ガッツジュン

ガッツジュン

野球の才能はあるが血の気の多い主人公の沢村純。名雄高校の野球部に入り、自分が甲子園に出れば、行方不明になった父に会えると信じて奮闘する姿を描いたスポーツ漫画。当初はチームワークがズタボロで、チームの内外で沢村純を引きずりおろそうとする陰謀も多々見られたが、やがてチームは一つにまとまり、甲子園目指して走り出す。原作は神保史郎、作画は小畑しゅんじ。

正式名称
ガッツジュン
作画
原作
ジャンル
青春
 
野球
関連商品
Amazon 楽天

概要

行方不明の父を探すため、高校野球で有名になろうと決意した主人公の沢村純。だが、招かれて入ったかつての強豪校、名雄高校は今や荒廃していた。沢村純は先輩たちに生意気だと目をつけられながらも、持ち前の才能と努力、そして負けん気の強さでチームの空気を変えていき、やがては東京都大会の決勝まで勝ち進む。そして、自分の父と因縁深いライバルの二階堂竜との対決に臨むのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

紅洋中学から名雄高校に進学。高校野球で名をあげることで、行方不明となっている父親を捜す。右サイドスローの投手。相手のヤジに心を乱されるなど、当初は精神面に弱さがあった。高校進学後も、野球部に入って早々... 関連ページ:沢村 純

沢村 映子

沢村純の姉で気が強い。高校を辞めて祖母とレストランを営んでいる。ジュンとは違って、自分たちを捨てて出て行った父親が生きているとは思っていない。小さい頃はジュンのために手製のグローブを作るなど、多少ブラコンの気がある。

村丘 美代子

沢村純の幼なじみで実家は新聞配達店。ジュンと同じ名雄高校に入学し、バレーボール部に入る。ジュンに想いを寄せていて、彼のことを心配している。高校バレーでは全日本高校女子バレーボール大会で補欠ながらも出場を決めた。

野島 大吉

紅洋中学から沢村純とバッテリーを組んでいる捕手。高校でも沢村がエースピッチャーになると、その球威ある球を受けられる捕手としてレギュラーになる。都大会決勝の後、野球部を離れた沢村に失望しかけたが、彼に頼らずにがんばることをチームメイトとともに誓った。

豪田 鉄二

名雄高校の応援団長だが、当初は野球部の弱体化によってやる気を失っていた。しかし、沢村純の活躍を見て、再びやる気を出す。都大会の決勝戦では団旗を掲げて「日本全国バカな男は数あれど 沢村純はすげえバカ 日本一の野球バカ! 名雄高の野球バカ」と励ました。

名雄高校の野球部員で、沢村純が入部するまではエースピッチャーをしていた。父親は野球部の後援会長兼PTA会長。変化球を得意とする左腕。青和高校の小室洋一(こむろ よういち)に試合中、手を踏まれてケガを負... 関連ページ:大野 卓也

川越 守人

名雄高校の野球部員でチームの主砲。高校ビッグスリーの一人と目されている。沢村純が入部した当初は足を負傷していたが、中学時代の成績を鼻にかけていた沢村の球を片っ端から打ち返した。その後はチームの主砲として活躍。霧ヶ丘高校との試合後、部を引退した。

弱小校の霧ヶ丘高校(きりがおか)に所属する野球部員。かつては沢村純をスカウトしようとしていた。定期入れには失踪した沢村の父親の写真が入っている。かつて、大阪で家なし子たちを率いてワルぶっていた頃、沢村... 関連ページ:二階堂 竜

集団・組織

青和高校

『ガッツジュン』に登場する高校。野球部の監督は、かつて名雄高校の監督をしていた。東京都予選での名雄高校との試合では、壊し屋こと小室洋一だけでなく、ブラックトリオという対沢村純用の選手も用意して名雄高校を倒そうとする。

場所

名雄高校

沢村純が野球部のエースとなる学校。名門校として知られているが、沢村が入部した当初は成績が低迷していた。選手が円陣を組んで、中にいる一人の選手に四方八方から球を投げる「アリ地獄トレーニング」が有名。

SHARE
EC
Amazon
logo