トラジマのミーめ

トラジマのミーめ

トラジマのメス猫、ミーくんと飼い主や仲間の猫達との交流を描いたハートフル・コメディ。ミーくんは、作者・松本零士が、かつて飼っていた愛猫である。本作は、作者とミーくんが過ごした14年間の思い出を基にした5つの短編から成る。ミーくんは、他の松本作品にもゲストキャラとして頻繁に登場している。

正式名称
トラジマのミーめ
作者
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
 
動物擬人化
 
レーベル
秋田文庫(秋田書店)
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

ミーくんは、トラジマの可愛いメス猫。その魅力にオス猫どもはデレデレとし、ゆえにミーくんは、住宅地のあらゆる屋根や庭をナワ張りとしていた。これは、ご主人様の愛情に包まれたミーくんの14年間の生涯を綴った物語である。

登場人物・キャラクター

ミーくん

メス。トラジマの顔がオスのようなので「ミーくん」と呼ばれるようになった。雪降るクリスマスイブの夜に拾われた子猫で、以来14年間、ご主人様の大きな愛情を受けて育っていった。近所のオス猫のアイドル的存在なので、逆らう者は無く、労せずして広大なナワ張りを我が物としている。

あつ子

ミーくんのご主人様の次女で小学生。ミーくん幼い頃から姉妹のように育って来た。美人で大人しい母親似の長女に比べると、父親に似て、がさつでお転婆。父親やミーくんと共に、町内を暴れ回っている。

お父さん

あつ子の父親にして、ミーくんのご主人様。無類の猫好きで、一家でただ一人、ミーくんの猫語を解する。ミーくんにつきまとう野良猫共を追い払うため、屋根の上にまで出没する。

チビトラ

『トラジマのミーめ』の登場する猫。ミーくんがやって来る前にお父さんが飼っていたオスのトラ猫。10年前にいなくなり、冒険を求めて男の旅に出ていた。野良犬にも負けない強い猫であったが、老いるに連れ、心身ともに衰え、主人のもとへと帰って来た。

書誌情報

トラジマのミーめ 全1巻 秋田書店〈秋田文庫〉 完結

第1巻

(2001年2月発行、 978-4253176163)

SHARE
EC
Amazon
logo