高生で、橘花学園第一寮の寮生。3年生。表面上は柔和ながらも、頭がよく、したたかで、寮生たちを取りまとめている。逆らいがたい雰囲気をたたえているため、周囲から敬慕と畏怖を集めている。服のセンスが悪い。

松島 藍

小鳥遊初音の先輩。橘花学園に通う女子高生で、橘花学園第一寮の寮生。気さくで大柄な女性。寮の修繕などを進んでやる。

三穂 美保

小鳥遊初音の先輩。橘花学園に通う女子高生で、橘花学園第一寮の寮生。2年生。初音からは「ミホミホ先輩」と呼ばれている。蔑まれて叱られたり、暴風雨のような厳しい環境下に置かれると喜ぶという性癖がある。

イギリスからの留学生。橘花学園に通う女子高生で、橘花学園第一寮の寮生。小鳥遊初音の先輩。小鳥遊が英語を教わろうとしたが、ネイティブでありすぎたため、過去分詞などの言葉を理解できておらず、日本の勉強とし... 関連ページ:ステファニー

新田原

橘花学園に通う女子高生で、橘花学園第二女子寮の寮生。小鳥遊と同級生ながら、仲が悪く、彼女からは「プリン」と呼ばれている。

太刀洗

小鳥遊初音の先輩。橘花学園に通う女子高生で、橘花学園第一寮の寮生。ワイルドなところがあり、イケメンで後輩にファンが多い。

小さい寮母さん

本名不詳。母と共に橘花学園第一寮の寮母を務める。小学生ながら英検二級をもっており、ステファニーと英語で会話できるほど。小鳥遊に英語を教えた。しっかりしているが、やはり子供であり、台風のときに停電した際、泣きそうになっている。

大きい寮母さん

本名不詳。小さい寮母さんの母。眼鏡をかけ、右の目尻に黒子のある美人で優しい大人の女性。なぜか小鳥遊初音は、入寮して3ヶ月経った時点でも、一度も会えていなかった。大きい寮母さんは、小鳥遊のことを知っており、寝ている間に布団をかけるなどしてあげている。

ネオパン

寮で寮母に飼われている犬。小鳥遊初音にだけ噛み付く(甘噛み)ため、小鳥遊はなんとかこれを止めさせようと、あの手この手で懐柔しようとした。鼻先から胸元、腹回りにかけて白く、他は黒い毛をしている。これにちなんで名前がつけられており、由来はカメラの黒白フィルムによるものと思われる。

橘花学園の教師で、橘花学園第一寮の寮監。時折、不意打ちで寮の検分に来る。この時は、寮生がいっせいに禁じられているものを隠すため、寮が慌しくなる。この事は大湊も理解しており、寮生たちが部屋を片付けている... 関連ページ:大湊

橘花学園第二女子寮の寮長

後輩の新田原が、仲の悪い小鳥遊初音を見下そうとするのを、「張り合うのはいいが、相手を下に見るな」と叱っている。小松理緒とライバル関係にある。

『パラダイスレジデンス』内に登場する創作キャラクター。プリンの側面に顔がつき、手と足が生えたキャラクター。プリンの国からやってきたプリンのプリンス。推定21歳。得意なことはチャップリンの物まね。繊細な... 関連ページ:プリプリンさま

場所

橘花学園第一寮

山の上にある年季の入った学生寮。小鳥遊初音たちが住んでいる。木造モルタル造りと思われる。その環境のため、夏でもエアコンが要らないほど快適だが、夏のうち数日間だけ、服を着ていられないほどの暑さが訪れる。通称、「てっぺんさま」。

橘花学園第二女子寮

山の下にある鉄筋で近代的な設備が整った学生寮。新田原たちが住んでいる。

その他キーワード

スペシャルサブマリンカレー

月一、どこかの金曜日に、学食で提供されるカレー。小鳥遊初音の大好物。牛・豚・鶏、すべての肉が使われている。450円。実際に調理され、作者の藤島康介が試食した。この際、フルーツの香がかなりあり、甘みも強... 関連ページ:スペシャルサブマリンカレー

書誌情報

パラダイスレジデンス 全3巻 講談社〈アフタヌーンKC〉 完結

第1巻

(2015年2月23日発行、 978-4063880311)

第2巻

(2015年8月21日発行、 978-4063880755)

第3巻

(2016年3月23日発行、 978-4063881226)

SHARE
EC
Amazon
logo