ケシカスくん

ケシカスくん

村瀬範行原作の同名漫画『ケシカスくん』をアニメ化。3DCGを使った約1分半のショートアニメとして放映された。擬人化されたケシゴムの主人公、ケシカスくんの悪行を中心に、他の擬人化された文具との交流を描いている。ギャグアニメだが下ネタもあり、また文房具を使った時の「あるあるネタ」も豊富に盛り込まれている。第53回小学館漫画賞児童向け部門受賞(2007年)。

正式名称
ケシカスくん
ふりがな
けしかすくん
原作者
制作
XEBEC
監督
加戸 誉夫
放送期間
2010年1月12日 〜 2011年4月1日
放送局
テレビ東京
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
 
不条理、シュール
関連商品
Amazon 楽天

概要

ケシカスくんは文具界のナンバーワンを自称しており、常にトップを維持しようとしている。しかし、それは努力ではなく、他の文房具を蹴落とすという方法であった。事実ケシカスくんの人気は低く、誰にもナンバーワンだとは思われていない。

しかし、それでもケシカスくんは子分を引き連れ、今日も悪行を繰り返すのであった。

登場人物・キャラクター

主人公

文具界でのナンバーワンを自称する、アイドルを目指して奮闘しているケシゴム。趣味は消すことで、モットーは「気にいらねぇヤツは消す。ケシカスです」。かなり極悪非道な性格で、文具のライバルに理不尽な言いがか... 関連ページ:ケシカスくん

水のり

水ノリだけに、ケシカスくんに対して「ヘイ、ブラザー!」などと言って異様にベタベタしてくるフレンドリーな文具。水ノリだけに、非常にノリがいいノリノリのラッパーでもある。ノリクミインと言う家族がいるらしい。

はさ美

ウサギ柄の服装がチャーミングなはさみで、他の文具からの注目の的になっている。彼氏はザリガニ。ケシカスくんが告白したこともあるが失敗している。

ケシカスくんの持ち主。小学校に通う4年生でクラスは2組。本名不詳。「ボウズ」はケシカスくんが呼んでいた名前だが、周囲からも呼ばれている。いつもケシカスくんの悪行の被害に会っているが、大抵は笑って許して... 関連ページ:ボウズ

ミナコ

ボウズのガールフレンドでクラスメイト。パズルが得意で家庭科が苦手。明るく朗らかな性格だが、ケシカスくんの悪行に悩んでいる1人。しかし泣き寝入りせずにケシカスくんに報復をするなど、かなり気の強い一面もある。 ケシカスくんの事を「ケシゴム」「カス」「ヨゴレ」などと呼ぶなど、呼び方は悪化の一途を辿っている。

カス息子

ケシカスくんが何かを消した時にのみ生まれるが、娘は生まれないらしい。普通のカスとの違いは、ちゃんと目鼻が付いていること。「パパー」としか声を発しないことが多い。

修正液

ケシカスくんのライバルで、通称「白い魔術師」。キャップがないボールペンを常に所持している。中身をケシカスくんによって空にされるという被害を何回も受けている。持ち主はボウズのお父さん。

黒板消し

ケシカスくんのライバルの1人。黒板の広範囲を一気に消せるという特技を持ち、さらに自分の顔面を定規で叩き、チョークの粉を飛ばす「黒板消しパンパン」という必殺技も持っている。

エンピツ

ケシカスくんの子分。ちょっと頼りない部分のあるケシカスくんを見捨てることなく忠誠を誓っている。たまに芯が折れるのが悩み。昔はケシカスくんとともに尖っていた時期もあったが、現在は比較的優しい性格になっている。

エリートシャーペン

名前にエリートと付いていて、シャーペンの中では実力者ではあるものの、実はエンピツより格下。最先端の文具で、キャップを取り換えるとホビーになるというギミックを持っている。 下剋上を狙い、大勢の部下を引き連れてケシカスくんを裏切った経験がある。

クレジット

原作

監督

シリーズ構成

ふでやすかずゆき

音楽

末廣健一郎

アニメーション制作

XEBEC

原作

ケシカスくん

消しゴムのケシカスが持ち主のボウズや文房具達を相手にドタバタを繰り広げるギャグ漫画。(2007年)小学館漫画賞受賞。 関連ページ:ケシカスくん

関連外部リンク

SHARE
EC
Amazon
logo