オートバイ少女

オートバイ少女

大人になりかけの中学生の少女が、オートバイで疾走する姿を通じて、思春期ならではの不安定さや少女の「女性」への嫌悪感を描く。鈴木翁二の代表作。

正式名称
オートバイ少女
作者
ジャンル
バイク
レーベル
筑摩書房
関連商品
Amazon 楽天

概要

季節は春。中学生の少女みつるは、ノーヘル、無免許でオートバイに乗る。行先は半島の先の岬。途中の食堂で休憩を入れながら、海に着き、岩場の陰で小用を足し海を眺める。

登場人物・キャラクター

主人公

中学生の少女。オートバイに乗って半島の先の岬まで疾走する。大人の女性に対して嫌悪感があり、大人になりつつある自身に複雑な感情を持つ。 関連ページ:みつる

みつるが立ち寄った食堂のおばさん。中学生であるみつるが無免許であることを指摘し、「気を付けなさい」と注意しつつも「かっこいい」と称賛する。 関連ページ:食堂のおばさん

長髪の青年。オートバイに乗るみつるを車で追い越し、「いつか結婚しようね」とからかう。 関連ページ:車の青年

『オートバイ少女』に登場するキャラクター。サングラスをかけた長髪髭面の中年。みつるが桜並木を通過するときに虫の羽音を聞いて妄想した人物。昆虫の羽を持ち、空中に浮かびながらギターで弾き語る。 関連ページ:

SHARE
EC
Amazon
logo