ニールス・スヴェレンセン

星を継ぐもの(漫画)の登場人物。別称、スヴェレンセン代表。

  • ニールス・スヴェレンセン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
星を継ぐもの(漫画)
正式名称
ニールス・スヴェレンセン
別称
スヴェレンセン代表

総合スレッド

ニールス・スヴェレンセン(星を継ぐもの)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

国際平和委員会代表。月で5万年前のヒトの遺体が発見されたことを知り、国連宇宙軍の月面基地・コペルニクスⅢ視察という名目でムーンシャトルに搭乗し月へ向かう。国際平和委員会は世界平和のためという大義名分を振りかざしていることから、誰も文句がいえないが、国際平和委員会は超科学があることを隠し、争いを望んでいることを隠す未知の存在と繋がっている。

国際平和委員会は地球各国の軍隊から兵器を金で買い取り、兵器を持たない国連宇宙軍を作り上げ、地球人類を丸裸同然にしている。 チャーリーが燃えて消失してしまったことを受けて、平和委員会で報告させてもらうといい残し、一足先に地球に帰って行く。

関連キーワード

『星を継ぐもの』に登場する組織。数百年前から地球人類を裏から支配してきたジェヴレン人により構成された組織。代表はスヴェレンセン財団のニールス・スヴェレンセン。平和を謳い、世界中から兵器や軍隊を撤廃した...

登場作品

月で真紅の宇宙服を着た人間の遺体が発見される。物質を透過撮影出来るトライマグニスコープの開発者・ヴィクター・ハント博士と生物学者クリスチャン・ダンチェッカー教授はこの謎を解明すべく兵器を持たない軍隊・...