ダンドリくん

ダンドリくん

日常において、効率のよい電車の乗り方や横断歩道の渡り方など、すべてを段取り良く生活しようとするダンドリくんの姿を描く。泉昌之は原作・久住昌之、作画・泉晴紀のユニット。

概要

ダンドリくんは人生を何事も段取りよく済ませようとするポリシーの青年。仕事に向かうときに帰省するときも引っ越しするときも段取りよくしようとするが、思わぬ出来事に巻き込まれて失敗することも多い。

登場人物・キャラクター

主人公

石川県の金沢出身で、実家の両親も段取りにこだわっている。頭髪はイガグリ坊主で、ホームベースのようにエラの張った五角形の顔とドングリまなこが特徴的。当初はサラリーマンだったが、やがて荻窪の四畳半風呂無し... 関連ページ:ダンドリくん

「豪快さんだっ!!」の回で初登場。本名はあるが、自ら「豪快さん」を名乗る。『美味しんぼ』の海原雄山を思わせる風貌で、衣服も羽織袴とそれっぽくなっている。細かい段取りをつぶやくダンドリくんを「しゃらくさ... 関連ページ:大文字 虎男

ダンドリくんの友人の一人。本名は「新堀」だが、なんとなく貧乏神っぽいという理由でビンボリくんと呼ばれている。ダンドリくんがアフリカに旅立っている間、一度だけ主役になったこともある。身長は170cmで体... 関連ページ:ビンボリくん

ダンドリくんの彼女で23歳の独身。受話器カット(おかっぱ頭に受話器の紐のような三つ編み)と呼ばれる髪型とポヨヨン毛がチャームポイントで、あだ名は「水呑み鳥」。貧乳で尻も薄く背も小柄、足首にくびれはなく... 関連ページ:水野 ミドリ

仙川工業大学の旅行研究会時代からのダンドリくんの知り合い。見た目は軽いパーマの髪型に恰幅の良い体格で、物怖じしなさそうな感じである。しかし、性格はがさつかつズボラで、自分だけ楽をしようとしがち。段取り... 関連ページ:ズボライモ

ミドリちゃんこと水野ミドリの妹。姉より4歳年下だが、見た目はボディコンの似合う美女である。本人いわく「姉は母似で、自分は父親似」とのこと。自分の名前の響きが「水飲みなよ」になることをとても気にしている... 関連ページ:ミナちゃん

仙川工業大学の旅行研究会時代からのダンドリくんの知り合い。見た目は地味な眼鏡青年だが、髪型や顔の形はやはり眼鏡青年であるビンボリくんとは異なる。要領が悪く、何をするにしても二度手間になりやすい。ダンド... 関連ページ:ニドデマくん

仙川工業大学の旅行研究会時代からのダンドリくんの知り合い。見た目は小さくて、栗のような頭の形をしている。人の良い性格で、何かあると自分から進んでしようとする。また、ルールなどを口でいちいち説明するよう... 関連ページ:カイグリくん

仙川工業大学の旅行研究会時代からのダンドリくんの知り合い。いつも金がないくせに、何かとハードボイルド風にかっこつけてばかり。大学卒業後はトレンチココートと帽子をいつも着ている。夏場だと「サマー引っ越し... 関連ページ:ホンゴー

西荻窪の材木倉庫に中友プロを構える有名漫画家。カイグリくんが中友プロでアシスタントをしている。ダンドリくんは高校生の頃からのファンで、カイグリくんからの手伝いの依頼には問答無用で飛びつく。漫画だけでな... 関連ページ:中友 勝一

金沢に住むダンドリくんの父親と母親。家の表札には「段取」とあるが両親の名前は不明。父親は顔がダンドリくんに似ているが、『サザエさん』の磯野波平みたいな髪型でチョビ髭を生やしている。父親は性格が短気で、... 関連ページ:ダンドリくんの両親

集団・組織

仙川工業大学

ダンドリくんが在籍していた私立の工業大学。ダンドリくんは当初、漫画研究会に入ろうとしたが、会員が全員暗そうという理由で止めて、旅行研究会に入っていた。ここで彼はビンボリくんやズボライモ、ニドデマくんや... 関連ページ:仙川工業大学

中友プロ

西荻窪の材木倉庫の二階にある、漫画家の中友勝一の制作プロダクションで漫画だけでなく、アニメ映画も手がける。アシスタントはカイグリくん以外に、大ちゃんという男性アシスタント、ヨーコという女性アシスタント... 関連ページ:中友プロ

SHARE
EC
Amazon
logo