ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

京都に住む女子高生・児嶋アリサが主人公。恋の悩みから、縁切り神社で願掛けをしたアリサの前に、◆ニーチェを名乗るメガネ男子が現れる。現代に蘇ったニーチェの指導により、「超人」へと近づいていく女子高生アリサの姿を描いた、ラブコメ哲学漫画。哲学用語やニーチェの思想などが、漫画の中でわかりやすく語られる。ダイヤモンド社刊行の同名小説が原作。小学館「モバ漫」2017年11月3日より配信。

正式名称
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
原作者
原田 まりる
作者
ジャンル
ラブコメ
レーベル
ビッグコミックススペシャル(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

京都に住む女子高生・児嶋アリサは、彼氏が由美子先輩と手をつないで歩いているのを目撃する。アリサは落ち込み、二人が別れることを願うが、そんなことを考える自分に嫌悪感を抱く。学校の帰り、嫌な気分を変えるために、アリサは縁切り神社に立ち寄った。願い事を心の中で唱えながら、大きな霊石に開いた穴をくぐると、新しい自分になれるという言い伝えがあるのだ。アリサは、心機一転、良縁に結ばれるよう願いながら、穴をくぐった。その夜のアルバイトの帰り。アリサの行く手を遮るように、メガネ男子が突然現れた。彼は自分のことを哲学者[ニーチェ]だと言った。縁切り神社でアリサに呼ばれ、彼女を「超人」にするためにやってきたのだという。まったく信じられないことだったが、悩んでいたこともあり、アリサはニーチェに恋愛相談をする。ニーチェの言葉は、アリサには難しい部分もあったが、説得力があり、真実が含まれているようにも思えた。こうしてアリサは、ニーチェと哲学に出会った。

クレジット

原作

原田 まりる

キャラクター原案

SHARE
EC
Amazon
logo