スティグマ

灼眼のシャナⅡ -Second-(テレビアニメ)に登場する「自在法」の一つ。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
灼眼のシャナⅡ -Second-(テレビアニメ)
正式名称
スティグマ
ふりがな
すてぃぐま

総合スレッド

スティグマ(灼眼のシャナⅡ -Second-)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

概要

紅世の王サブラクが持つ。付けた傷を時と共に広げていく能力で、フレイムヘイズの持つ治癒力や回復の自在法なども無効であり、対象者は最後には力尽きる。

登場人物・キャラクター

「茜色」の炎を持つ紅世の王で、真名は「壊刃」。強大なフレイムヘイズをも倒すほどの力を保持しており、依頼により標的の抹殺を請け負う殺し屋。
『灼眼のシャナ』において紅世の王と契約を交わし、異能を得た元人間の総称。世界の歪みが累積することにより、この世と紅世の双方に大災厄が起きると一部の紅世の王たちが予測し、同胞である徒を止めるべく模索した...
『灼眼のシャナ』に登場する王。「紅世の徒」の中で大規模な存在の力を統御できる者を指す。「王」と縮めて呼ぶこともある。存在の大きさ故に、この世で顕現し続けるための「存在の力」も多く必要とする。

関連キーワード

『灼眼のシャナ』に登場する紅世の徒やフレイムヘイズが存在の力を自在に操る術の総称で、これにより様々な現象を引き起こす。この力を発動させる際には自在式と呼ばれる紋様が展開される。

登場作品

「仮装舞踏会」との戦いが終結し、平和を取り戻した御崎市。「紅世の徒」と戦うフレイムヘイズのシャナと、紅世の秘宝・宝具「零時迷子」を秘めた特殊なトーチ「ミステス」である坂井悠二は、そこで平穏な日々を過ご...