みんなの呉

みんなの呉

中国、三国時代の強国、呉の君主である孫権を主人公とし、彼の活躍や、様々な歴史上の出来事をコメディタッチで描いた作品。戦乱の時代を題材としているが、内容は家臣とのやりとりなど、国内での日常風景が多く、全体的にのんびりとした雰囲気で進行する。

正式名称
みんなの呉
作者
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

中国の三国時代に君臨した強国の。その君主である孫権を主人公に据え、彼を中心にに関する出来事を、面白おかしくゆる~く描く。孫権が戦闘術に長けていなかったことを戦力外君主と称したり、孫権自身も、国を治めていた兄の死後、自分が国を治める自信がないといじけていたりと、かなりコメディ色が強い。

しかし、優秀な家臣たちの活躍や、戦闘が苦手ながらも、頭の良さを活かした孫権の活躍もしっかり描かれている。

登場人物・キャラクター

孫 権

中国の三国時代、強国である呉の君主として活躍した人物。字は仲謀。海賊退治などで名を挙げて江東の虎と呼ばれた孫堅の息子であり、江東を制して小覇王と呼ばれた孫策の弟。本作では、武には優れないが、家臣たちをまとめる力の高い君主として描かれている。同名の実在人物がモデル。

孫 策

字は伯父。孫権の兄であり、江東を制して小覇王と呼ばれた武将。彼の死後、呉を孫権が受け継ぐところから本作は始まる。孫権とは違い、武に優れていた。周瑜と固い友情を結んでいたことでも知られる。同名の実在人物がモデル。

孫 堅

字は文台。海賊退治で名を上げた猛将。孫権、孫策の父である。江東の虎の異名を持つ。本作では既に死亡しているが、彼の時代からの家臣は本作にも登場する。同名の実在人物がモデル。

周 瑜

字は公瑾。孫策と固い友情で結ばれていたことで知られる武将。孫策亡き後は、呉を引き継いだ孫権に忠誠を誓った。美周郎と呼ばれるほど、顔立ちが整っていた。知略や武略に優れており、とてもすぐれた指揮官。同名の実在人物がモデル。

張 昭

字は子布。とても頭がよく、その才能を買われ、参謀として孫策に仕えていた。孫策亡き後は孫権の補佐役として活躍し、孫権からの信頼も厚かった。厳しいながらも思いやりのあるお目付け役。同名の実在人物がモデル。

魯 粛

字は子敬。孫権に仕える武将であり、政治家。戦略家としての能力も高く、周瑜からも高く評価されていた。身なりや生活ぶりが質素であったことが知られており、作中でもその通りに、みすぼらしい格好で登場した。同名の実在人物がモデル。

諸葛 瑾

字は子瑜。弟はかの有名な蜀軍の軍師、諸葛亮。その才能は決して低くはなく、功績も残しているが、弟が偉大すぎるため少々霞んでしまう。そのため人柄は良いが地味なキャラクターとして描かれている。同名の実在人物がモデル。

曹 操

字は孟徳。三国時代きっての強国、魏を率いた人物。呉を支配下に置こうとしたり、優秀な人材の引き抜きを図ったりしたが、全く屈しようとしない呉に対してついに兵をあげることになる。同名の実在人物がモデル。

場所

『みんなの呉』に登場する国。中国の三国時代、長江流域に存在した王朝。孫権の代に魏から独立したが、王朝となる以前、父である孫堅が治めていた時代からその勢力は存在した。魏や蜀だけではなく、対立する少数民族である山越からの攻撃に長く苦しめられた。

SHARE
EC
Amazon
logo