ツタンカーメン

ツタンカーメン

20世紀初頭、エジプトで王墓発掘に情熱を傾けていた若きイギリス人考古学者ハワード・カーターが、ツタンカーメン王の墓を発見するまでをファンタジーを交えて描いた歴史漫画。

概要

20世紀初頭、エジプトで王墓発掘に情熱を傾けていた若きイギリス人考古学者ハワード・カーターの夢に、黄金のサンダルを履いた謎の少年が現れる。不屈の精神で王墓を探し求めるハワード・カーターはカーナボン卿の支援のもと、ついに王家の谷でツタンカーメン王の墓を発見し、エジプト考古学史上最大の発見となる。

登場人物・キャラクター

主人公

若きイギリスの考古学者で生真面目な性格。父は画家。兄弟が多い苦しい生活のなかで育ち、17歳でエジプトに渡る。エジプト考古局の査察官として勤務するかたわら、遺跡発掘の現場監督としてセオドア・ディビスに雇... 関連ページ:ハワード・カーター

エル・クルナ村にある墓の中で生まれ、黒い犬の乳を飲んで育ったという謎の少年。物売りのふりをして財布をスルなど、手癖が悪い。ハワード・カーターの夢に出てくる黄金のサンダルを履いた謎の少年と交互に、神出鬼... 関連ページ:カー

『ツタンカーメン 』の登場人物で、ハワード・カーターの出資者。イギリスのニューベリーにハイクリア城を持つ伯爵で、5代目当主。呼吸系を患っていたカーナボン卿は避寒のためエジプトを訪れるようになり、王墓発... 関連ページ:ジョージ・エドワード・スタンホープ・モリネー・ハーバート・カーナボン

『ツタンカーメン 』の登場人物で、カイロ博物館にあるエジプト考古局の局長。発掘の現場監督を探していたカーナボン卿にハワード・カーターを紹介する。歴史上の実在の人物、ガストン・カミーユ・シャルル・マスペ... 関連ページ:ガストン・マスペロ

アメリカの銅王にしてエジプト考古学者。王家の谷の発掘権を持っていたため、13年間にわたり王墓の発掘に尽力したが、もう何も出土しまいと見切りをつけて発掘権を手放す。その後、王家の谷の発掘権はカーナボン卿... 関連ページ:セオドア・ディビス

『ツタンカーメン 』の登場人物で、エジプト考古学の第一人者。ハワード・カーターに発掘を一から教えた恩師。カーナボン卿ははじめピートリー先生を発掘の現場監督として紹介してほしいと、マスペロ局長に頼んでい... 関連ページ:フリンダース・ピートリー

ロンドンのタイムズ紙の記者で、本職はインドやエジプトの考古学者。エジプト考古局を辞め、全財産が入った財布をカーにすられたハワード・カーターは、ジェームズの所に身を寄せ世話になる。後にシカゴ大学オリエン... 関連ページ:ジェームズ・H・ヴレステッド

カーナボン卿の娘で、エジプト考古学に興味を持つ。ハワード・カーターに淡い想いを抱いていたが、カーナボン卿亡き後、王家の谷の発掘権を手放そうとする家族に反対し、発掘権の所有と引き換えに準男爵で実業家のエ... 関連ページ:イーヴリン・ハーバート

場所

エル・クルナ村

『ツタンカーメン 』に登場する村。ファラオの墓が多数ある王家の谷の東に位置する。村民の全員が紀元前1300年頃から約3000年もの間、ファラオや貴族の墓の盗掘を生業としてきたが、近代では観光業を主とし... 関連ページ:エル・クルナ村

その他キーワード

ウジャト

ハワード・カーターがルクソールのスーク(市場)でレプラ(ハンセン氏病)の少年から手渡され、肌身離さず身につけていた古代エジプトの護符。「ホルス神の万能の目」と呼ばれ、スカラベと並ぶ強力な護符とされてい... 関連ページ:ウジャト

SHARE
EC
Amazon
logo